ライフスタイルlife

スポーツsports

女子テニス下部ツアーも開催されます!

Bendigoで2大会行われます!

男子ツアーのMelbourne Challengerと同じ週に開催される女子下部ツアー、Bendigo $50000 #1(以下、Bendigo #1)。現在の女子ツアーは、Grand Slam、Premier Mandatory 、Premier 5、Premier、International、WTA 125、ITF下部ツアー($1000、$25000、$50000、$75000、$100000)となっており、今回ITF下部ツアーの$50000がBendigoで2回行われる。同カテゴリ・同会場だが、別の2大会が2週に渡って行われる。この大会は会場の都合上、Bendigoで違う大会として2週行われるが、来年以降は1週目がAdelaideで行われ2週目がBendigoで行われる予定だ。

大会名通りBendigoで行われるためV-Lineもしくは車でのアクセスとなる。しかしV-LineはSouthern CrossからBendigoまで約2時間かかり、駅から会場へは2.5kmとなっているためタクシーを使う事になるだろう。そうなると結構な費用がかかってしまうため、車で行くのが無難だろう。

今大会もMelbourne Challenger同様、本戦32ドロー、本戦ストレートイン24本、予選4本、ワイルドカード4本となっている。出場選手は以下のとおり。

選手名 出身国 世界ランキング(9月30日付)
Kurumi Nara 日本 87
Ashleigh Barty オーストラリア 129
Olivia Rogowska オーストラリア 157
Ons Jabeur チュニジア 162
Samantha Murray イギリス 166
Casey Dellacqua オーストラリア 167
Olga Savchu ウクライナ 169
Erika Sema 日本 172
Irina Falconi アメリカ 184
Melanie Klaffner オーストラリア 185
Sachie Ishizu 日本 207
Yurika Sema 日本 213
Eri Hozumi 日本 221
Arina Rodionova オーストラリア 228
Diana Marcinkevica ラトビア 234
Irena Pavlovic フランス 245
Varatchaya Wongteanchai タイ 249
Noppawan Lertcheewakarn タイ 258
Monique Adamczak オーストラリア 261
Anett Kontaveit エストニア 266
Miharu Imanishi 日本 275
Sacha Jones オーストラリア 279
Misa Eguchi 日本 287
Zuzana Zlochova スロバキア 294

 

以上の通り24人中7人が日本人となっており、奈良くるみ、瀬間詠里花、石津幸恵、瀬間友里加、穂積絵莉 、今西美晴、江口美紗となっている。7人を簡単に振り返っていこう。

 

奈良くるみ

US OPENで予選を勝ち上がり初出場を決めると、2回戦では第19シードのSorana Cirsteaを破る金星を上げ、3回戦に進出。大会後自己最高の78位までランキングを上げ、現在のランキングでは来年のAustralian Open本戦ストレートインは可能だが、ランキング維持が必須となる。

日本テニス協会選手紹介ページ

 

瀬間詠里花

フランス人と日本人のハーフで、2歳上の姉瀬間友里加と共に姉妹でテニス選手として活躍している。2011年からGrand Slam予選に挑戦しているが本戦出場は未だにない。ViViのアスリートモデルとしても活躍中。

公式ブログ:http://ameblo.jp/sema-erika/

 

石津幸恵

1992年生まれの21歳。2010年のWimbledon Jr.では決勝に進出しフルセットの末敗れたが、1969年に優勝した沢松和子以来となる日本人決勝進出を果たした。ITF下部ツアーではすでに8勝(今季2勝)しており、$50,000での優勝経験も有り。現在は拠点をアメリカに移している。

公式ホームページ:http://www.ishizu-sachie.com/index.html

 

瀬間友里加

先ほど紹介した、瀬間詠里花の2歳上の姉である。2007年からGrand Slam予選に出場しており、2009年にはUS OPENでGrand Slamデビューを果たした。

公式ブログ:http://ameblo.jp/sema-yurika/

 

穂積絵利

1994年生まれの19歳。2011年のAustralian Oen Jr.のダブルスにて準優勝をしている。杉山愛が理事を務めるテニスクラブを拠点としており、2009年から杉山の母である杉山芙沙子をコーチとしてツアーを転戦。今季は$25000で初のITFタイトルを獲得。

日本テニス協会選手紹介ページ

 

今西美晴

1992年生まれの21歳、今季は$25000で優勝しておりランキングを上げGrand Slam予選への出場権を狙っている。

島津製作所所属選手紹介ページ

 

江口美紗

1992年生まれの21歳、昨年のAustralian Open予選に出場しており、覚えている方もいるのではないだろうか?力強いストロークを武器にツアーに参戦。Grand Slam予選定着、後に本戦出場を狙い日々トレーニング中である。

日本テニス協会選手紹介ページ

 

その他の選手ではオーストラリアのAshleigh Bartyに注目したい。

2011年のWimbledon Jr.で優勝後プロ転向した若干17歳の選手だが、今季はFrench Openを除いて全てのGrand Slamの女子ダブルスで、今大会にも出場するDellacquaとペアを組み決勝進出した才能豊かな選手である。ダブルスランキングは現在13位。シングルスでも結果を残しておりFrench Open、US OPENでは2回戦に進出している。

 

男子ツアーと同じ週になってしまうのが非常に残念だが、こちらの大会の出場選手のレベルも高い。これを機会にAustralian Open並びに予選に出場する選手に目をつけておくと、来年1月の楽しみが増えることだろう。

 

写真・文:Raito Hino

 

 

コメント

関連記事

最新記事

夫の秘密(3)

探偵は、感情を押し殺した抑揚のない声で、報告を続けた。 「そうで.....

夫の秘密(2)

その年は、希子はいつものように母親と一緒に桜を見に行ったり、温泉.....

アクセスランキング

  1. スディルマンカップ2017に臨む日本選手団、クィーンズランド上陸
  2. うぃず ころな
  3. ぱん
  4. 「Easter」とは?
  5. 車椅子テニスが開幕

トップ20リストへ

人気の記事