インタビューinterview

スポーツsports

メルボルンの格闘家、シハン・ジョージ!

格闘技ジム経営者にとって、格闘技の魅力とは。

シティ内で、格闘技専門のジムを経営しているジョージ・コロブスさん。生徒さんやスタッフからは、シハン・ジョージ として親しまれています。空手の師範として、選手と共に年に何度も世界各国を訪れているジョージさん。日本にも毎年訪問するそうです。



 名前:ジョージ・コロブス 職業;格闘ジム経営者、空手師範、ムエタイ/キックボクシング・インストラクター 

                                                            インタビュアー 本部裕子  

 


--メルボルンに来てどれくらいになりますか?

もう40年になるね。10歳の時に両親がギリシアからオーストラリアに移住して、それからはずっとメルボルンに住んでいるよ。その当時は英語がまったく話せなかったから、少し大変だったのを覚えているよ。


--メルボルンでは何をなさっていますか?

フリンダース・ステーションのすぐ近くで、格闘技ジムを経営しているよ。私は空手を中心に教えてるよ。
 


フリンダース駅の近くにあるジム

--メルボルンの好きなところは?

町の美しさかな。適度に緑があって、建物との調和もうまくとれていると思うよ。あとは交通の便がよいところだね。


--メルボルンの嫌いなところは?

天気!説明する必要はないよね。


--ジム設立の経緯を教えて下さい。

もともとは、メルボルン・シティ・バス(スポーツセンター)の1部屋で、空手教室をやってたんだ。一番初めはスカッシュのコートで、生徒も6人だけだったよ(笑)。友達や、知り合い同士で一緒に練習、という感じでやっていたんだけど、口コミでだんだん人が集まるようになってね。どんどん教室を広い場所に移していったんだ。空手を始めたころは、先生になりたいとか、自分の教室を持ちたいとか、全く思ってなかったんだけどね。教えてるうちに、自分は人に教えることが好きだってことが分かってきたんだ。そのころは、格闘技とは全く関係ないビジネスをしていたんだけど、あまりその仕事が好きではなくてね。だんだんと、もう空手だけやっていたいと思い始めたんだ。それと同時に、メルボルンには格闘技や空手を、きちんと学べる場所が必要だと感じ始めてね。そうして11年前に、このジムを今の場所に設立するに至ったんだ。今では1000人以上の生徒が通っているよ。種類も空手、キックボクシング、ボクシング、ムエタイ、ブラジリアン柔術など9種類に、クラスの数も週70コマ以上に増えたね。
 


   空手の練習の様子


--こんなに多くの生徒さんが集まった理由は何だと思いますか?

まずは、人々が健康の大切さに気付きだしたこと。オーストラリアには肥満の人が多すぎる。食べ物も脂っこいものが多いしね。そこで多くの人が体を動かさなきゃ、と思いだした。でもただのトレーニングじゃすぐに飽きる。何か目的が欲しい、何かを学びたい。そんな人が格闘技というものを学びに、このジムに集まって来るんだと思うよ。メルボルン内にはジムが数え切れない程あるけど、格闘技専門のジムはめずらしいんだ。


--空手、格闘技の魅力を教えて下さい

空手のトレーニングは、いろいろなものの基礎を作るのに最適なんだよ。体力や精神力、バランス感覚はもちろん、トレーニングを通して、自分に自信を持つこともできる。これらのことは、何をするにも大切。例えば、何か1つ仕事をするにしても、プレッシャーに耐える精神力、仕事を続ける体力、そして、自分はこの仕事ができる、という自信が大切になってくる。だから空手は実生活にも役に立つんだよ。あと、空手を習っておけば、ほかのスポーツをするときにも有利になる。空手は体全体を使い、様々な動きをするスポーツだからね。だから日本の優秀な格闘家も空手出身の選手が多いんだ。格闘技の魅力はさっきも言ったけど、ただトレーニングをするだけじゃなく、何か目的を持ってトレーニングができるところだよ。もちろん強くもなれるしね。
 


  ギリシアでの空手キャンプの様子
 

--空手の大会のため、何度も日本に訪れたことがあるとお聞きしましたが、日本の印象はどうですか?

日本の格闘技のレベルはとても高いと思うよ。将来は、オーストラリアの空手のレベルも日本と同じくらいに高めたいね。日本人の人柄も好きだし、日本という国も大好き。ただ、日本の生活のスピードは速すぎると思うよ。何もかもがものすごいスピードで動いてる感じだね。


--これから空手、格闘技を始めようと思っている人にメッセージをお願いします。

何度も言うけど、何か目標を持ってトレーニングをするというのは大切なこと。ただのランニングやウエイト・トレーニングだけじゃなく、何かを学びたい人、何かを得たい人はぜひ一度、空手や格闘技のトレーニングに挑戦してみて。もちろん私のジムに来てもらえたら嬉しいよ。初心者も大歓迎だよ。


--ありがとうございました。

【インタビューを終えて】
実はライターYは、3年前に3カ月程このジムに通っていました。そのころに比べ、レッスン数、生徒数も大幅に増えています。ジョージさんは、とても親切で面倒見がよく、ジム内でも積極的に生徒に声をかけています。3年前、私のつたない英語を一生懸命に聞き、ゆっくり話してくれたことを思い出します。そんなジョージさんの人柄も、このジムにたくさんの人が集まってくる理由の1つなのだと思います。
 

Melbourne martial arts ; Vaults 9 & 10 Banana Alley 367 Flinders St   
                 http://www.melbmartialarts.com.au/
英語が不安な方は、bookroom.yuko@hotmail.comまでお問い合わせ下さい。

関連記事

最新記事

船旅(3)

船長のピーター・マクミランが皆がそろったところで、自己紹介をして.....

船旅(2)

 乗船する当日、外から眺めた豪華客船は、その大きさと輝くような白.....

船旅(1)

 光江はオーストラリア人のニールと結婚して30年になる。その間、.....