Logo for fpkyoko

誰も聞きたくない話

 もしも自分に何かあったら・・・あなたの子供や資産はどうなりますか?

 こんなことは考えたことがないかもしれないですが、家族がいる方は得に考えておいて欲しいトピックです。今すぐにセットアップを進んでする方は少ないですが、知っておいて欲しい情報です。なぜならオーストラリアに移住した日本人にとって、家族が近くにいない場合、自分の資産の行き先を伝えておくことや子供の将来を誰かにお願いしておくというのは得に大切なことです。

► Will – 遺書を書く場合は、遺書の内容を実行してくれるExecutorが行動できることを確認しておきましょう。例えば自分のお姉さんを任命しておいて、彼女がアメリカに移住っという際は弁護士など他の方の任命を考慮できます。遺書は自分でも作ることができますが、状況が少しでも複雑になる場合は専門家にお願いするのがいいでしょう。

► Power of Attorneyというのは 金銭的、そしてその他の決定を自分の代行として行ってくれる人を任命し許可する書類です。これには二種類あり、違いを知っておくのは大切です。General Power of Attorneyは自分が動けない、行動できないような状況になった時には無効になります。Enduring Power of Attorneyは一生涯続くものとなります。

► Ending note – これは上記のように法的効果はありませんが、「自分のこれまでの道のりを伝えておきたい」「介護、医療についての希望や費用、お礼はこうしたい」「お葬式はこんな風にして欲しい」「お墓、納骨の希望」「妻、夫、子供、親友には伝えたいメッセージがある」「自分のペットは誰に世話して欲しい」「財産はどこにありどのように分けて欲しい」など自分にもしものことがあった時の為に書き残しておくノートです。遺書のように万が一のことがあっても家族が困らないというメリットの他に、日常生活の備忘録としても使え、さらに家族に対する自分の愛情を伝えることができます。

 

 葬式の資金としてFuneral Bondや生命保険を考慮するのも大切です。Funeral Bondは投資になっており毎月の積み立てが可能です。生命保険は葬式代以外にも家のローンや子供の教育費などもカバーするのが目的ですが、自分の持っているスーパーで加入することも可能なので、チェックしてみましょう。

 

 

 

ファイナンシャル・プランについてのご相談・お問い合わせは、
FP Kyoko までお気軽にどうぞ
電話:
03-9014 9678
Eメール: kyoko@wpaustralia.com.au
ウェブ: www.fpkyoko.com.au
コラム: www.gogomelbourne.com.au/columns/fpkyoko/

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

スマートリタイアメントセミナー無料ご招待

スマートリタイアメント

 

55歳以上 もうすぐ退職される方

リタイアされている方へのセミナー

 

オーストラリアの有名なファイナンシャルコメンテーターPaul Clitheroe と
遺産相続の弁護士Peter Bobbin
の二人のエキスパートがセミナーをします。

退職が近い方、リタイアされている方も、どのように賢くにお金の管理を出来るのか
ランチを食べながら勉強しましょう。

英語のセミナーですが、ファイナンシャルプランナー吉住京子がセミナー後に質問・相談を受けます。

 

 

日時:11月11日 (火曜日)午後12時30分〜2時30分 (セミナーは1時より)

場所:AMP Auditorium, 750 Colllins Street Melbourne

参加費:無料(一人$18ですが応募者の参加費は当社が負担いたします)

 

参加希望の方は11月3日までに
ウィルスプロテクション オーストラリア 吉住京子までメールか電話でご連絡ください。

kyoko@wealthprotectionaustralia.com.au

03 9014 9678

 

招待状のダウンロードはこちら

 

 

 

ファイナンシャル・プランについてのご相談・お問い合わせは、
FP Kyoko までお気軽にどうぞ
電話:
03-9014 9678
Eメール: kyoko@wpaustralia.com.au
ウェブ: www.fpkyoko.com.au
コラム: www.gogomelbourne.com.au/columns/fpkyoko/

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Money smart week

 9月の最初の週はMoney Smart Week です。金融リテラシーの重要性を促進し、オーストラリアの個人のパーソナルファイナンスを向上するのを目的としています。

 パーソナルファイナンスと言ってもいろいろな分野があります。クレジットカードやパーソナルローン、スーパー、保険、投資、estate planning、budgetingなどです。

 まず自分の資産を考えてみましょう。

 自分の家の価値,スーパー,投資、貯蓄、所持品など合わせると、どのくらいの資産が持っているか知っていますか?

 また自分の出費をうまくコントロールしていますか?

 ホームローンのある方は、銀行にいくら払っているか知っていますか?銀行から$200,000を借りた場合、25年の支払いではさらに$200,000ほど支払うことになります。月に$200多く支払うとローンを$19年に短くすることができ、インタレストは$133,000に下がり、$67,000ほどセーブできます。

 小さな積み重なりが将来に大きく影響します。

 マネースマートのウエブサイトは色々な情報が書いてありますので、ぜひチェックしてみて下さい。

https://www.moneysmart.gov.au

http://moneysmartweek.org.au/take-the-challenge/

 

 

 

ファイナンシャル・プランについてのご相談・お問い合わせは、
FP Kyoko までお気軽にどうぞ
電話:
03-9014 9678
Eメール: kyoko@wpaustralia.com.au
ウェブ: www.fpkyoko.com.au
コラム: www.gogomelbourne.com.au/columns/fpkyoko/

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

2014年オーストラリアの連邦国家予算案、自分にはどう影響しますか?

 2014年5月13日 にオーストラリアの連邦国家予算案が発表されました。

 

 

 どうなるかと色々なうわさが流れていましたが、打ち出された予算案はオーストラリアの長期にある負債を少なくして経済的に強い国家を作るための政策だといっています。

 さて、それはともかく、私たちにどう関係するのか、変更するポイントを見てみましょう。

♦ 2015年の7月より今まで無料だったBulk billingのMedical GP(ドクター)でも$7の自己負担の支払いが必要になりま
す。16歳以下、Concessionの方は最初の10回までこの支払いをしなければなりません。また医薬品価格も上昇するよ
うです。

♦ 今までは65歳からもらえていたペンション。需給年齢が2023年にむけ67歳まで引き上げだったのが、さらに2035年に向けて70歳に引きあがります。

♦ ペンションや障害者保護の支払いなどはレートの上昇率が下がります。

♦ 2015年の1月より25歳以上30歳以下で無職の場合、センターリンクからNew startやYouth allowanceなどの助成金を貰うまで6ヶ月待たないといけない。25歳以下にはこのサポートはなし。

♦ 7月1日より、6ヶ月以上無職の50歳以上の再就職を促進するよう、雇用者の賃金補助金が最高$10,000おります。

♦ 2016年から大学やTafeなど教育機関の資金の制限が緩和されます。ということは教育機関の好きなように授業料を上げ下げ可能。授業料が高くなる場合もありますね。そしてHECSの金利引き上げ。また$51,309以上の所得保持者は支払い義務あり。

♦ 116億ドルかけて西シドニーとメルボルンのEast West Linkインフラの向上。これは仕事が増えることを意味しています。

♦ 将来の生産性向上、道路の資金調達の持続可能な供給源を確立する ため2014年8月1日から燃料税導入。っということはガソリンが又高くなり、その為 物価の上昇も考えられますね。

♦ $180,000以上の所得の人は3年間更に2%の税金課税。高所得者は47%の税率となります。例えば$200,000の年収の場合、$180,000以上の$20,000に対して2%の税金がエクストラにかかるので$400の支払いになります。

♦ Family tax benefit Bの需給資格が厳しくなり、現在$150,000 Combine incomeまでもらえていたのが$100,000以下になり、今まで18歳までもらえていた助成金は一番下の子が6歳になるまでしか貰えないようになります。

♦ シングルペアレントの場合は子供が6歳から12歳の間は1年$750をもらえる。

♦ 2020年までに200億ドルほどの医学研究の将来基金を設立。これは$7の医療自己負担のうちの$5がこの資金に当てられます。

♦ 全体像 としては2024-25年までにGDPを1パーセント優に超える黒字を予測。

 

 この他にも様々な変更がなされ、特にCommonwealth Seniors Health CardやFamily Tax Benefit A & Bにはかなりの変更がされています。

 

 

 以上のことを見てみると、この予算案で子供のいる家族や学生、高所得者やリタイアメント層など多くの方が影響を受けると思います。多く税金を取られたり、今までの保護がなくなったり、少なくなったりすると思います。自分のプランを賢く作っていきましょう。

 

 

 

ファイナンシャル・プランについてのご相談・お問い合わせは、
FP Kyoko までお気軽にどうぞ
電話:
03-9014 9678
Eメール: kyoko@wpaustralia.com.au
ウェブ: www.fpkyoko.com.au
コラム: www.gogomelbourne.com.au/columns/fpkyoko/

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

投資-分散投資とは

 先日友達から「去年は20%くらい延びたらしいけど、ハイリスク、ハイリターンに投資したらどのくらい返ってくるの?」っと尋ねられました。

 リターンを考える前にまず目的と自分がどれだけリスクをとっても不安にならないのか、そしてどのくらいの期間で投資を考えているのかを考える必要があります。そして、どのくらいのリターンが欲しいのか、必要なのかのバランスをとっていきます。

 

 

 40前半の彼女の場合ビジネスを売ってあまった金$250,000は投資にまわしたいっと考えていました。結婚をしてローンもなく、売った後でもビジネスから毎週収入があり、ほとんど出費がないのでお金は要らないとのことでした。彼女はかなりのやり手ですが、皆様も貯蓄をしてどのように伸ばすことが出来るのか考えている方もいると思います。スーパーに入れてしまうとある一定の年齢にならないとアクセスできないのがデメリットですもんね。

 金融商品は色々あり、一つの投資に入れるのではなく、分散投資をしてリスクを下げるのが一般的なやり方です。分散投資といっても色々な考え方がありますが、違った方法や資産クラスに投資することなので、一つの投資にすべてのお金を入れないということです。

 

 

 彼女はIncome はいらないが、元金がへるリスクなどは追いたくないが、銀行の定期よりは伸びていって欲しい、またお金が自由にアクセスできる自由が欲しいとっという希望でした。

 そのような場合は 例えば、$250,000うち定期に$30,000は置いておいて、$120,000は元金と投資の伸び補償する商品にいれます。少し手数料は高めですが、毎年投資を始めたアニバーサリーの日にもし前年度より投資が伸びていたらそこでロックインします。毎年このようにアニバーサリーの日にロックインしていきます。落ちていてる場合は前年度のままで保証されているので落ちることはありません。こうして元金も伸びも保証していく商品です。そして$50,000はInsurance bondにいれます。10年置いておくと取り出しても税金がかからない商品です。残りの$50,000はファンドにいれます。ファンドもIncome を払うものやインドや中国に投資するもの、様々なオプションを選ぶことができます。

 

 以上のは例えなので個人によりケースバイケースで投資の内容など変ってきます。

 自分が投資を考えるときにはきちんと専門家に相談してくださいね。

 

 

 

ファイナンシャル・プランについてのご相談・お問い合わせは、
FP Kyoko までお気軽にどうぞ
電話:
03-9014 9678
Eメール: kyoko@wpaustralia.com.au
ウェブ: www.fpkyoko.com.au
コラム: www.gogomelbourne.com.au/columns/fpkyoko/

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

**日本の総合FPとの特別セミナーのお知らせ**

いつもコラムを読んでくださって有難うございます。
2014年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

さて2月5日水曜の午後6時半より特別セミナーを開催いたします。
今回は日本のファイナンシャルプランナー内山貴博先生を招いての日本のお金のこと何でも聞いちゃおうセミナーです。

 

 

内山先生はエコノミストなど様々な雑誌に執筆しており、DVDやご自分の本も出版されています。大学や大手企業のセミナー講師としても活動され、総合FPとして幅広く日本の皆様をサポートされています。

 

将来日本に帰るかもしれない・・・っというのはやはりオーストラリアに永住していても考えることだと思います。
もし帰るとしたら年金はどうなるの?日本の税金対策や所得、不動産購入など十分な知識はありますか?
やはり日本のことは日本のFPに聞くのが一番。この機会にどんどん質問してみてはどうですか?

 

 

日時:2月5日 6時半より

場所:Wealth protection Australia オフィスボードルーム
        Suite 4, 165 Cremorne St, Richmond (Cremorne)

参加費:WPAのクライアントさんは無料。 WPAクライアントではない方は$10頂いています。

要予約:kyoko@wealthprotectionaustralia.com.au にご連絡ください。

 

 

 

ファイナンシャル・プランについてのご相談・お問い合わせは、
FP Kyoko までお気軽にどうぞ
電話:
03-9014 9678
Eメール: kyoko@wpaustralia.com.au
ウェブ: www.fpkyoko.com.au
コラム: www.gogomelbourne.com.au/columns/fpkyoko/

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

新しいスーパーのルール

 スーパーへ積み立てをするのに上限があるの知っていますか? Contribution Capと呼ばれているものです。企業からの積み立てや自分の所得からSalary sacrificeする場合はConcession contributionと呼ばれていて今まで上限が$25,000です。 上限というのは、これ以上積み立てすると税金がどっさり(31.5%)とかかりよくないですよ!っという意味です。 個人積み立て(Non concessional contribution)のCapは$150,000です。これ以上すると46.5%の税金対象になってしまいます。

 

 

 ちょっと難しいですね。 簡単に言うと、Before taxかAfter taxかの違いです。

 会社からの積み立てやSalary sacrificeは税金を個人で支払ってないお金ですよね、なのでこれはBefore tax。所得を受け取り、税金を支払った後 個人で積み立てするのはAfter taxと覚えてください。

 

 

 さて、50歳以上の方は20122年まで$50,000できた Before tax contributionですが、過去2年間$25,000と下がってしまっていました。リタイアメントプランでスーパーへもっと多く積み立てして税金対策したいのに・・・っと思っていた方、今年度から59歳以上の方は$35,000出来るようになっています。又来年度、2014年の7月からは49歳以上の方も$35,000積み立て出来るようになります。

 退職が近くなっている方はこの新しいルールを使って、もっとスーパーへ積み立てして税金対策とリタイアメント計画が出来ますね。

 

 

 

ファイナンシャル・プランについてのご相談・お問い合わせは、
FP Kyoko までお気軽にどうぞ
電話:
03-9014 9678
Eメール: kyoko@wpaustralia.com.au
ウェブ: www.fpkyoko.com.au
コラム: www.gogomelbourne.com.au/columns/fpkyoko/

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

知っていますか? 1年間の車のコスト

 車・・・ 私も毎日乗っています。便利です。

 やはり大きい国なのでオーストラリアでは50%以上の人が車を持っています。1年間の車にかかる費用は$3,854だといわれています。QLDでは$4,108だそうです!これは車のローン意外のコストです。かなり高いですよね!? 私もびっくりしました。

 

 どの州に住んでいるのかによって様々な出費へのコストが違います。例えばWAは駐車料がオーストラリアで一番高いですが、NSWはTOLLが一番高く、1年間$336支払っているようです。QLDはNTよりレジストレーションが3倍ほど高いですが、NTとWAは車のサービス料金が他の州に比べ高いようです。統計を見てみるとVICはこれといって高い出費のカテゴリーは無いですが、やはり$3,800はかかるんですね

 

 

 又、メトロポリタンエリアの人は年に33回ガソリンスタンドに行くのに比べ、郊外の田舎では40回給油するそうです。田舎のほうの人は$400ほどもっとガソリンにお金をつかっているんですって。ガソリンが車の出費の40%を占めています。


 

 やはりどの州もガソリン代が高いようで1年平均$1552の出費です。これだけあれば電車のチケットが350枚くらい買えますね。さて、このガソリン代以外に、保険、駐車料、サービス、メンテ、レジストレーション、洗車やRSCVのようなサービスを考えると$3,500をゆうに超えるというわけです。夫婦で車を持っている人はかなり出費しているといえます。

 


 

 オーストラリアのような大きい国では車は欠かせない必需品です。小さめの車は大きい車に比べ、ローン、保険、ガソリンやDepreciatoin(減価)など1年で$2,800も違うそうです。それ以外にもガソリンの安い日に満タンに給油すること、無駄なキャンディーなどガソリンスタンドで買わない・・などちょっとした心がけをすると10年でかなりの大金がたまるかもですよ!

 

 

 

ファイナンシャル・プランについてのご相談・お問い合わせは、
FP Kyoko までお気軽にどうぞ
電話:
03-9014 9678
Eメール: kyoko@wpaustralia.com.au
ウェブ: www.fpkyoko.com.au
コラム: www.gogomelbourne.com.au/columns/fpkyoko/

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

癌の予防 治療

 先月に私の母がステージ3bの大腸がんになり、手術をしました。今まで病気もせず元気な両親を持っていたので、今回は家族みんなショックを受けました。

 今までファイナンシャルプランナーとしてトラウマ保険を総合的ファイナンシャルプランの一環としてアドバイスしています。クレームのお手伝いもしてきていますが、やはり今回のことで、病気になるとどれだけ当人、そして家族への精神的ダメージ、お金のストレスなどあるのかを再度認識させられました。

 私は医者ではありませんが、色々と癌対策のリサーチしましたので、今回は皆さんに癌の予防や治療に何ができるのか私のリサーチから話が出来たらと思っています。

 

 医学が進み、知識もあふれている中、癌になる人の数は増え続けています。2020年には二人に一人が癌になるといわれています皮膚がん、肺がん、乳癌、大腸がんなど、さまざまな癌がありますが、癌は体全体の病気です。私たちみんながん細胞を持っていますが、免疫力が落ち、抵抗力が無いとがん細胞が広がります。癌というのは10年、20年前からの悪い生活態度やストレスの蓄積が理由になるようです。又、体の中でも弱い部分に現れるようです。母の場合は盲腸(虫垂炎)の手術をしてその周りのリンパもとっているので、その近くの大腸に癌が現れた理由の一つかと思われます。

 母は手術はしましたが、抗がんをしたくないという意思を尊重し、免疫力治療をしています。

 この治療は食事と生活改善で行うものです。

● 深呼吸
● 食べ物、飲み物
● サプリメント
● 運動
● ストレス解消

 

 まずは深呼吸。ガンは酸素に弱いと聞いたことはありますか? 呼吸を深くすることで酸素が体に入り、これがリンパ節を活性化させます。リンパ節は新しいリンパ球や免疫抗体を産生し、細菌や異物を処理しています。深呼吸を1日3回、10回ずつすることで痩せるともいわれています。アメリカでは運動選手はガンになる確率が7人に1人。現在言われている2~3人に1人とはかなり違う統計です。

 

 

 食べ物、飲み物では、砂糖や塩を避けることが厳守となっています。野菜中心の食事でにんじんジュースはかなり評価を高くうけています。年中りんごやバナナがスーパーで買えるほど便利になりましたが、青い間に収穫され出荷の前にガスで色をつけるなど私たちが食べている野菜やフルーツの栄養素は昔に比べかなり減っています。旬のもの、地元のもの、オーガニックのものがいいようですね。それでもバランスよくミネラルや栄養をとるのは難しいので、サプリメントなどで食事からとりにくい栄養をとるようにしています。

 

 

 運動やお風呂で汗をかくのも大切ですね。毎日の運動でさまざまは病気になる確率が半分になるともいわれています。最後にメンタル面で強くなるように、ストレスをためないように自分に合ったストレス発散方法も身につけてください。

 

 いつ、どこで何がおこるのか分からないので加入できる間に保険加入は必要ですが、病気にならないのが一番です。健康な体作りを心がけていきましょう。

 

 

 

ファイナンシャル・プランについてのご相談・お問い合わせは、
FP Kyoko までお気軽にどうぞ
電話:
03-9014 9678
Eメール: kyoko@wpaustralia.com.au
ウェブ: www.fpkyoko.com.au
コラム: www.gogomelbourne.com.au/columns/fpkyoko/

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ビジネスに興味がある方へ パート2

 最近Mark Bourisの“What it takes”という本を読んでいます。ビジネスやSelf developmentの本は大好きでよく読むのですが、ビジネスを始めたい方、大きくしたい方はいろいろな情報をとり入れるのが必要ですね。

 

 

 5月の記事でベーシックなことを少しカバーしましたが、ビジネスを始めることを決めた後、どうスタートするのか、私の経験からお話しますね。

 

 まずどの形態で経営するのか決めます。会社をセットアップとなると、登録に$600から$1,200ほどかかり、また税金のレートも30%です。収入のレベルにもよりますが、一番最初は個人経営、Sole traderが簡単ですね。ということはABNが必要です。これはOnlineで登録できます。

 又、ビジネスの名前、これも他のビジネスとかぶらないように、サーチして登録する必要があります。

 その際にDomain nameも探して、Business nameと合うものがあるのかサーチします。ビジネスによって例外はありますが、ビジネスネームとドメインネームは同じが分かりやすいですね。又、オーストラリアでのビジネスの場合は.com.au、インターナショナルでする場合は .comを登録するのが一般的です。ビジネスの規模にもよりますが、将来競争相手など出てくる可能性を考えて、二つのドメインネームを持っていてもいいと思います。Domain nameは1年、2年契約などで買うことが出来ます。

 Domain nameですが、GoogleのKeyword toolを使い、どのくらいサーチの件数があるのかもチェックできます。自分が「いいアイディアだ!」と思っていても、他の人がそのサービスや商品を探していなければビジネスにはなりません。

 又、マーケットリサーチをして、自分のビジネスアイディアが成功するであろう裏づけも取る必要があります。その際にAustralian Bureau of Statisticsは役立ちますね。

 

 

 このようなリサーチはビジネスプランに盛り込みましょう。その他、最初にかかるコストや、Ongoingのコスト、どのくらいの収入があるのか、またマーケティングの仕方なども考えます。

 ビジネスプランがきちんとあると方向性がしっかりしているので、このようにDomain nameやビジネス形態を考える際にも役に立ちますね。

 

 

 

ファイナンシャル・プランについてのご相談・お問い合わせは、
FP Kyoko までお気軽にどうぞ
電話:
03-9014 9678
Eメール: kyoko@wpaustralia.com.au
ウェブ: www.fpkyoko.com.au
コラム: www.gogomelbourne.com.au/columns/fpkyoko/

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  2  3  4  NEXT    

関連記事

今週の最新、お得セール情報!!
-18度まで対応の寝袋が$14.99!! ホンマに!?
【DUCK DUCK GOOSE】一夜限りのスペシャルコースをあなたに
★総勢55名様にプレゼントGETのチャンス★
生焼きそば大特価!
手軽で簡単、しかも安い!6月の市場ジャンクション大特価第2弾!!
ICHIBAの正直プロダクト vol.01
大人気の胡麻ドレッシングを特価でご提供!
GO豪メルボルンクラシファイド!
無料で利用でき、登録不要で超便利!

最新記事

週末どこ行く?何をする?3月第4週
今週末のメルボルン ★3月24日(金)~3月26日(日)
週末どこ行く?何をする?3月第3週
今週末のメルボルン ★3月17日(金)~3月19日(日)
緊急セミナー 「ARITIME SECURITY CHALLENGES IN THE ASIA-PACIFIC」
元海上自衛艦隊司令官・香田 洋二氏講演
週末どこ行く?何をする?3月第2週
今週末のメルボルン ★3月10日(金)~3月13日(月)
各コンテスト受付開始・ラッフル景品も確定
ラッフル景品・例年の倍以上