インタビューinterview

日本人ソサエティsociety

輝け!未来の大スター!

メルボルン発 子どもだって すごいんです

2012年11月19日掲載

 

子どもの力は無限大。
みんながびっくりするような大きな声で泣き叫べる?石ころ、ガラクタの収集家?
ニコッと笑えば誰もがごきげん。あなたの1番を教えてください。輝け!未来の大スター!

 

吉田若菜、泰芽(タイガ)。2002年オーストラリア生まれ。5歳より水泳を始める。
2012年、ビクトリア州50mフリースタイル(7~10歳の部)チャンピオン。

 

―大会にはいつごろから出るようになったのですか?
(泰芽)8歳です。大会に出たらけっこう楽しかった。


―泳いでいるときはどんなことを考えているのですか?
(若菜)色んなこと。例えば学校のこととかーー。


―1日の練習時間は?
週に3回、学校の後に1時間半くらい練習しています。

 


―水泳がつらいなあと思ったことはありますか
(泰芽)いっぱいある。だけど、水泳のお友達がいるから今も続けています。そして、コーチがすごく面白いです。


―毎日の生活で気をつけていることはありますか。
う~ん、特にありません!

 


―双子でお互いを意識することはありますか。
水泳のときは兄妹のことは考えないです。


―最後に今、心に描いている夢を聞かせてください。
(若菜)水泳でオリンピックに出場することです。
(泰芽)2020年のオリンピックに出たいです。

 

水泳教室を終了しようとした時に、コーチから「この子達は伸びるから、続けてみて」と言われた若菜さんと泰芽くん。実際、大会の度にぐんぐんと実力を発揮している。

<文・写真 久里類*クリルイ>

 

このコーナーでは、「メルボルン発!輝いている子どもたち」を紹介しています。
登場していただける方を募集しています。編集部までどうぞ。

 

関連記事

最新記事

墓巡り(3)

僕はアマンダの声を聞いて、すぐに聞き返した。 「うん。どうして?.....