観光・楽しむentertain

MELBOURNE建物図鑑tatemono

オーストラリア最大のエンターテイメント劇場

MELBOURNE建物図鑑

【2012年4月5日掲載】

 

St.Kildaのトラムストップを降りて正面、Luna Parkの隣に堂々と立つ建物。前身は映画館であり、現在はコンサート会場として使われているこのPalais Theatreは、2,896席というオーストラリアで最大の席数を持つ劇場だという。

1927年にオープンしたこの劇場は、今でも建築当時の面影を色濃く残しており、オーストラリアに存在するアール・デコ調の建築物のなかでももっとも美しい状態で残っているもののひとつとして、ヴィクトリア州の文化遺産(Victorian Heritage Register)に登録されている。

もともとは1919年、第一次大戦終了直後に『Palais de Danse』としてオープンした劇場がモデルであり、1922年になって建築家Walter Burley Griffinが再度デザインをしなおし、彼がシドニーに拠点を移した後に新しく任命されあt建築家、Henry E. Whiteが完成させた。現在でも劇場の一部では修復が行われている。



▲アール・デコ調のデザインとヤシの木が混ざり合うこの風景はまさにオーストラリアの古都メルボルンならでは

 


▲1927年のオープン当時は映画館とダンス・ショーなどのライブ・パフォーマンスを楽しむ劇場だった

 


▲60年代から劇場は急激に人気となり、Rolling Stonesもコンサートを行ったことがあるとか

 


▲劇場は1年間を通して約100のコンサートやパフォーマンスを主催するという

 


Palais Theatre
Lower Esplanade St Kilda VIC 3182


Ryo
studiomonsoon.com
ryo@studiomonsoon.com

関連記事

最新記事

塞翁が馬(1)

「人間万事塞翁が馬」この言葉を初めて聞いた時、里奈のことを思い浮.....