イベントインフォevents

イベントレポートreport

Team Ehime がメルボルンを訪問

IYOKAN を新たなブランドに

2018年11月28日掲載

 

愛媛県柑橘類の魅力をオーストラリアに広めようと、「Team Ehime」が10月24日~27日、メルボルンを訪問しました。
メルボルンのレストランやCafe、食材店の視察、コーヒーや日本酒とコラボしたワークショップの開催、地元シェフ達との伊予柑を使用したメニューの作成などに精力的に取り組みました。


メルボルン最終日には、Richmond の Deko Boko Cafe にて、伊予柑ジェラート完成お披露目イベント「Iyokan Spring Campaign in Melbourne」を開催しました。


店内では、愛媛の農林水産物統一キャッチフレーズ「愛媛産には、愛がある。」の大バナーが目を引きます。

 

愛媛県のイメージアップキャラクター「みきゃん」が見守るなか、地元シェフの協力のもと完成したばかりの「伊予柑スフレ」が販売されていました。

 

愛媛県の温暖な気候・風土が柑橘類に適しており、豊富な種類を作ることができるとのこと。
この日は柚子冬橙伊予柑邪払 の4種類の果実を紹介。
ミネラルウォーターや炭酸水で割って、お酒好きの人には「伊予柑ジントニック」などカクテルとして提供されました。



ほどよい酸味と甘み、さわやかさに地元の人たちも「おいしぃ~」と感嘆の声をあげました。


産地愛媛にも興味を引かれたようです。


完成した伊予柑ジェラートは、全豪販売を展開していく予定となっています。



北原亮シェフ の The Crux & Coでは、ほうじ茶パンケーキ、苺と伊予柑のソース添えを11月1日より夏メニューとして提供開始しました。


愛媛県は、昨年8月に開催された「Experience Japan In Melbourne」に参加、オーストラリア進出の手応えを感じたとのこと。
まず柑橘類の輸出拡大、とりわけ伊予柑をアピールしていく方向だ。

日本の柑橘類では柚子が先行し、「Yuzu」として認知され、好んで使用されている。

「柚子は華やかなイケメンです。それ自体に引き付ける華があります。その例えで言えば伊予柑は控え目な美人です。誰とでも合う。人を立てる。つまり、色々なものと組みあわせて、その良さを引き出してくれるということです。つき合えばつき合うほど良さが分っていただけます。」

伊予柑が 「Iyokan」として新たなブランドとなる日を期待しています

文・写真:矢部勝義

 

 

コメント

関連記事

最新記事

船旅(12)

ニールは、「リーさんですか?」と聞くと、相手の男が頷くのを見ると.....

船旅(11)

ニールが出かけた後、一人で今日は何をしようと迷った。ニールが言っ.....

船旅(10)

気が落ち着いた所で、光江はニールに聞いた。 「で、私は、どうすれ.....

船旅(9)

光江は、「アマンダの連絡先なんて、旅行の申し込み用紙にも書いてあ.....

アクセスランキング

  1. アニマガ2019開催
  2. 大阪観光誘致プロモーションイベント
  3. ラグビーワールドカップ開催にあたり「Izakaya」開催!
  4. メルボルン10月のイベント
  5. アニマガ2016コスプレ体験記

トップ20リストへ

人気の記事