日本人コミュニティsociety

文化活動・イベントレポート・お知らせreport

2011 Japan Festival 大盛況!

日本文化を楽しんだ1日をレポート

 Box Hill Town Hallをメインに今年も大々的に開催されたJapan Festival。今年のフェスティバルは3月に起きた東北沖地震津波被害への支援の意味も込められて開催された。

  

 10時開始とともに続々と人が集まり、タウンホール内はステージプログラムを鑑賞する人たちで常に満席。第1演目の子供たちの勇ましい太鼓は大きな喝采を集め、幸先の良いスタートを切った。毎年恒例のカラオケショーあり、着物コンテストあり、伝統武術・舞踊なども含む豊富な内容の演目が揃い、多くの観客を魅了。今年のハイライトは“コスプレショー”。早朝から続々と本気でコスチュームを着こなす人々が溢れた。

 タウンホール地下ではオリジナルの商品の販売などが展開されている。書道家の東川潤子さんは、英語名を漢字で書くサービス、作品の販売も。さわやかな色の浴衣が目を引いていた。Chanoyu Natural Beauty and SpaのAnneさんは定評あるビューティセラピストとしての技量を生かし、肌のチェックをしてくれる。機械の中に顔を入れて肌診断をし、今後の肌対策に役立つアドバイスをしてくれた。

  

 今年はBox Hill Institute of TAFEの校舎での蚤の市も復活。音楽コラム『Just Australia』のコラムニスト浅野さんが、こんなミニチュア食玩を販売。小さいのにかなり精巧にできていてカワイイ。小さな缶バッヂもなかなか味のあるものが多く、ほとんどが手作り。浅野さんご自身でデザインしたバッヂもたくさん。

  

 Eating Areaは朝から人でごった返している。あたりに漂う焼きそばやお好み焼きなどの匂いにつられ、ついつい購入…なんて人も多かったのでは? 日本のお菓子やつい買い食いしてしまいがちな揚げ物など多彩。

 魅力的な商品が当たるラッフルももちろん盛り上がり、フェスティバルの締めくくりは迫力ある和太鼓竜胆による太鼓の演奏。大きな拍手で大盛況のフェスティバルは幕を閉じた。

コメント

関連記事

最新記事

墓巡り(3)

僕はアマンダの声を聞いて、すぐに聞き返した。 「うん。どうして?.....