ライフスタイルlife

スポーツsports

オーストラリア最大のパレード

AFL グランドファイナルパレード



AFL優勝カップをかかげる両チームの主将。
セントキルダ・セインツのニック・リーウォルド主将(右)とコリンウッド・マグパイズのニック・マックスウェル主将。
期せずしてふたりのニックの戦いとなった。



AFLグランドファイナルの前日に行われるAFLグランドファイナル・パレードには、数万人のファンでコリンズ通り、スプリング通りが埋め尽くされた。
優勝カップは、どちらのニックへ?

午前中は、雲っていたが、パレードが始まる午後0時にはかなり強い日差しが差し込んだ。
12時10分頃、アートセンターをスタート。トヨタのオープンカーに2名づつ乗り込んだ両軍の選手は、まずスワンストン通りを市内中心部まで進み、それからコリンズ通りを東へ進んで、12時半頃にオールドトレジャリービルに到着。
それからセレモニーが始まった。
 



コリンウッド・マグパイズの選手
左からミック・モルトハウス監督
キャプテンのニック・マックスウェル

予想スタメン
1 Leon Davis
4 Alan Didak
5 Nick Maxwell (captain)
8 Harry O'Brien
10 Scott Pendlebury
12 Luke Ball
13 Dale Thomas
15 Leigh Brown
16 Nathan Brown
17 Dayne Beams
18 Darren Jolly
22 Steele Sidebottom
26 Ben Johnson
32 Travis Cloke
36 Dane Swan
39 Heath Shaw
 



セントキルダ・セインツ
グランドファイナルのスタメン

フル・フォワード 左、中央、右
S. Milne (44)
ニック・リーウォルド (12)
A. Schneider(13)

ハーフ・フォワード
リー・モンタナ (11)
ジャスティン・コジツキー (23)
B. Peak (30)



ミッドフィルダー(ラック)
F. レイ (22)
ニック・ダル・サント(26)
ブランドン・ゴダード(18)

ハーフ・バック
R. Eddy (40)
S.フィッシャー(25)
J.ブレイク(27)

ブルバック
S. Gilbert (19)
Z. Dawson (6)
J. Gram (1)
 



セントキルダ・セインツは、1873年設立と古豪ながら137年の歴史の中で、1966年に1回の優勝があるだけ。
昨年も、グランドファイナルに進出しながら、ジロン・キャッツに苦杯を飲んだだけに、今年は是可否でも勝ちたい。
 



コリンウッド・マグパイズのファン。
コリンウッドは、AFLの中でファンの数は最も多いと云われている。
優勝回数は、14回とライバル、エッセンドン・ボンバーズとカールトン・ブルーズの16回に続いて第三位。

しかし1990年に優勝して以来、20年間、優勝から遠ざかっている。
コリンウッドファンとしては是非とも今年、優勝し、更に黄金時代を迎えたいところ。



コリンウッド・マグパイズのファン。
2010年のレギュラーシーズンでは、コリンウッドは17勝4敗1分。
セントキルダは、15勝6敗1分。
ファイナルシリーズでは共に2勝してグランドファイナルへ進出。
実力は伯仲しているが、準決勝で実力があるジロンを120対79の大差で破ったコリンウッドが若干、有利と見られる。

撮影データ Canon EOS 5D MarkⅡプログラムAE 評価測光 絞りF5.6 1/200秒 ISO感度 100 露出補正 AWB JPG レンズ EF 24-70mm f/2.8L USM
撮影:板屋雅博

コメント

関連記事

AFL 準決勝!

2010年9月17日(金) コリンウッド・マグパイズ対ジロン・キ

最新記事

アクセスランキング

  1. もう一つのテニス、強豪国は日本
  2. メルボルン出身のThe Wellingtonsが4年ぶりの来日ツアー
  3. Sakura Flowers フラワーアレンジメント・レッスン
  4. スディルマンカップ2017に臨む日本選手団、クィーンズランド上陸
  5. オーストラリアデーに花笠音頭でパレード参加しませんか

トップ20リストへ

人気の記事