ライフスタイルlife

スポーツsports

セインツvsマグパイズ、選手は、かく戦った。

AFLグランドファイナル写真速報



中央でボールをハンドリングするのは、コリウッドのキャプテン、ニック・マックスウェル。
左でブロックするのは、3年目のアラン・トーヴェイ(Alan Toovey 34番)

2010年AFLグランド・ファイナルは、9月25日(土)、68対68の歴史的な引き分けに終わった。
コリンウッド・マグパイズ対セントキルダ・セインツの試合の模様を写真で伝える。



ゴール前でボールをフェア・キャッチするのは、セントキルダのキャプテン、ニック・リーウォルド(34番)
この地点からフリーキックが出来るので、6点を加算したも同然。
セントキルダファンからは、一斉に大きな歓声がMCGに響き渡る。

AFLがラグビー、サッカーなどと最も違う点は、オフサイドが無いこと。
ゴール前で待ち構えるフォワードが、飛んできたボールをフェアキャッチすると、そこからフリーキックが与えられる。
従ってあっという間に6点が取れる。

もちろんコリンウッドのディフェンダーも、セントキルダのキャプテンでAFLを代表するキッカーのニックリーウォルドを極端に警戒する。
フェアキャッチをめぐる攻防もAFLの見どころのひとつ。



ゴールが入った後、オーバルの中央部で行われるセンター・バウンス。
黄色の服のアンパイアが、地面にボールをたたきつけ、高く跳ね上がったボールを奪い合う。
両チームのラックマンのジャンプ力とハンドリング能力を競う。

コリンウッドのラックマン、ダレン・ジョリー(18)とセントキルダのラックマン、マイケル・ガーディナー(15)の戦い。
左からルーク・ボール(12)昨年までは、セントキルダのレギュラー選手。
クリントン・ジョーンズ(4)
右は、デーン・スワン(36)



突進するセントキルダのレニー・ヘイズ(7)。グランドファイナルの最優秀選手に送られるノームスミスメダル(Norm Smith Medal)に選ばれた。
左から
ニックダルサント(26)
スコット・ペンデルブリー(10)
レニー・ヘイズ(7)
レイ・モンタナ(11)
ステファン・ミルン(44)
マイケル・ガーディナー(15)
アラン・ディダック(4)
ルーク・ボール(12)



この試合で最も活躍した選手のひとり、セントキルダのブレンドン・ゴダード(18)。
守備に攻撃に大車輪の活躍を見せた。

左から
ルーク・ボール(12)
スコット・ペンデルブリー(10)
ブレンドン・ゴダード(18)
ベン・ジョンソン(26)
レニー・ヘイズ(7)
 



コリンウッドの中心選手、デール・トーマス(13)
左は、スコット・ペンドルブリー(10)



コリンウッドのハリー・オブライエン(8)
 

左から
ロバート・レディ(40)
ニック・リーウォルド(12)
ステファン・ミルン(44)
ハリー・オブライエン(8)
スティール・サイドボトム(22)

撮影データ Canon EOS 5D MarkⅡ絞り優先AE スポット測光 絞りF2.8 1/4000秒 ISO感度 200 露出補正 AWB JPG レンズ EF 400mm f/2.8L USM
撮影:板屋雅博 itaya@iprimus.com.au

コメント

関連記事

AFL 準決勝!

2010年9月17日(金) コリンウッド・マグパイズ対ジロン・キ

最新記事

アクセスランキング

  1. Sakura Flowers フラワーアレンジメント・レッスン
  2. 居酒屋 八兵衛 6月22日をもって閉店
  3. YUKI REISSズンバ教室
  4. ばれんたいん!
  5. 集え!三線ラバーズ!in Melbourne!

トップ20リストへ

人気の記事