ライフスタイルlife

スポーツsports

Around the Bay in a Day

メルボルン湾一周の250Kmを自転車で走破する苛刻なレースだ!!

メルボルンは、自転車も非常に盛んだ。 毎週、日曜日にメルボルンの海岸通りに出てみると、数多くの自転車に出会うのに驚く。

そのすべては、ロードレーサーとマウンテンバイク。 ママチャリに類した自転車やタウンバイクはほとんど見かけない。

今日は、自転車スポーツ最大の大会であるメルボルン湾一周自転車レースが開催された。

中学生のチーム。おそろいのピンク色のチームジャケットが可愛い。

メルボルン一周自転車レース (Around the Bay in a Day)は、ビクトリア州自転車連盟(バイシクル・ビクトリア Bicycle Victoria)が主催する自転車レース。

メルボルンをスタート。一路南下してモーニントン半島のソレントからフェレーでクインズ・クリフへ渡り、そこから再度、自転車でバラライン半島、ジローンからメルボルンまで戻る全長250kmを一日で走りぬく過酷なレースだ。

メインコースは、250km(参加枠2000名)と210km(2000名)です。チャレンジコースとして、100km、80km、50kmのコースもある。

ビクトリア州自転車連盟(バイシクル・ビクトリア Bicycle Victoria)の加入受付スタンドのお嬢さん。

メインコースの250kmコースは、朝5時半にアレキサンドラ公園をスタート。シティ通りを西に向かい、ポートメルボルンで海岸へ出て湾岸通り(Beaconfield Palade)を東南方面にメルボルン湾沿いに南下。
セントキルダ、ブライトン、サンドリンガムを通り、フランクストンまで50kmをトップ集団は、2時間ほどで走る。

モーニントンを超えて、先頭集団が最初の目的ソレント(Sorrento)に到着するのは、午前8時半頃。9時発のフェリーボートに乗船。(参加費$135にフェレー費を含む。)ここまでで約100kmを走破する。

ゴールのアレキサンドラ公園には、広い休憩場所、売店などの他、スポンサーや企業のブースが並び、最新スタイルの各種自転車が並ぶ。

メルボルン湾(Port Phillip)の対岸であるクイーンズクリフ(Queenscliff)にフェリーが到着するのが9時半。
そこから直ぐに走りだし、まずバラライン半島を1周。ジーロンまでの距離が約50km。ジローン到着時間は午前11時。

最後に待っているのは、ジーロンからメルボルンまでの1直線で約80km。
先頭グループがゴールインするのは午後1時頃。トップグループは、250kmを約6時間、平均時速42kmの驚異的なスピードで走破する。普通のグループでも8時間、平均時速32km。遅いグループでは、10時間、平均時速約25km。

ビクトリア州自転車連盟(バイシクル・ビクトリア Bicycle Victoria)は、自転車の普及を進めるNGOで、メルボルン湾一周自転車ロードレース以外にも年間にいくつかの大きなイベントを行っている。

Great Victorian Bike Ride
主にグレート・オーシャン・ロード沿いに9日間に渡って走る自転車ツアー。約1万人が参加する。今年は、11月28日から12月6日に行われる。今年は全て売り切れ。例年早めに応募する必要がある。

Ride to Work Day 自転車で通勤の日
オーストラリア全土で、一斉に行われる行事。今年は、10月14日(水)に行われた。

Bycicle Victoria公式Web

Around the Bay in a Day Google Map
 

最新型のロードレーサーが並んで、過酷なレースを終わった後の選手の目を引く。
各メーカーの担当者が詳細な説明をする。
中央の自転車には、車輪にブレード(白い部分)が付いている。空気抵抗が少なくなり、スピードが増す。

横風が吹いた場合には、裏目に出る危険性がある。

欧米、日本、台湾など、どのメーカーの自転車も、変速装置は、日本のシマノ製を採用している。

常に最新型を提供していることと、特許の取得で他社の追随を許さない。
 

Canon EOS 5D MarkⅡマニュアル露出 評価測光 絞りF11 1/200秒 ISO感度 200 AWB 画質圧縮率 JPG
レンズ EF 24-70mm f/2.8L IS USM 発光

関連記事

最新記事

アクセスランキング

  1. 居酒屋 八兵衛 6月22日をもって閉店
  2. 誰も聞きたくない話
  3. メルボルン出身のThe Wellingtonsが4年ぶりの来日ツアー
  4. 【9/28】 大スポーツフェスティバル サッカー×テニス×謎解き
  5. もう一つのテニス、強豪国は日本

トップ20リストへ

人気の記事