観光・楽しむentertain

3カ月でオーストラリアを1周する方法round_aus

12-13 / 87days -Go West!!-

3カ月でオーストラリアを1周する方法

写真が趣味の僕は、ワーキングホリデーで渡豪して1年半。目標の一つであったオーストラリア一周の旅をするなら今しかない!山あり谷あり海あり砂漠あり、もうなんでもありのオーストラリアを、生まれて初めてのマイカーで旅した3ヶ月。写真満載で約30回に渡ってお届けします!

 

 朝がやって来た。天気はゆるやかに崩れていくが、気にしない。今日は特に観光の予定もなく、ひたすら西へと走行するのみ!ナラボー平原の西端の町Norsemanまでは1132キロ。2日で行ける距離!かなぁ。とりあえず今日中に行ける所まで。

 などと考えてるところに、これぞ!といったファンキーな看板が登場!ドン!いやぁ初めて見ましたよ、ラクダ注意の看板。

この艶めかしい四肢、躍動感が恐ろしいぐらいに伝わってきます。ナイスな絵心だ…。カンガルー、ウォンバットの存在感をここまで消してしまうラクダ…ナラボー平原を抜ける前に一目お会いしたい!

 

  

 そんなこんなでボーダーへ。Border Villageというそのままの名の州境の村。何があるわけでもなく、ロードハウス(ガソリンスタンド、パブ)が一つあるだけ。
あとはでっかいカンガルー。ここで給油し(高い!)、いざ州境へ。

ここでも検疫が行われる。もはや経験者の僕たちを阻むものはない。そもそもあまり食料を持ってなかった我々はノーミスで通過。お世話になってます、辛ラーメン様!

 

 ここで時差の話。SAとWAにはサマータイム適応時、2時間半の時差があるわけです。これを一気に戻すのもなんか急すぎるので。
SAからWAへナラボー平原を通って行く場合、州境でまず1時間45分時計を戻し、西へ350キロほど行った地点でさらに45分戻す、といった方法が採られているみたいです。これぞオーストラリア。hugeな国です。

 ここで一気に1時間45分得しちゃった!行ける所まで行く!…と意気込んだものの、数時間後には疲れたので終了。

ロードハウスが転々としかないので、給油と宿泊は計画的に。

ナラボー平原。あまりに周りに何もなく、風が吹き荒れているので、今夜は初の車中泊。うーん。可もなく不可もなく。辛ラーメンはうまかった!


 
 翌朝、天気は回復に向かう。空に青が広がっていく中、早めの出発。今日で越えてやる!…と意気込んだものの、ぼーっとしたままのドライブは続く。ほんっと何もないな。ラクダおらんし!とはいえ昨日の続きの時差変化ポイントを通過し、名実共にWA入り!な気分。

 

 と、ここで次なるファンキー看板が。90 Mile Straight! Australia’s Longest Straight Road!! 146.6km!!!!いやぁ待ってました。話は聞いてました。噂に聞いていた、146キロの直線が今僕の前に立ちはだかっている。そそくさと記念撮影をし、そそくさと車に戻り、颯爽と進む。

 

 本当に真っ直ぐなんやなぁ…。と思いながら最初のうちはアクセルを踏みこんでいたけど、クルーズコントロールをオンにしてからはそれもなくなり…。ただハンドルを握るだけ…。

あぁ…退屈だ…。

同乗者も寝るし。ラクダがどこからか現れて併走してくれてたら楽しいのに…。たそがれながらハンドルを握っていた一時間とちょっと。いい経験だったなぁ…。その後、最初のカーブでハンドルを回した時のすごい違和感もいい経験。

 

 ひたすらまっすぐな道とぐにゃぐにゃな道。どっちがいいんやろうなーとか考えながらのドライブ。まぁ景色が良ければどっちでもいいか!という結論に至ったころには、この長かったナラボー平原にも終わりが訪れていました。

ナラボー平原の西の端、Norsemanという町に到着。長かった!でも底知れぬ満足感!やってやった!という気持ちでいっぱいな僕らを待っていたのは…ラクダ。トタンで出来た、その名もTin Camel。やっと会えたね^^

 

っておーい!!…とノリ突っ込みをしたくなるクオリティのラクダたち。でもいいんだ。君たちは、運転しっぱなしで疲れてた僕の心を癒してくれたぜ。日曜日だからか、人っ子ひとりいやしないから、存分に君たちと戯れる事ができたぜ。これからはWAを楽しむことにしよう。さらば、ラクダ!とナラボー平原!

 


走行距離・・・1505km
総走行距離・・・5870km

コメント

関連記事

最新記事

人探し(20)

病院の受付で院長に会いたいと言うと、すでに院長から連絡があったよ.....