日本人コミュニティsociety

文化活動・イベントレポート・お知らせreport

JET programme 2009 Returnee Reception

おかえりなさい!日本から帰国したへ方の慰労会

2009年12月03日掲載
 

19 November 2009 @ 日本国総領事館官邸

 

 英語の先生(ALT:Assistant Learning Teacher)として日本へ派遣されたオーストラリアの人々を慰労するために、日本領事館主催のセレモニーがトゥ-ラックの総領事公邸で行われた。

 JETプログラムは日本における外国語教育の充実、および地域レベルの国際交流を図り、それらを通して相互理解、国際化を目指すことを目的として昭和62年度に開始された。地方公共団体が文部省や外務省など、政府機関の協力を得て実施されている。開始以来事業は大きく発展し、現在の招致国は38ヶ国にのぼる。このプログラムは世界各国から大規模な人的な国際交流として高い評価を得ている。

  

 オーストラリアもその中の1ヶ国としてあげられ、毎年日本とオーストラリアの間で交流員が派遣されている。派遣先は大都市もあれば、地方の中小都市や村に至るまで、全国に及んでいる。外国語指導助手(ALT:Assistant Language Teacher)として参加し、現地の学校で英語、日本語を教える方が多く、その他にも国際交流員(CIR: Coordinator for International Relations)、スポーツ国際交流員(SEA)として活躍する方もいる。

  

 この日は日本から帰ってきた交流員の慰労会で、長谷川総領事のスピーチから始まり、帰国したばかりの交流員各々が、派遣地での思い出や笑い話をユーモアに語らい、招待客の笑いを誘っていた。

  

 またオーストラリアで日本語教師を養成するATJプログラムに参加した日本の学生さんたちを労うセレモニーも重ねて行われ、明日を夢見る若人のはつらつとした姿が印象的だった。

  

 レセプション終了後は官邸内の一室に準備された豪華なフィンガーフードとワインを片手にお互いの経験を語り合い、あちこちで和やかな会話が弾んだ。予定時間終了後も話が止まず、とても充実したレセプションだった。

  

 この日集まった両プログラムの参加者の晴れ晴れとした表情を見ていると、交際交流の素晴らしさの原点を見たような気がし、我ら取材陣もなんだか嬉しくなるような一夜となった。

  

◇JET Programme
 URL: http://www.jetprogramme.org/
 
  在メルボルン日本国総領事館 
 Consulate-General of Japan in Melbourne
住所:45th Floor, Melbourne Central Tower, 360 Elizabeth Street, Melbourne VIC 3000
URL: http://www.melbourne.au.emb-japan.go.jp/
Tel: +61-3-9667-7828    Fax: +61-3-9639-3829

関連記事

最新記事

夫の秘密(1)

希子は、毎年日本の春の1か月は日本で過ごすのを慣例にしている。.....

船旅(最終回)

救急車の中で、急に息苦しくなって、光江は声も出なくなった。そんな.....

船旅(24)

ニールが咳き込んだり苦しそうに呼吸をしているのを見ていると、テレ.....

アクセスランキング

  1. Experience Japan In Melbourne
  2. 音響型お化け屋敷
  3. 【2/26】メルボルン夏祭り2017
  4. くまモンに会いにいこう!
  5. くまモン in Melbourne

トップ20リストへ

人気の記事