ライフスタイルlife

スポーツsports

エバートン、メルボルン上陸

本場プレミアリーグの実力を見よ!!

オーストラリア代表チームのフォワードの星、ティム・ケーヒルが所属するエバートンが、エティハッド・ドームで、Aリーグの新しいプロチーム、メルボルンハーツと親善試合を行った。

ティム・ケーヒル Tim Cahill
エバートン対メルボルン・ハート
Everton vs Melbourne Heart
エティハッドドーム Ethihad Dome

エバートン (Everton)
英国イングランドのプレミアリーグに所属するプロサッカーチーム。
プレミアリーグは、英国のトップリーグであり、イタリアのセリエA、スペインのリーガ・エスパニョーラと並び、世界の三大プロ・リーグ。
プレミアリーグには、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、チェルシー、リバプールのビッグ4を頂点にして20チームが加入している。
エバートンは、5位前後をキープするビッグ4に次ぐクラスを堅持している。
8月にシーズンがスタートして、5月に終わる。

これは世界の他のリーグも同じ。
ワールドカップが、6月から7月にかけて行われるので、必然的に世界のサッカーカレンダーは、同じになる。
各国の親善試合が組まれるのも、この時期になる。
エバートンのオーストラリア遠征は、7月10日シドニーFC、7月17日ブリスベン・ロアーの合計3戦が行われる。

左:Gerald Sibon No9、右Nagaye Gueye No19

エバートン先発メンバー
Ian Turner No1
Tony Hibbert No2
Sylvain Distin No15
Phil Jagielka No6
Diniyar Bilyaletdinov No7
Louis Saha No8
Nagaye Gueye No19
Leon Osman No21
Victor Anichebe No28
Jack Rodwell No26
Seamus Coleman No23

エバートン公式Web
 

メルボルン・ハート(Melbourne Heart)
2010-2011年シーズンからAリーグに加入する新しいプロ・チーム。
メルボルンに本拠地を置くチームとしては、第二チームとなる。
メルボルン・パークの新しいAAMIスタジアムがホームグラウンド。
赤白の縦じまがユニフォーム。
メインスポンサーは、Westpac銀行。
メルボルン・ハートの加盟によってAリーグは11チームとなる。

先発メンバー
Clint Bolton No1
Michael Marrone No2
Brendan Hamill No3
Simon Colosimo No4
Michael Beauchamp no5
Rutger Worm No7
Gerald Sibon No9
Alex Terra No11
Aziz Behich No24
Josip Skoko no20
Dean Heffernan no23
 

右は、最初に得点してエバートンのルイス・サハ。

この試合、序盤は、メルボルン・ハートが押し気味であったが、ワンチャンス(Louis Saha)をものにしてエバートンが1-0でリード。
後半、エバートンが更に1点を追加(Jack Rodwell)して、そのまま2-0で逃げ切った。
エバートンは、全力には程遠い状態であったが、新興のメルボルン・ハーツを軽く一蹴。

注目のティム・ケーヒルは、前半はベンチ。
後半はフル出場したものの、本来のフォワードではなくディフェンス。
活躍のチャンスもほとんど無いまま。2万人の観客は、ほとんどがケーヒルの活躍を期待して来ただけに、ややがっかりした。

メルボルン・ハート公式Web

撮影データ Canon EOS 5D MarkⅡプログラムAE 評価測光 絞りF7.1 1/200秒 ISO感度 6400 露出補正 AWB JPG レンズ EF 24-70 mm f/2.8L USM 発光
撮影:板屋雅博

関連記事

最新記事

アクセスランキング

  1. YUKI REISSズンバ教室
  2. もう一つのテニス、強豪国は日本
  3. オーストラリアデーに花笠音頭でパレード参加しませんか
  4. Sakura Flowers フラワーアレンジメント・レッスン
  5. メルボルン出身のThe Wellingtonsが4年ぶりの来日ツアー

トップ20リストへ

人気の記事