facebook
Japan In Melbourne

ライフスタイルlife

メルボルンで習い事lesson

クーポン持って無料!カンフー体験☆

カンフーのすごさは体験しなくちゃ分からない!

前回GO豪メルボルンでインタビューをさせていただいた、ウィリアム・チャンさんのカンフー道場は市内中心部にありアクセスも便利。
今回はGO豪クーポンを使って、カンフー無料体験に行ってきました!

ウィリアム・チャン、インタビュー記事  前編 後編

「いってきまーす。」


体験では、なんとウィリアムさんからマンツー・マンでレッスンを受けられます(事前に予約、問い合わせが必要)。また、クラスの様子が知りたい人は毎日行われているビギナークラスに参加することも可能です。

まずはウィン・チュン・カンフーの説明を簡単にしてもらいました。

「ウィン・チュン・カンフーとはもともと女の人が作り出した技術であり、格闘技のなかでも特に科学的で、理論に沿った体の動きをするものです。女の人が考えたものなので、小さくて力がない人でも、相手のトリガー・ポイント(体に存在する数多くのつぼ)を狙い、自分より大きな相手を倒すことができます。また、ウィン・チュン・カンフーの動きはすべて体に無理のないものとなっているので、60、70歳になっても続けられます。なので、どんな人にとってもお勧めです。」

道場の様子


その後は準備運動、柔軟などを行い、さっそくカンフーの技を教えてもらいます。

まずは基本のパンチから。こぶし、肘、肩が一直線になるようにして構えます。こうすることで、最短距離で相手にこぶしが届き、また肘と肩でこぶしがサポートされるため体を痛めるリスクが減るそうです。ウィリアムさんの説明はとても理論に沿っていて、ウィン・チュン・カンフーが科学的に考えられたものということがよく分かります。



ウィリアムさんの説明についつい「へぇー」っと。

余談ですが、実はウィリアムさん。世界最速パンチの記録保持者なんです! ハーバード大学により測定が行われ、なんと1秒間に8.3パンチという、漫画のような記録を出しています。

その当時のウィリアムさん

 
また、今年70歳になるウィリアムさんですが、その姿勢のよさ、動きの速さはとても70歳とは思えません。ウィン・チュン・カンフーはヨガやピラティスなどと同じように、体のコアを意識して行い、また左右均等に体を使うため、自然と姿勢が良くなってくるそうです。


ウィン・チュン・カンフーの基本の動きは、相手の1点だけに集中して警戒し、相手の視界から消えるように動くこと。今回は相手に両手をつかまれた時のための護身術を教えてもらいました。


1.手をつかまれた瞬間に、相手の力を利用して手を叩き、相手の気をそらします。


2.右手で相手の右手をはじき、自分の左手をフリーにします。


3.左手で相手の目をはらいます。

4.左手で相手の左肘をおさえ、相手の左側(相手の視界からはずれるように)に入り込み、右で相手の左あご(トリガーポイント)を殴ります。


技は少し複雑で、1度ではなかなかスムーズに行うのは難しかったですが、"相手の弱点を狙う"、ということを実際に行うと自分がちょっと強くなった気がしました。また、護身、という意味でもとても役に立ちそうです。

ウィリアムさんは中国医療の医師資格をもっており、数多くの大学で講演を頼まれるほどの大先生。クラスのなかでセルフ・メディケーションについても少しずつ学んでいけます。

今回のGO豪クーポン、実はお土産までついています。



ブルース・リー・デザインのピンバッチと、オリジナルエコバックをいただきました!

カンフー、格闘技、というと少し身構えてしまいますが、ウィン・チュン・カンフーは格闘技というだけでなく、護身や体のバランスを整えるといった一面もあり、性別・年齢にとらわれず誰でも気軽に始められそうです。

カンフーってちょっとおもしろそうだなっと思ったあなた!GO豪クーポンを持って気軽にカンフー体験。お勧めします☆


ウィリアムさんの息子さん、アンドリューさん(左)、フランスから修行に来ていたジョナサンさん(右)




ウィン・チュン・カンフー公式ウェブサイト(道場の情報もこちらから)
http://www.cheungswingchun.com/


とってもお得な“GO豪クーポン”ページ
http://www.gogomelbourne.com.au/bonus/coupon/



 

関連記事

最新記事

アクセスランキング

  1. オーストラリアデーに花笠音頭でパレード参加しませんか
  2. 本田圭佑選手がプロデュースするサッカースクール、メルボルンに登場
  3. メルボルン出身のThe Wellingtonsが4年ぶりの来日ツアー
  4. サマータイムが始まります

トップ20リストへ

人気の記事