動くGO豪メルボルン
あなたのオーストラリア留学を応援します!

インタビューinterview

観光・楽しむentertain

なるほど・ザ・メルボルン Mr. John Tour John Milanese氏 インタビュー(改訂版)

メルボルンで一番有名なオージー(自称)登場!!

2010年07月20日掲載
 



 【プロフィール】
John Milanese
1984年 ラ・トローブ大学卒業。政治と法律学の専攻。公務員3年間と銀行員1年半の仕事した経験があります。
1987年 日本にはじめて行って2年半東京と千葉に住んでいました。 私立中学校の英語教師として主に帰国子女に英語を教えていました。
1990年 オーストラリアに戻って日本語教師の資格を取りながら、日本人ドライバーガイドの仕事をしました。
1992年 メルボルン大学で日本語・英語の教員の資格を取りました。
1993年 宮崎県の小林市に行って国際交流員という仕事をしました。
1995年 日本の方言の紹介という冊子を出版しました。おまけに旧薩摩藩に近い西諸弁を研究して冊子という形で英訳しました。オーストラリアに戻りもう一度ドライバーガイドとしてがんばっていこうと決めました。
1998年 独立してなるほどザメルボルンという日本語ツアー会社を作りました。
 

インタビュアー:長谷川 潤、小泉 京子

 

--ジョンさんはメルボルン一有名なツアーガイドですが、ガイド経歴は何年ですか?

 『Mr. John Tour』を始めてお蔭様で12年目に入りました。その前は、4年間こちらのツアー会社でドライバーガイドをしていました。

 

--日本人の数はどうですか?

 今の時期は夏休みなので大学生は多いですが、観光客の人数はそんなに多くないですね。12年前に比べると大分少なくなりました。

 

--『Mr. John Tour』にガイドは何人いらっしゃいますか?

 日本語を話せるオーストラリア人ティムさんとジョンさん(MR JOHNじゃなくて)がいます。もちろん、僕もガイドとしてツアーに出ますよ。昔の私の写真を見てツアーに参加される人の中には驚く方がいらっしゃいます。そういう時は「僕はジョンのパパだよ」と言っています(笑)。

 

--ジョンさんのお客さんはやはり日本人が多いですか?

 そうですね。ほとんど日本人のお客さんが多いですが、友達と参加する韓国人や中国人、オーストラリア人の方もいます。要望があれば、もちろん英語でガイドもしますよ。他には、今年2月初めに「世界不思議発見」のテレビ取材でメルボルンにいらっしゃった方々をツアーにご案内しましたよ。

--特にどのツアーに人気がありますか?

 ポートフィリップ島のペンギンパレードは人気があります。最近グレート・オーシャン・ロードツアーも人気を呼んでいますし、地元のおいしいワインを飲みたいならYARRA VALLEYを勧めします 。ポートフィリップ島のペンギンパレードは人気があります。夏の2月頃であれば、グレート・オーシャン・ロードツアーですね。

 

 


 

--ずばり、ジョンさんのツアーの特徴は何ですか?

 僕ですよ。メルボルンで一番有名なオーストラリア人! あとは、少人数制で、日本語を話せる経験豊富な地元ガイドがご案内することも特徴ですね。 とにかく、お客様に満足していただけるように心がけています。嬉しいことに、参加者の皆様からはお礼のメールをたくさんいただいています。

 

--ジョンさんのツアーに参加したい場合、どのように予約すればよいですか?

 インターネットと電話で受け付けています。今はインターネットでの予約が7割を占めています。旅行代理店からツアー予約を受けることもありますね。

--ジョンさんはなぜそんなに日本語が流暢なのですか?

  英語教師として、2年半東京と千葉に住み、その後、宮崎県で国際交流員として2年間働きました。約5年間日本に在住しました。またメルボルン大学で日本語教師の資格を取得しました。

 

--なぜ、メルボルンで自身の日本語ツアーを始めようと思ったのですか?

 型にはまった、その場所を案内するというツアーでなく、お客様の要望に柔軟に対応できるツアーをしてみたかったからです。また私はメルボルン育ちですので、私のおすすめの場所を私独自のスタイルで、案内したいという強い気持ちがありました。

--最後にメッセージをお願いします。

  メルボルンは魅力あふれる素敵な場所ですので、ぜひ遊びにいらしてください。その際には私、ジョンがあちこち喜んで案内します! よろしくお願いシモンデ! ヨカヨカ!


 

Mr John Tours (ミスター・ジョン・ツアーズ)
URL: http://www.mrjohntours.com
E-mail: info@mrjohntours.com
電話/
(03) 9399 2334

関連記事

最新記事

ピアノ熱(3)

断られることを覚悟しながら文子は誘ったのだが、スティーブは顔を.....