ライフスタイルlife

スポーツsports

さよなら ナダル!!

君は、よくがんばった。来年会おう。全豪オープンで!!

2010年1月27日掲載

 呆然とスクリーンを見つめるナダル。敗色が濃くなってきた第二セットで。 ナダルらしい笑顔がまったくない。

オーストラリアン・オープンも終盤を迎えた。今日からベスト8の戦い。世界上位同士の戦い。
最初は、世界第2位のラファエル・ナダル対第5位のアンディ・マレー戦。
既に第4位のファン・デル・ポトロは敗退している。

 試合後、ファンに手を振るナダル。 素晴らしいプレーが応援する観客を魅了した。

この試合では、ナダルはオーストラリアデーのセレモニーに悩まされた。
まず最初は、スタート時間がセレモニーのために30以上遅れた。更に試合途中で花火で30分ほど更に遅れた。これはアンディマレーも同じ条件。
いづれによせ調子に乗れないままに終わってしまった。

マレー 6 7 3
ナダル 3 6 0

ナダルは、3セット目の途中棄権。

 ナダルは、第一試合の立ち上がりにサーブをブレークされるとずるずると負け、いいところなく1セットを失う。
2セット目は、両者譲らず6ゲームを取り合ってタイブレークとなった。ナダルのミスも重なってタイブレークを落とした。
2ゲーム目の途中で、オーストラリア・デーの花火で10分ほど中断。ナダルのチャンスかと思われたが、やなりナダルの調子は回復せずマレーに傾いていた運も変化はなかった。
3セット目の最初にナダルは、メディカルタイムを取って再度、調子が変化するのを待った。しかしその後もナダルのミスは続き、結局、棄権に追い込まれた。棄権せずにプレーを続行したとしても3セット目は、6-0に近いスコアで、ストレート負けは見えていた。
 

 アンディ・マレーのテニスは、なめらかな動きと堅実なプレーが特徴。パワーと才能で押し切るナダルのタイプには弱いと思われたが、今日はナダルの調子が上がらないままに、抑え込まれた。
ナダルのパワーテニスは、調子に乗ると例えフェデラーといえども粉砕する爆発力を持つがそのパワーをうまさで封じられると脆い面がある。アンディ・マレーの派手さは無いが、確実なストロークテニスはフェデラーの後継者と目されている。
ナダルの前には、フェデラー、ジョコビッチの他にアンディ・マレーという強敵が出現した。フェデラータイプであり、苦手意識が出ると今後の試合に大きな影響を及ぼす可能性がある。

 今日ベスト8のもうひとつの戦いは、クロアチアのマリン・シリックが3対2で辛勝している。

Andy Roddick USA (7) 64 3 6 6 3
Marin Cilic CRO (14) 77 6 3 2 6

女子ではシード外ジャスティン・ヘニンがシード選手を次々と破って上位へ進出している。中国の2選手がベスト8に残っている。

Justine Henin BEL 77 7 対
Nadia Petrova RUS (19) 63 5

J.HeninJie Zheng CHN 6 6 対
Maria Kirilenko RUS 1 3

試合後のアンディ・マレーとラファエル・ナダル

アンディ・マレー (英国)
190cm 84kg 右利き バックハンドは両手打ち。

明日の試合 ベスト8
ロジャー・フェデラー(1位)対ニコライ・ダビデンコ(6位)
ノバク・ジョコビッチ対JWツォンガ

撮影データ
Canon EOS 5D MarkⅡ絞り優先 AI サーボAF スポット測光 絞りF4.0 1/1600秒 ISO感度 3200 WB 白色蛍光灯 画質圧縮率 JPEG -1/3
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM+1.4X
 

関連記事

最新記事

アクセスランキング

  1. もう一つのテニス、強豪国は日本
  2. Sakura Flowers フラワーアレンジメント・レッスン
  3. こーびっど19
  4. 車椅子テニスが開幕
  5. オーストラリア大陸 3000キロ 5月2日放映

トップ20リストへ

人気の記事