ライフスタイルlife

スポーツsports

AAMI Kooyong Classic に錦織圭が帰ってきた!

 

2013年1月12日掲載


最高気温 39.1 度の酷暑に加え強風吹き荒れる天気となった本日1月 11 日、初日に欠場を発表した錦織の試合が急きょ組まれることになった。対戦相手は Paul Henri Mathieu。ブリズベンの試合途中で棄権し、今大会は会見後に欠場を発表していたため、Australian
Open 出場が危ないのではと言われてきた錦織だが、前日に突然試合がアナウンスされた。

一度欠場した選手がまた出てくる、これもまたエキシビジョン独特の緩さである。ちなみに錦織の代わりに Dodig が入り、Tipsarevic の代わりに Bolelli が、その後錦織が戻ってきて、今日の2試合目はなぜかいないはずの Fognini がいたりとカオスな状況だ。もちろんチケット買ったお客さんは試合が多く見られるので満足だが。負け残りトーナメントも行われるこの大会だが、負け側は毎年すんなり終わったことがない。そんな緩さがこの大会の魅力だろう。ちなみに明日の最終日の予定は、3位決定戦、Berdych VS Baghdatis、その後決勝戦である Hewitt VS Del Potro の試合が行われる。

第3試合に組まれた錦織VSMathieu 戦。最高気温を迎える時間という大変厳しい時に始まった。痛めた左足にはテーピングが巻かれて錦織圭は登場した。第1セットはなんと 6-0。Mathieu のプレイも全く悪くなく、お互い良いサーブだったが錦織のリターンが見事に冴え渡っていた。30 分以内に終了していたと思われる。もともとスロースターター(だと筆者は思っている)の Mathieu だが、ここまでの差が出るとは思わなかった。錦織も本当に怪我していたの?と思わせるほど最初からアグレッシブに攻め、持ち前のコートセンスを活かした Dropshot を用いての展開など、非常に好調時の錦織らしさが溢れる展開だった。

第2セット、Mathieu の感覚が錦織の球に合ってきたのだろう、少しラリーが増えてきた。ただし今日の強風でお互い打点が狂いあまり長いラリーにはならないが。息を吹き返したMathieu が 6-4 で奪い、フルセットに持ち込んでいく。6-4 とはいえ 30 分ほどの時間だったのでやはり今日はラリーが続かないようだ。

勝負が決まる第3セット、第6ゲームでブレークに成功した錦織、そのまま波に乗り 6-3でゲームセット。Australian Open に向けて準備が整ったようだ。

試合後に記者会見の様子をお届けしよう。

ー今日の試合は勝ち負けというよりも、状態を確認するためと思いますが、何か課題やプレイしてみて怪我や体の感触は?
課題は特にはなかったですね。試合勘と、休んで多分少し不安があったのでそれを確認するためですね。今日は風が強くてあまりラリーにならなくて、試合という試合にはならなかったですけど、大事なところはしっかりとっていいプレイでした。

ー欠場から一転、出場することになった経緯は?
昨日の練習後に決めました。1日目はぎりぎりまで待ってもらったのだが、練習が4日ぶりだったので欠場しました。昨日からようやくポイント練習が再開できて、1セットやったり。やはり試合勘を取り返したかったので試合がしたかったです。怪我が良くなったら出るつもりでいました。

ー気温が 39 度を記録したが、そうした中でのプレイは?
久しぶりに暑かった、むしろ最近寒い感じがしていたので。Australian Open は5セットなので、こういう天気の中戦うこともあるので、今日久しぶりに暑い中できて良かった。

ーエキシビジョンだが実戦が終わって、現在の体や精神的な感覚は?
怪我は9割5分大丈夫。あとは気持ちの問題。今日3セットしかりできているから大丈夫ですね。プレイ内容も満足でサーブが特に良くて、感触を掴めた感じがしました。1回戦(対Hanescu)も、、、まあまあ大丈夫でしょう。ほかを見ればもっとタフなドローもある。もちろん簡単な1回戦はないが、相手は、、、中堅どころ(苦笑)。爆発もするし。勝たないといけない相手ですけど、プレッシャーはないですね。膝のこともあるし少し緊張すると思いますけど、目指すはベスト8以上ですね。

ーオフは実質2週間程度だと思いますがどう過ごしてきましたか?
1週間は地元に戻って親戚に会ったり、残りはメディア関係の仕事をしていました。島根に帰った時は家にいました。

ーあまり疲れは取れていない感じ?
いや、疲れは取れましたよ(笑)。もうちょっと長ければ良いなあとは思いますけど。正月早々、というか年末から大会があるのはきついはきつい(苦笑)。

ーベスト4となると、その前に第4シードの Ferrer がいますけどどうでしょう?
まだ考えていない、ドローも見てないですし(笑)

ーGS 前週に、トーナメントではなくてエキシビジョンに出るメリットは具体的になんでしょう?
多分これからもそうするでしょうけど、前週にはトーナメントには出ないで何試合かできればいいなと思う。体力もある方じゃないし。ほぼ公式戦に近い形で雰囲気が味わえればいいです。

ーということは来年も出るということ(笑)?
そうですね。いや、呼んでもらえればですけど(笑)。
 

コメント

以前のコメント

筆者   (2013-01-13)
めなげさん 選手自身は目の前の1試合しか考えていないでしょう。いずれ勝ち上がれば強敵と当たりますので。
めなげ   (2013-01-13)
錦織選手、調子よさそうですね。 よかったです。 まだドローも見ていないって、選手自身はそういうものなのかでしょうか?

関連記事

最新記事

アクセスランキング

  1. もう一つのテニス、強豪国は日本
  2. メルボルン出身のThe Wellingtonsが4年ぶりの来日ツアー
  3. Sakura Flowers フラワーアレンジメント・レッスン
  4. スディルマンカップ2017に臨む日本選手団、クィーンズランド上陸
  5. オーストラリアデーに花笠音頭でパレード参加しませんか

トップ20リストへ

人気の記事