メルボルン シティ マップ
あなたのオーストラリア留学を応援します!

グルメgourmet

カフェ検索cafe

日本でも大人気!リコッタパンケーキがお勧めの店☆

Proud Mary、Collingwoodの超人気店☆

2012年7月5日掲載

 

週末には2時間待ちの店もあるという、日本で最近大人気のリコッタパンケ-キ。
ブームの火付け役はシドニーのスターシェフ、ビル・グレンジャー氏とも言われている。

 

そんななか、メルボルンでもとってもおいしいリコッタパンケーキがあると聞きつけ、早速行ってみることに。

 

Smith Street から少し入ったところにあるカフェ、Proud Mary。


あまり人通りが多い通りではないのに、平日の朝も店内はほぼ満席。週末は40分程の待ち時間もあるとのこと。メルボルンではめずらしい。

 

早速噂のリコッタパンケーキをオーダー。


ふわふわ~。

見ているだけで幸せな気分に。口に入れると、見た目どおりふわっふわの食感。

ふんだんに使われたリコッタチーズが生地に甘くさっぱりとした風味を加え、そこにマンダリンとチョコレート、メープルシロップの濃厚ながらフレッシュな甘みが見事にマッチ。
 


これは本当においしいっ!!!!



どうしてこんなにおいしいの?どうしてこんなに人気があるの?
オーナーのNolanさんの答えは、おおげさに聞こえるかもしれないが、少し感動してしまうものだった。

 

"We are here for a reason"

僕たちがここにいるのには理由があるんだ。


 

お金儲けのためではなく、最高のコーヒー、最高の食事、サービスをコミュニティーに提供するために自分たちはここにいる、というNolanさん。そのコーヒーへの知識、情熱はすさまじい。年に1度はパナマなどのコーヒー豆産地に出向き、何箇所もの農園に直接足を運ぶ。生産者と直接会い、話を聞き納得のいった豆だけを仕入れる。今年の3月に収穫された豆のコーヒーがすでにカフェで出されているのも、そんな努力があるからのこそ。

フードに関しても同じ。月に一度は農場をスタッフとともにまわり、最高の食材を探す。
 

  
(右)Nolanさん一押しのコーヒー2種類。1.コスタリカ産'Las Lajas' Perla Negra natural process。Nolanさん曰く、飲んだ瞬間にトロピカルフルーツハットをかぶりながら南国の鳥と一緒にトロピカルフルーツを食べてるところが頭に浮かぶと(笑)。2.パナマ産'Don Pachi' Geisha。コーヒー通の間でブームのGeishaコーヒー。その中でも最も品質がよいといわれるDon Pachi農園産。特徴的なゲイシャ・フレーバー、またそのフルーティーなアロマは、これほんとにコーヒー?!と驚いてしまうほど。



「生産者が僕らと直接話すことでそこにフィードバックの場ができ、コネクションが生まれ、品質向上に繋がる。僕らも生産者の顔を知ることで、その人たちが一生懸命作ったものを最高の形でお客さんに出そうという情熱が生まれる。だから僕らは生産者との繋がりを大切にしているんだ。」


お客さんに対してとことん正直でいたい。自分が提供している食べ物、飲み物がどこから来て、どういった過程で今このテーブルに出されているのか。それを自信を持ってお客さんに伝えられるように、努力はおしまない。

そんな思いを持つNolanさんはとても楽しそうで、そして真剣で、お店の名前の由来の歌"Proud Mary" の歌詞 "I’m proud of what I do♪"のように自分の仕事に誇りをもっているのだなと感じた。

  
(右)昔はDJもやっていたというNolanさん。カフェで流れる音楽も本格的。

 

そんなNolanさんの夢は、いまのカフェスペースを拡大し、ガラス張りのコーヒーローストスペース、コーヒー教室などを持ち、自分たちの持っている知識をコミュニティーに還元できる場を作ること。

 

「僕たちはすごい努力をして最高のものをお客さんにだしているけど、その技術はみなに知られないまま。そんなんじゃもったいないから、みんなとその知識をシェアしたいんだ。僕は自分の持っているものを他の人に見せることを恐れない。このカフェを通して世界を変えるという大きなことを考えているわけではなく、僕たちがお手本になって、それをまねしてくれる人が増えて、コミュニティーが少しでもよいものになってくれたらって思ってるよ。」


こんなNolanさんに魅せられて一緒に働くスタッフも、自分たちの仕事に対して真剣な人ばかり。取材中も気さくに話しかけてくれ、コーヒーについて熱く語ってくれた。また紅茶に詳しいスタッフ(Nolanさんの奥さんはコーヒーを飲まないため(笑)Proud Mary では本格的なお茶も種類が豊富)、Nolanさんと7年以上一緒にいるヘッドシェフも働いている。Proud Maryの人気の秘密はこのへんにもありそうだ。

 

Pround Mary

住所: 172 Oxford St Collingwood
営業時間: 月-金 7am~4pm、土・日 8am to 4pm、Public Holidays 7am~4pm
TEL:(03) 9417 5930
WEB: www.proudmarycoffee.com.au

 

loading Google Map ...


取材後記
自分の持ってる知識をたくさんの人に広めたい。そんな言葉通りProud Mary のHPにはコーヒーのおいしい入れ方が動画入りで丁寧に公開されている(www.proudmarycoffee.com.au/?page_id=15)。またコーヒー産地や農場訪問の様子もブログから知ることができる(www.proudmarycoffee.com.au/?cat=4)。世の中のおいしいもの、すばらしいものをお客さん、コミュニティーに知らせて行きたい。そんな思いはわれわれGO豪スタッフも同じ。今回Proud Maryを直接見て知ることで、Go豪メルボルンもこのProud Maryを自信を持って読者の皆様にお勧めしております☆

関連記事

Nataraj Restaurant

ダイエットの敵!でも甘くて美味しくてやめられな~い!

Cafe giraffe

メルボルンではめずらしい?かわいい女の子カフェ。

Dairy Bell

この甘味であなたもオージーの仲間入り!

Von Haus

チャールズ・ディケンズの描いたような世界が広がる小さなカフェ

Caffe e Tolta

お客が途切れないことが証拠。本当に美味しいコーヒーを。

最新記事

ピアノ熱(3)

断られることを覚悟しながら文子は誘ったのだが、スティーブは顔を.....

アクセスランキング

  1. 2017 Precipice Willow Lake Pinot Noir
  2. 2017 Marlow Pinot Noir
  3. 2016 A Mano Binaco
  4. JFC 「FOOD & SAKE EXPO 2018」開催します!
  5. 全出展者紹介

トップ20リストへ

人気の記事

SHYUN RAMEN BAR

こってり好きな人は要チェック!嬉しい特典つき!