ライフスタイルlife

メルボルンで習い事lesson

YAMAHA音楽教室でチャレンジ

オーストラリア初のコースで楽器に挑戦

2010年2月25日掲載

日本国内では52万人、海外でも40カ国以上に及ぶおよそ1600の会場で18万人が音楽に触れ、その歓びを体感しているYAMAHA音楽教室は、オーストラリアでも多数展開し、ヴィクトリア州には現在8箇所の拠点がある。

  

オーストラリアでは1970年に初めて教室が開かれ、2010年、YAMAHA音楽教室開校40周年を迎えた。その長い歴史の中で、多くの音楽家を輩出してきている。カーネギー教室オフィシャル・オープニング・セレモニーが行われた2月21日には、立食パーティ形式でゆったりとした雰囲気が流れる中、若松社長による挨拶に始まり、卒業生代表として、オーストラリアのクラシック界で注目を集めているバイオリンとチェロとのトリオ‘The Yarra Trio’として活躍するピアニストStefan Cassomenos氏によるパフォーマンスをはじめ、プロの生演奏に交じり13歳でジャズを作曲し披露した男の子、クラス全員でコーラスなど、実際にレッスンを受けている子供たちの素晴らしい才能と未来への大きな可能性が詰まった演奏も披露された。

 

(写真左)若松社長による公式開校セレモニー

聴覚が一番発達するといわれている4~5歳を対象とした幼児科(JMC)、6~7歳のジュニア科(JXC)といった日本と同様のコースを設け、「YAMAHA音楽教育システム」をしっかり受け継いだ講師陣が丁寧に、そして楽しくレッスンを進めている。「YAMAHA音楽教育システム」は全世界共通で、グループレッスンを中心に行われるため、オーストラリアに住む異なるバックグラウンドを持つ子どもたちが、一緒に音楽を介して、社会性や協調性を学ぶことができる。さらに子供たちの創造性を育成することを目的としたカリキュラムが組まれているため、幼児期に音楽の基礎を学び、音感を身につけることで、自分で作曲するといったクリエイティブな発想が芽生え、音楽を通して自分を表現することに興味を抱いていく。

   

2月にオープンしたカーネギー(Carnegie)教室は、オーストラリア最大規模、最大数の生徒を抱える教室。上記の子供たちを対象としたコースもさらに充実し、講師陣も気分を一新してのぞんでいる。またオーストラリアのYAMAHA音楽教室では初めて導入されるエレキギター、ドラム、バイオリンのコースが設けられているのが特徴。防音を施したギター、ドラム専用の教室が用意され、窓の外に広がる景色をバックに騒音を気にすることなく思いっきり楽しむことができる。

    

(写真左)プロ・ピアニストStefan Cassomenos氏
(写真右)ギタリストはYAMAHAの先生

週1回1年間コースや、スクール・ホリデーを利用した短期のワークショップなどのカリキュラムが展開され、子供たちだけでなく、仕事帰りにリラックスやストレス発散などを目的に通って楽しむ方や、初心者も大歓迎。中上級者やシニアの方でも気軽に参加できる。

カーネギー教室は、シティからCranbourne / Pakenham線で約20分、Carnegie駅下車徒歩5分にあるCarnegie CentralのLevel 2。駐車場完備のショッピング・モール内にあり、Princess Highway沿いにあるのでアクセスが容易。

 

「昔はギターを弾いていたけれど、またやりたい」、「ドラムをやってみたいけど、場所がないし、音も気になる」、「新しい友達が欲しい!」など動機は様々。大人から始める自分磨きも素敵なこと。是非YAMAHA音楽教室へ通ってみませんか?


YAMAHA music education centre カーネギー教室
URL:http://www.yamahamusicschool.com.au/
住所:Level 2, Carnegie Central, Corner Koornang Road and Princes Highway, Carnegie VIC 3163
TEL:1300 139 506

Melways Ref: 68 J3
※その他の教室は上記URLを参照してください。
 

loading Google Map ...

関連記事

最新記事

アクセスランキング

  1. JETプログラム 2017年度参加者受付開始
  2. ふぃっしゅ & ちっぷす
  3. 豪州米作の祖の妻 高須賀イチコの物語
  4. 「Easter」とは?
  5. メルボルンカップカーニバル Official launch

トップ20リストへ

人気の記事