日本人コミュニティsociety

文化活動・イベントレポート・お知らせreport

Tea and Zen

お茶の歴史・文化を知ろう

 日本と中国の茶道文化を紹介する展示が、VIC州立美術館(NGV: National Gallery of Victoria)で4月15日から開催される。日本に茶道が持ち込まれたのは奈良・飛鳥時代。日本の仏僧が、唐王朝の中国から製紙技術や印刷技術とともに持ち帰った。
 展示会では、NGVや個人が所蔵する、掛け軸、屏風、茶道具、茶碗、禅画、書道などを多数展示。唐王朝時代のものから始まり、日本の桃山・江戸時代の道具の紹介へと続く。さらには、茶道が現代の日本人デザイナーやアーティストに及ぼしている影響も垣間見ることができる。
 展示会のハイライトは、日本のインテリア・デザイナー、内田繁氏による現代風の茶室。漆黒のオークの木と竹格子から造られているこの茶室は、伝統的な日本の美学を表現したもの。簡素でありながら美しいという禅の精神を感じ取れるだろう。
 なお期間中は、裏千家によるティー・セレモニー(茶の湯)が4回にわたって開かれる。

UCHIDA Shigeru
Japanese 1943-
Mountain retreat tea house (Sankyo chashitsu)
2002 (designed), 2010 (made) Japan
polyurethane on stained Oak (Quercus sp.) (Nara) and Ash (Fraxinus sp.),bamboo, straw
231.0 x 284.6 x 284.6 cm
Purchased with funds donated by Pauline Gandel, 2010


Tea and Zen
会場:VIC州立美術館(NGV: National Gallery of Victoria),180 St Kilda Road, Melbourne VIC 3000
日程:4月15日-8月29日
開館時間:AM10:00-PM5:00(火曜休館)
TEL:(03)8620 2222
URL: www.ngv.vic.gov.au

Tea Ceremony
日程:5月23日(日)、6月30日(水)、7月25日(日)、8月25日(水)
時間:PM12:00-PM1:00

loading Google Map ...

関連記事

最新記事

墓巡り(3)

僕はアマンダの声を聞いて、すぐに聞き返した。 「うん。どうして?.....

墓巡り(2)

矢継ぎ早に聞く私に、フィオーナさんは、落ち着いた声で答えた。 「.....