グルメgourmet

GO 豪 グルメ・ワールドshopping

HOWARD'S FINE FOODS

職人技が発揮された“美味しいお肉”をどうぞ

2009年5月25日掲載

HOWARD’S FINE FOODS GOURMET BUCHERS

いわゆる“ブッチャー(精肉店)”と聞いて想像する店とは全く異なる雰囲気を持ち、まるでカフェに来るかのように次々と客の舞い込んでくる精肉店があった。場所はシティよりトラムで40分程度、ハイ・ストリート(High Street)沿い。何とも異様な表現であるかもしれないが、“清潔感漂う精肉店”なのである。血なまぐさい臭いがするわけではなく、グロテスクな肉の塊が目に入ることもない。壁には、世界のブッチャーのみを撮影したというモノクロ写真が並び、雰囲気はカフェさながら。

店内には軽快なBGMが響き渡り、鼻歌を歌いながら肉をさばいていくTony氏。その姿からしても、彼がブッチャーだということを想像するのは難しい。シティにあるわけではなく、しかも平日の昼間だというのに、次から次へとお客が舞い込んでくる。人気の秘密は何なのだろうと観察してみると、それはやはり“商品”と、それを安心して購入してもらうための“知識”であった。



牛、豚、鶏、羊、どの肉に対しても言えることであるが、ここで売られている肉は“下ごしらえの済んだ状態”なのである。この肉をどのように調理するとして も、購入者は‘好きな大きさに切るだけ’か、‘味付けをする’か、‘焼く’だけである。余分な脂はきれいに切り落とされ、良い脂はそのまま残し…私達がま な板の上で行う作業はほぼ残されていない。



それから実はTony氏、昔はシェフとして活躍していたそう。“良いものを見分けて購入し調理する”立場側から、“良いものを売り、皆に調理を楽しんでも らう”立場側へと転身したというわけだ。そんな彼だからこそ、私達買う側にしてみれば心強い。たとえば今夜のメニューが決まっていない時でも、ここへ立ち 寄り彼に尋ねてみるとしよう。即座に彼は答えてくれるだろう、今日の商品の状況、そしてそれを使った調理法…更に言えば調理時間にいたるまで。同じ肉でも 部位によって調理法も変わってくるし、調理時間も重要になってくる。そんな時、知識と経験のある彼の口からアドバイスをもらえるのは本当に助かるのではな いだろうか。

また、Tony氏がプロデュースしている商品達にも注目。こちらは肉の調理に役立ちそうな商品ばかりで、カレー・ペーストやソースなど、健康面にも気を使った内容となっている。

そして実は、彼と親交の深い武村氏もここで作業している人の一人だ。武村氏が皆に提供するのは“和牛”。オーストラリアでも着実に知名度、人気ともに上がっている“和牛”を、この場でさばき商品化している。もちろんこの場で購入も可能であるが、武村氏が店頭で作業しているのは毎週木曜日12:00から16:00という限られた時間であるため、和牛を目当てにしている方は、その時間を狙って足を運ぶのをおすすめする。


カレーペースト $6.95
味もマイルドから激辛まで揃っており、肉の種類でも使い分けたいペースト。
この他に、各種ソースやレモン漬けニンニクも揃っている。

Tony’s Own Producuts
http://www.tonysown.com/store/Default.asp

HOWARD’S FINE FOODS
TEL:03 9885 6879 
住所:1614 High Street, Glen Iris VIC 3146
営業時間:月ー金 7:00-17:30
     土 7:00-12:30
定休日:日

loading Google Map ...

関連記事

Korea world

オーストラリアで最大級の韓国グロッサリー!!

最新記事

人探し(28)

 君枝と聡を駅へ送っていく道中、正雄は 「一度、聡さんと二人でオ.....

人探し(27)

 藤沢は、家に帰るなり、君枝に今日の会談について聞かれ、ありのま.....

アクセスランキング

トップ20リストへ

人気の記事