観光・楽しむentertain

子どもと行くメルボルンkodomo_melb

子どもと行くメルボルン @St.Kilda Adventure Playground

通りの奥にひそむ冒険心満載の遊び場

 2011年8月5日掲載
 

子どもと遊びに行く公園をネットで探していて、その写真を見た瞬間、ここに行こうと決めた「St. Kilda Adventure Playground」。
行ってみての感想は、他の公園とは全く違う、St. Kildaらしい、自分が子どもだったらこんな公園で遊びたかった!

この公園は30年前に地域の子ども達の遊び場として、交流の場として、創造の場として、時には'escape'できる場として
始まった。その歴史は、沢山の人達が関わって造られてきたと一目で分かる遊具からも伺える。


公園入口。開園時間やルール等が掲げられている。
(園内は禁煙なので、写真左手のベンチにて喫煙する保護者の姿が。)

まず、この公園最適齢期は5歳-12歳の子ども。
(大人は付き添うべき子どもがいる場合のみ、とも書かれている。)
もちろん、5歳未満の子どもも遊んで良いし、幼児向け遊具もあるが、決して目は離せない。
今回、4歳11ヶ月の子どもと一緒に行き、他の公園ではベンチに座って見て居られるようになったなー等と、思っていたが、
ここでは全くそうはいかなかった。後をついて回らないと、何が起こるか分からないし、決して園内の見通しも良くない。
それでも、冒険している我が子を追うのも(たまには)良かった。

   
トランポリン。地面に埋めるとは斬新かつ安全性も高い!  男の子に大人気の飛行機。機内がどうなっているかは子どものみぞ知る!?

園内に入ると、幾つかのの注意書きがあるのに気付く。例えば、トランポリンは1人ずつ、各3分までなど。
加えて、開園時間中はスタッフも常駐で、危ない遊びをしている子どもは注意を受ける。
そう、ここでは他の公園よりも「リスク」が多くある。
そして、たいていの子どもはリスクのある遊びが好きだ。
そのリスクがある中で怪我をしないように、させないように学ぶのもこの公園の狙いのひとつ。
 
   
こちらは女の子に人気のカフェごっこ。               よくBMX用の公園で見るこの台。ここでは滑り台として大活躍!

   
他にも海賊気分を味わったり、ながーい滑り台を滑ったり。

  
そして、誰もが1度は憧れたであろう木の上の秘密基地。そして、その基地の入口には、こんな文章が。
'自分で上がれないなら、このツリーハウスに入る資格はまだないってこと'。
ちなみに我が子、4歳11ヶ月は努力の甲斐むなしく、まだ入ること出来ず。
いつか自分で上ることが出来たら、そこから見える風景もまた違うのかな、などと思う。



公園入口にある看板。 
「気をつけて遊び、他の子にも優しく、公園にも気遣いを。そして、Have fun。」

また、ここでは5歳-12歳の誕生日パーティもできるので、それもまた楽しいかも。(有料・要予約)
 

St. Kilda Adventure Playground
Off Neptune St,
St Kilda
Melbourne
(03) 9209 6348

*トラム No.3/3a、16 、96 トラムストップ133から、徒歩約10分。
*公園近辺に駐車場はなく、路上駐車の場合はほとんどが1時間駐車もしくは有料。

開園時間 
下記は基本の開園時間だが、天候や貸切により、急に変更になる場合もあるので、
予め電話確認がおすすめ。

月曜日-金曜日 3.30 - 5.30pm ( 夏時間のスクールターム中は6:00pmまで)
土曜日-日曜日11.00am - 5.00pm
スクールホリデー期間中 11.00am - 5.00pm
パブリックホリデー 11.00am - 3.00pm
*12月24日~1月4日までとGood Fridayは閉園
 

loading Google Map ...

コメント

関連記事

最新記事

人探し(20)

病院の受付で院長に会いたいと言うと、すでに院長から連絡があったよ.....