イベントインフォevents

イベントレポートreport

アニマガ2016コスプレ体験記

コスプレ初心者がコスプレコンテストに参加

2016年9月3日掲載

アニメ・マンガイベントの楽しみのひとつといえばコスプレ!

ゼロから自分で製作した創意工夫に富んだものから、原作から出てきたような凝ったデザインまで様々なコスチュームに身を包んだコスプレーヤーさん。アニマガでは、日本のポップカルチャーに注目しただけあって、「初音ミク」「ハイキュー!」、「刀剣乱舞」、「ラブライブ!」など日本のアニメやマンガのキャラクターが目立ちました。

  

コスプレ初心者の記者が初コスプレにチャレンジ

プロローグ

コスプレには前から興味を持っていましたが、自分もやってみたいと思ったのは、4月にメルボルンで行なわれたsupanova ポップカルチャーエキスポがきっかけ。さっそくアニメマンガに詳しいEちゃんにその話をしてみると、

 

私「コスプレやってみたいんだけど…。」

Eちゃん「いいね!進撃の巨人 “Attack on Titan”なら私コスチューム持ってるよ!」

私「(「進撃の巨人」?。ああ去年、実写映画を見たような…) やろう!」

という感じでアニマガの2週間位前に決まりました。

せっかくならコンペティションも出てみようということになり、オリジナルのスキットも練習。

 

ドキドキの待ち時間

当日、コンペティション参加者の集合時刻は2:50。1時くらいからドキドキしていましたよ!

コスプレをしているという実感よりも、スキットを忘れないかが不安。

険しい表情に、Eちゃんも苦笑い。集合後は、他の参加者さんたちと列に並んで順番を待ちます。

「進撃の巨人」で、私はサシャ、Eちゃんはコニー、男の子キャラなので、きつめのシャツを着ているんです。スキットにはヒップホップダンスが含まれていて、練習時「実は、ダンスは(シャツのせいで)あんまり息ができないまま踊ってるんだよね、でも倒れないから大丈夫」と言っていたEちゃん。普段からスポーツやダンスにいそしんでいるEちゃんですが私は密かに心配していました。

いざ、本番!

「ラブライブ!」やボーカロイド「鏡音リン」、「仮面ライダー」、映画「アバター」などスキットや自慢のコスチュームでアピール。私たちの番は最後でした。いよいよ名前が呼ばれて、舞台にあがり、「紅蓮の弓矢」のイントロが流れると、まだ踊り始めていないのになぜか泣きそうに。3曲を編集してつなげたスキットで、途中のきゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」ではお客さんが手拍子をしてくれるなど、一丁前に「会場との一体感」を体験し、また、いつにもまして、Eちゃんのキレッキレなダンスに参加してよかったなと思いました。

おわりに

コスプレというと、「原作に忠実じゃないといけない!」カラコンして、ウィッグをつけて…といろいろ難しく考えていましたが、まずは自分が楽しむことが大事なんだなと感じました。あとは、同じように楽しめる友達を見つけること。そういった意味でも、アニマガのようにポップカルチャーに興味のある人が集まるイベントでは、非常にフレンドリーな雰囲気でコスプレを楽しむことができました。

わざわざオーストラリアでコスプレ!?と思うかもしれませんが、オーストラリアでも人気のポップカルチャーを楽しむ一つの方法として、共通の趣味で現地の人と盛り上がるネタのひとつとして、オススメです。

今年は、今週末に迫ったMadman Anime Festival (マッドマンアニメフェスティバル)、コミックと映画イベントAMC、国際的なゲームの祭典PAX(パックス)などまだまだポップカルチャーイベントが目白押し。GO豪メルボルンでも紹介しますので、皆さんもぜひチェックしてみてください。

 

★一言マナー★

「いいね!」と思うコスプレーヤーさんがいたらぜひ写真を♪

ポーズをとってくれるなど皆さんともも気さくですよ。

一声かけてから撮影するようにしましょう^^

 

メルボルンのコスプレシーンについてもっと知りたい方は

フェイスブックのMelbourne Cosplay Community (メルボルン・コスプレ・コミュニティ)をチェック。

レイヤーさん同士の交流ののほか、製作中のコスプレ写真も掲載されています。

 

アニマガ2016コスプレ写真館★

  

  

  

  

  

  

  

  

文・写真:梅田さゆみ

 

 

コメント

関連記事

最新記事

とらむ

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

アクセスランキング

  1. メルボルン11月のイベント
  2. とらむ
  3. 和歌山食材イベント、Horse Bazaarで開催
  4. 日本語弁論大会ビクトリア州最終選考会2019
  5. メルボルン10月のイベント

トップ20リストへ

人気の記事