イベントインフォevents

イベントレポートreport

韓流ミュージシャンがメルボルンに集結! 

大人気の音楽番組「Naneun Gasuda」公開収録に潜入!

2011年10月14日掲載

 

10月12日(水)午後7時、メルボルンCBD南にあるシドニー・マイヤー・ミュージック・ボウル。

メルボルン中の韓国人がすべて、

ここに集まった、

と言っても過言ではない。


(多分ちょっと過言だけど)



なぜなら、この日、

 

今韓国でもっとも人気があると言われ、毎回20%前後の視聴率を誇る音楽番組

 

Naneun Gasuda - Survival I am a Singer」の特別公開収録が



行われたから。
 



オーストラリアと韓国の友好50周年を記念する今年、




「どうしてもこの番組を、メルボルンで収録してほしい!」



というオーストラリア観光局のたっての願いで、実現したこのイベント、


どれくらいすごいか、というと…

 

 

 

日本で言うなら

 

平井堅とアンジェラ・アキとミスチルとドリカムと宇多田ヒカルと安室奈美恵とUAと和田アキ子

 

をいっぺんにメルボルンに連れてきた



と思っていただければ、わかりやすいだろう。(たぶんですが。)

 

 

 

今回来豪したのは


日本でも放映、人気を博したドラマ



天国の階段



…の主題歌を歌った



キム・ボムス



 

イ・ソラ、YBバンド、パク・ジョンヒョン、キム・ヨヌ、バビー・キム、イン・スニ、チャン・ヘジン…


と、


韓国屈指の実力派歌手が14人!

 


 

で、このあまりのスゴさに、


韓国コミュニティーでは、


もともと抽選等により無料でプレゼントされていたチケットが、欲しい人が続出したために


なんと最高


500ドルぐらい
 


でやりとりされていたというようなウワサも…。

 




そんな韓流好きにはよだれモノなイベントへ

GO豪メルボルン編集部が潜入取材を決行!!



 

会場周辺。
チケットがなくて入れないけど、野外音楽堂なので音だけでも聞こうと
外でピクニックする家族連れや、友達連れがうろうろ
 

 

 



会場ぎっしり! これを観るために、ツアーを組んでわざわざ韓国からやってきた人も
 

こちら観客に配られた「投票用紙」。


この番組、7人の出演者がそれぞれ1曲ずつ歌い、いいと思った歌手3人を観客が選んで投票するという形式で、
もっとも投票数の少なかった出演者は脱落してしまうというシビアなシステム。

今回はメルボルン収録のため、今シリーズと前シリーズの出演者それぞれ7人ずつ、計14人が出演という

超・超豪華特別番組。





ついにスタート! のっけから立ち上がり

 

老若男女みなノリノリ

   
おじいさんも熱狂!                           プレゼントのDVD当たった席近くのおねえさんピース



すいません、歌手の写真はウェブ掲載するとパクられて悪用される可能性がある、というので、
プロデューサーの方からダメが出てしまい…。
このようなお写真ですが…残念。




出演者全員集合! 観客の歓声は頂点に
 

真剣に3人を選ぶ筆者。

GO豪スタッフも、韓国語でまったく歌詞は分からなかったながらも、出演者みなすばらしい歌唱力でどれも甲乙つけがたく。
楽しみました。
 

3時間の熱狂のあと、セントキルダ・ロードは興奮冷めやらぬまま帰路につく韓国の人々で、しばしの間埋め尽くされたのでした…。

 

 

……

 

翌日、同番組のプロデューサー、シン・ジョンスさんに滞在先のホテルでインタビューしたところ、


今回のイベントはなんと出演者のほかにもバックバンド、オーケストラそのほかのスタッフ含めて


このたった一日のイベントのために


総勢180人でやってきたとか。

 

メルボルンの観客は普段の収録に劣らず



大盛り上がりで大成功の収録となったとのこと。


ちなみに同番組、



日本やアメリカからも


「現地収録しないか」


とラブコールがかかっている真っ最中だそう。

 

 

「すでに日本で人気のあるKPOP、JPOPグループだけではなく、

まだ国外では知られていないながら、

真に実力のある日韓のミュージシャンたちに、もっと交流していってほしい」



というプロデューサー、ジョンスさんの希望が実現する日も、いつかくるかもしれないなと思った、韓流音楽体験でした。

コメント

関連記事

JazzHead

秋の空とJazzsinger Kristin Berardi

最新記事

船旅(20)

 ニールは船長はまだ出航したばかりの船の操縦で忙しくしていること.....

船旅(19)

部屋に戻ると、光江はバルコニーに出て、船の周りを見た。外はもうす.....

船旅(18)

「どうしよう、どうしよう」とつぶやきながら、光江は右手を顎に当て.....

船旅(17)

 翌日の午後9時に船は香港を離れ、日本に向かうことになっていた。.....

船旅(16)

ニールが船長に会うと、船長は「リチャードーさんは5時過ぎに来まし.....