ライフスタイルlife

スポーツsports

サッカー日本代表 決戦前夜

日本代表公式インタビュー&最終練習の様子をたーっぷり!

2009年6月17日掲載
 

サッカー日本代表 決戦前夜

W杯サッカー最終予選 日本対オーストラリア

16th June, 2009 @ Melbourne Cricket Ground 

 

午後6時半から岡田監督のインタビューがMCGであった。その後、7時20分から日本代表の最終練習があった。

Canon EOS 5D MarkⅡ プログラムAE シャッター速度1/125秒  絞りF6.3 
スポット測光  ISO感度 2000 AWB  画質圧縮率 JPEG レンズ EF70-200mm f/2.8 IS USM



<岡田監督インタビュー >

「オーストラリアは、主力メンバーを数人、欠いている。平均的に選手のレベルが高いチームであり、そう簡単に勝てる相手では無い。明日の戦いはシビアなものになるだろう。ワールドカップではベスト4が可能だと考えており、ベストをつくす。長かったワールドカップ予選もやっと終わりを迎えた。オーストラリアは、日本より勝ち点で上のチームである。予選を締めくくるためにも、オーストラリアに勝って、予選トップで終わりたいと思う。」

 

「ワールドカップについては、この予選が終わってからやっと考え始める。やっとスタートラインに立ったということだ、その最後を締めくくるためにも、日本の上位にいて、非常に良いチームであるオーストラリアと戦って勝って締めくくりたい。」

「中沢選手が風邪で離脱したが、チームに取っては非常に痛いことだ。しかしこういうことはこれからも起こりうることで、世界で戦っていくには、こういうことにも対処していく必要がある。」

「ウズベキスタン戦のあと、選手たちは、フィジカル的に、メンタル的に非常に消耗していた。しかし明日の最終戦を前にして、選手たちはふたたび活気を取り戻している。Jリーグのことはいくらか頭にあるだろうが、明日の試合には集中してやっていく。」

 

「オーストラリアのピム監督は、ワールドカップに備えて、イエローカードが出た選手は、使わない方針だ。
日本サッカー協会に何回も確認したが、イエローカードは本戦にはもちこさないというのが日本の考えだ。
私もそれに従う。」

「オーストラリアは、ほとんどの選手がヨーロッパでプレーをしており、アジアではNo.1の力を持っている。
日本も負けない力を持っている。明日は、本当にいい試合になると思う。」



この20年で日本は、Jリーグというプロリーグも出来たし、海外でプレーする選手も出てきた。スタートして右肩上がりでサッカーは進化していきた。必ずしも全てが順調ではなかったが、全体的にみて日本のサッカーのレベルはずいぶんと進歩した。」

(午後7時から午後9時半までの歓迎レセプションに参加した日本人メディアは、筆者だけのようだった。)

◇公式インタビュー&最終練習の模様


 

loading Google Map ...

関連記事

最新記事

一と一子(6)

1945年8月15日、やっと戦争が終わった。でも、戦争が終わって.....

どそく

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

アクセスランキング

  1. ふぁーすとふーど
  2. べんとー
  3. じーぴー
  4. どそく
  5. えあこん

トップ20リストへ

人気の記事