インタビューinterview

スポーツsports

元K-1ファイター、現トレーナー Paul Nam Le “the Dragon” インタビュー

何かをやり遂げる為には“ただ、進むべし!”

2009年7月6日掲載

【プロフィール】
Paul Nam Le “the Dragon”
1976年、ベトナム・ホーチミン生まれ。7歳の時に渡豪し、その後オーストラリア、母国であるベトナム等で生活をしつつトレーニングを積む。K-1オーストラリア大会やその他の大きな試合でも幾度チャンピオンに輝いており、順調に実績を積んでいった。2003年には日本に招かれ、武田幸三と試合を行った。また、2002年にはプロボクサーの資格も得ており、ボクシング・シーンにおいても好成績を収めている。そういった数々の試合を経験した後2007年に引退し、現在はメルボルンの「Fitness First」(メルボルン・セントラル店)にてトレーナーを務めている。

インタビュアー:武吉 恵理


Running, Run fast! Run for about 45 minutes per day to have a beautiful body!

(綺麗な体形を作るためには、走るのが一番!一日45分は走りましょう!)

 

You gotta keep going! Always keep going!There is not limit! 

(ただただ戦い続けるのみ!人間にリミットは無い!!)

 

Fitness First Melbourne Centralの詳細はこちらへ
http://www.fitnessfirst.com.au/clubs/details/index_html?club_id=17

Fitness FirstのHPはこちら
http://www.fitnessfirst.com.au/

   

--Do you like Melbourne?
(メルボルンは好きですか?)

Yeah everything is easy to get to. It’s easy to get around, not like Tokyo, it’s too busy.
(はい、どこでも行きやすく便利なので好きです。東京みたいに忙しくないし…。)


--What’s your next dream?
(今後の夢は?)

I wanted to fight in a K1 Max, but I didn’t get an invitation. I won over there but I never was invited back, I don’t know why. So I retired. I wanted to fight in America and Europe also but it didn’t happened. I hope to have a good happen in the future.
(本当はK-1Maxで戦いたかったのですが、残念ながら招待されませんでした。何故なのかは分かりませんが、試合に勝っても声がかかることはなく…なのでその夢は諦めました。アメリカやヨーロッパでも戦いたかったのですが、結局それも叶わぬままです。今後は何か良いことがあるといいですね。)


--What’s your moto?
(モットーは何ですか?)

“The world will step aside for a person who knows where they are going”. Just keep going. When I come up for a big fight I say “step aside everybody, I’m going straight through!”
(世界は、目標を持って進んでいる人のためにある。進むべし。何か大きなことに挑まなくてはいけない時は、こう言うのみ。“皆どけ、俺はただ真っ直ぐ前を向いて進むのみだ!”と。)


--It’s nice,Can you give me a message to share with everyone?
(良いモットーですね。最後に皆さんにメッセージをいただけますか?)

If you guys want to fight the one thing you gotta remember is “don’t stop till they drop!” you gotta keep going! Always keep going! Always progressing, getting better, and better. There is not limit!
(もしも戦いたいなら、ひとつ覚えていないといけないことがあります。それは、「相手が落ちる(倒れる)まで止めない」ということ。ただただ戦い続けるのみ!そして進歩し、だんだんと上手くなるのです。人間にリミットはない!) 


--What are the good and bad points about being a fighter?
(格闘技をやって良かった点と悪かった点は?)

A bad point is that people don’t thing you are intelligent. But I tell them if you’re a good fighter your intelligent, if you’re a bad fighter you are not. A good fighter has to be smart.
I had 52 fights and won 80% of them and my face is still pretty.
Kickboxing can be dangerous but it’s not as dangerous as boxing as there are more head shots in boxing.
(悪い点は、ファイターは頭がよくないと思われることですね。しかし僕は彼等に教えてあげたいですね。もし君が聡明な人間であれば試合で勝てるだろうけど、そうでなければ負けるよと。強い選手というのは賢くないといけないのです。実際、僕は52人の選手と戦ってきましたが、8割の確率で勝ちました。しかも僕の顔はキレイなままでしょ?(笑)キック・ボクシングはボクシングのように危険ではないと思います。ボクシングは頭に打撃を受けるので危ないですから。)


--Have you ever been seriously hurt?
(致命的な怪我を負ったことは?)

Yeah my left eye got hurt pretty bad and my optometrist said if I didn’t stop I would go blind.
(ええ…左目は少し危険な状態になりました。眼科医に「もしこれ以上続けると盲目になってしまうよ」と言われました。)


--Do you have any ambition to enter the ring again?
(またリングに戻る気はありますか?)

Probably not, although I do miss kickboxing. I’m worried about my eye. Also my trainer has left and lives in Thailand now, and my other trainer is in Western Australia so it’s difficult to return to the ring.
(キック・ボクシングは好きですが、多分戻ることはないですね。やはり目が気になりますし。しかも、僕の格闘技トレーナーは今タイに住んでいますし、その他のトレーナーも西オーストラリアで離れていますので、またリングに戻るようになるには難しいと思います。)


--Now you are a trainer?  What do you do maintain your body?
(現在はトレーナーですよね?どうやって健康維持をしているのですか?)

I do a lot of weight training. And I do Kick Boxing once a week at my old gym. I also do martial Arts.
(様々なウェイト・トレーニングをしています。それから、週に一度はジムでキック・ボクシングも続けていますし、マーシャル・アーツもやっていますよ。)


--What is the best exercise to do to have a beautiful body?
(美しい体を作るのに最適のエクササイズは?)

Running, Run fast! Run for about 45 minutes per day, every day with boxing, kickboxing and also Thai-boxing. It’s a full-body workout. You get an Aerobic and Anaerobic workout. Good for the mind, heart and body.
(走ること!一日に45分は走ったほうがいいですね。しかもボクシング…更にいうならタイ・ボクシングを併用すると効果大です。これは全身運動ですし、有酸素運動と無酸素運動を同時に行えるということです。精神的にも体にも良い!)


--But I think it is difficult to do it by yourself.
(しかし、自分自身でやるのは難しいかも…)

I had a running coach for 3 months. It’s important to learn to run correctly.
(僕は3か月、ランニング・コーチの下でトレーニングをしました。正確なスタイルで走るということが大切なので、やはり最初は習ったほうがいいと思います。)


--Can we learn to do it here?
(ここで習うことは可能なのですか?)

Yes. And I teach classes for kickboxing here on Tuesdays and Thursdays at Fitness First at 7:30.
(はい、もちろん。それから、火曜と木曜の午後7時半からはキック・ボクシングも教えています)


--How many people in your class?
(1クラスで、だいたいどのくらいの人数ですか?)

Up to 4 people. It’s a small group of men and women. I also train about 40 people privately one on one.
(4人以上の、男女混合の少人数クラスです。それから、40人くらいにプライベート・レッスンも行っています。)

--Is Kick Boxing popular in Australia?
(オーストラリアでのキック・ボクシングの人気はいかがですか?)

It was popular here but the major sponsor moved to Turkey in Europe. Now it is more popular in Japan and New Zealand. Football is the most popular in Australia.
(以前は人気でしたが、メイン・スポンサーがトルコに行ってしまってから人気は下がってしまい…。日本やニュージーランドは人気が高いようですね。オーストラリアではやはりフット・ボールが一番人気です。)


--Which was the most memorable match in your life?
(格闘技人生で一番記憶に残っている試合は?)

Yes,It was…. One time In New Zealand the crowd were very bad to me, they were Booing “Boo Boo”. It just made me fight harder. But I lost by one point for the World Mauy Thai Title/championship. Very unlucky.
(そうですね。ニュージーランドでは満席の観客からのブーイングが凄くて…それは嫌な思い出です。でもそれが僕を奮い立たせてくれて攻撃的な試合が出来ました。しかし結局試合には負けてしまい、チャンピオン・タイトルを失ってしまいました。ツイてなかったです。)


--Anyway,Who is the best fighter in K-1 now?
(そうですか…ところで、今一番良いと思う選手は誰ですか?)

Remmy bonyasky. I trained at the same camp as him in Thailand with peter Aerts. He is nice guy and he has a big heart,very good hands, knees and a big head and leg-kick. Very powerful and explosive fighter.
(レミー・ボンヤスキーですね。タイでトレーニングした時、彼とピーター・アーツも一緒でした。彼は寛大でとても素敵な人物ですよ。そして格闘技に必要な強靭な肉体とキック力を持っている。とてもパワフルで危険な格闘選手だと思います。)


--Do you like his style?
(彼の格闘スタイルは好きですか?)

Yes. I like it. My style is very similar.
(はい、もちろん。僕の格闘スタイルと似ていると思います。)

 

--If you are still fighting, Can you beat him?
(もしも今も格闘技を続けていたら、彼を倒せる自信は?)

No, he is in a different weight division. I want to fight Masato. I challenged him in 2003. After i defeated Kozo Tekada.
(いいえ。彼のウェイト・クラスは違いますし。マサトとはまた戦ってみたいです。実は2003年、武田幸三選手を倒した後、マサトに挑戦したことがあります。)


--How was he?
(彼はいかがでしたか?)

He was good person. I want to have a match with him again.
(とても良い選手でした。もう一度戦いたいです。) 


--What is the first sport you played?
(一番初めに始めたスポーツは?)

Kung-fu, Judo, Tennis. Cricket, and soccer. In Sydney. And also back in Vietnam.
(カンフーと柔道とテニス、それからクリケットもシドニーでやっていました。ベトナムに帰ってからも続けていましたね。)


--When did you start combat sport?
(格闘技を始めたのはいつですか?)

When I was 15 years old. I did weight training. But I got bored of this. So I started Kick Boxing.
(15歳の時にウェイト・トレーニングをやっていたのですが、それがとても退屈だったのでキック・ボクシングを始めたのが最初です。)


--What led you to K-1 competition?
(K-1の試合に出るようになったキッカケは?)

I fought everyone in Australia and won, So I went to Japan for K-1.I was invited to Japan by Mr.Aihara for the K-1 competition. I trained and fought in Thailand. I won In Thailand. So then I can go to other countries like a Japan and New Zealand.
(オーストラリアでの試合で勝利を得たので、Mr.Aiharaが日本のK-1試合へ招待してくれることとなり、日本へ戦いに行くことになりました。タイでトレーニングを積んで試合も行い勝利を得ました。そしてその後は、日本やニュージーランドと同じように他の国へも行けるようになりました。

関連記事

最新記事

墓場の散策(1)

僕が墓場を散策をするのが趣味だと言うと、たいていの人が驚いた顔を.....

とらむ

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は