entertain
MELBOURNE建物図鑑

アーティストたちに愛される『ニコラス・ビルディング』

MELBOURNE建物図鑑

【2011年12月15日掲載】

メルボルンCBD、スワンストン通りをフリンダース駅に向かって歩いていくと、そのシンプルかつ美しい外観で目を引く『ニコラス・ビルディング』。Harry Norrisという建築家によってデザインされたこの建物は、1926年の完成当時にはCBD内に建築可能な高さの上限に達していたそうだ。

美しいのは外観だけではなくて、グラウンド・フロアにあるアーケード。昔はガラスでできた郵便受けが建物に埋め込まれており、上の階から地階に郵便物を落とせるようにデザインされていたという。また、建物の中心部に通っているエレベーターはメルボルンでもっとも古いもののひとつ。手動で開閉する扉や、窓から見えるエレベーターの格子、そこから差し込む光が美しく、まるで映画の中にいるような気分になる。

建築当初は、会計事務所や仕立て屋など、大通りに面している必要のない零細企業が集まるビルだったそうだが、現在のほとんどがデザイン事務所、編集社、服飾や宝飾店、アーティストのスタジオなどクリエイティブな業務を中心とするテナントで占められており、アーティスティックな仕事をする人たちには憧れのビルだ。


▲もうすぐ築100年が経つとは思えないほどいつ見ても新しいデザインの建物。

 


▲地階のアーケードにはおしゃれな服飾店がならんでいるのでウィンドウ・ショッピングがてら探検してみて。

 


▲少しピンクがかった金色の文字が美しいエレベーター上部。アーケードの天井はガラス製だ。

 


▲『シカゴ・スタイル』という建築スタイルに影響を受けてデザインされたそう。

 

ニコラス・ビルディング(Nicholas Building)
21-47 Swanston Street, Melbourne


Ryo
studiomonsoon.com
ryo@studiomonsoon.com

コメント

自分のコメントを書き込む

お名前*

本名でもニックネームでもお好きな表示名をご入力下さい。

コメント*

全文500文字以内です。

to backnumber

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第4週
今週末のメルボルン ★4月21日(金)~4月23日(日)★
Wasshoi で秋田の銘酒爛漫フェア
4月一杯まで開催
ラッフル、オンラインにて販売開始
一等は日本往復航空券をペアで
「Easter」とは?
オーストラリア大型連休の背景は?
今週のNADESHIKO – JURINA (Scene 211)
メルボルン発!なでしこのファッションCHECK!隔週水曜更新中!