ライフスタイルlife

GO豪セレクトショップ モノ編selectshop

LA CASA DEL HABANO(葉巻専門店)

大人のお洒落な趣味として、葉巻をはじめてみませんか?

2009年12月4日掲載

葉巻といえば、上等なウィスキーやブランデーを片手に燻らせる、そんな高級でゴージャスなイメージ。あるいは映画の中で往年の銀幕スターが渋く紫煙を漂わせる、そんなノスタルジックなイメージ。いずれにせよ少々特別で、縁遠いものというイメージが拭えない。けれど落ち着いたバーで優雅に葉巻を堪能してみたい、と憧れたことが誰しも一度はあるのではないだろうか。

  

グランドハイアット・ホテルのグランドフロア(1階)にある、曇り一つなく磨かれたガラス張りのお洒落な店。それが葉巻専門店の『LA CASA DEL HABANO』だ。厳選されたデザインのカラフルなシガーケースや灰皿、ライターが並ぶ様はさながら上品なおもちゃ箱を開いたかのようで、目に楽しい。

 

肝心の葉巻はというと、 室温と湿度が厳密に設定されたガラス扉の向こう。マネージャーのサティシュ(Satish)によると室温は18度、湿度は65-70%がベストだとのこと。 気温や湿度管理を必要とするプレミアムシガーを最高の状態で保管するために、店内には顧客用のシガーロッカーまで完備されている。 

店内で取り扱っている葉巻は全てキューバ産。数多くの葉巻の中から、どれを選べばいいのか分からない。試してみたい一本を選んではみたものの、どのようにして楽しめば良いのか分からない。そんなときには是非相談してみよう。素敵な笑顔で丁寧に、そして実に分かりやすく質問に答えてくれる。

気軽に試してみることの出来るおすすめを聞いてみた。


Quintero y Hno. Nacionales 1本$8.50
優しく柔らかな香り。マイルドな甘みの中に酸味が効いており、それが良いアクセントになっている。

この他にも日本人好みのバニラ等のフレイヴァー・シガーも取り扱っているので、是非尋ねてみて欲しい。


Cohiba SIGLO VI GRAN RESERVA 1本$155.00
最も高価なものがこちら。15本のセットで5,000番までナンバリングされた貴重な品。

この他にも「日本人はフレイヴァー・シガーが好きだよね?」と、バニラの甘い香りの葉巻を紹介してくれたり、葉巻の構造を教えてくれたり…。
確かな知識に裏付けされた的確な説明に感じ入っていたときに、サティシュが言った。
「葉巻はただ吸うだけのものではない。友達と語らったり、お酒を飲んだり、そんなゆっくりとした時間を過ごしながら、リラックスして楽しむものなんだよ」
なんと贅沢な時の過ごし方だろう。

まずはお気に入りの一本を探しに行ってみてはどうだろうか。店内に一歩足を踏み入れた瞬間から、贅沢な大人の時間がスタートする。

これまで漠然と“手の出し難い高尚なイメージ”というものが葉巻に対してあったが、今回の取材によりそれが洗練されたお洒落なものというイメージへと変化した。それはサティシュの丁寧な説明、そしてなによりその人柄によるものだと思われる。 LA CASA DEL HABANOを訪ねることで、趣味の幅が広がるかもしれない。

 

LA CASA DEL HABANO
住所:123 Collins Street, Melbourne, VIC 3000
電話番号:(613)9650 0800
E-mail:casahabana@bigpond.com
営業時間:月-金 10:00 – 18:00
土 10:00 – 17:00
日 11:00 – 16:00
URL:http://www.pacificcigar.com http://www.sigloaccessory.com http://www.habanos.com

この記事に関する、ご意見、お問い合わせは下記へ。
お問い合わせ:info@gogomelbourne.com.au

 

loading Google Map ...

関連記事

bison australia

創り手の優しさが温かい、そんなセラミック。

tokyobike!

「Tokyo Slow」をメルボルンで体験してみては?

Miracle Catcher

使うだけで地球のためになるショッピングをしませんか?

最新記事

アクセスランキング

  1. Sakura Flowers フラワーアレンジメント・レッスン
  2. もう一つのテニス、強豪国は日本
  3. オーストラリアでの日本代表オフィシャルグッズ販売について
  4. Jankara de 遊ばナイト
  5. 居酒屋 八兵衛 6月22日をもって閉店

トップ20リストへ

人気の記事