日本人コミュニティsociety

文化活動・イベントレポート・お知らせreport

天皇誕生日祝賀レセプション開催

天皇誕生日を祝うレセプションが盛大に開かれました!

2009年12月11日掲載
 

 トゥーラックにある在メルボルン日本国総領事館公邸で12月9日、天皇誕生日(12月23日)を祝うレセプションが開催され、日豪の政財界、教育界、芸術界などから約370人が参加した。

 

 日豪の国歌斉唱に続き、長谷川晋・在メルボルン日本国総領事が挨拶した。同総領事は、「日本は豪州にとって最大の貿易相手国であり、2008年、豪州は300億ドルの貿易黒字を出した。また、日本は米・英に続いて直接投資が大きい国である」など2国間の強固な経済関係について述べた。また、日本語は豪州で1番勉強されている第2外国語であることや、日本は豪州で100以上の姉妹都市があるなど、両国間の文化的側面についても言及した。

 

 続いて、同総領事より今年1番のラッキーな男性と紹介されたティム・ホールディングVIC州水道相は「日豪は、政治的、経済的に重要な関係にあるのはもちろん、近年は、多くのオーストラリア人が日本で学ぶと同時に、多くの日本人が豪州で学んでおり、2国間の文化的絆も深まっている」と述べた。今年は、天皇陛下のご即位20周年、ご結婚50周年にあたる。当日は天候に恵まれ、出席者たちは和やかに歓談を楽しんだ。

関連記事

cafe gaia

白いインテリアと緑の木に囲まれた空間で美味しいコーヒーを

最新記事

アクセスランキング

  1. 2019年度JETプログラム歓送会
  2. 「ZEN- 燃」前リーダー・保科俊一氏、よさこいに懸ける想い

トップ20リストへ

人気の記事