Logo for barista

なんとかなるか

お店で働いて3週間が過ぎた頃

シティですしを頬張っている僕にオーナーからメッセージがきた。

 

 

「Can you  work tomorrow from 7 o'clock? 」

 

 

いつもは8時スタートなのに何かあったのだろうか。

疑問に思いつつも、「Yes.」と送信し、3本目のすしを口に運んだ。

 

 

次の日の朝、いつもより早い電車に飛び乗った。

最寄駅に着くとオーナーのお兄さんの奥さんが迎えに来てくれていた。

社長気分で後部座席に着くと、専務が語り始めた。

 

「Nobu, Do you like working at OLiE & aRI ?」

「Yes ! I'm happy to work there!」

「That's good !  I'll tell you a secret story.You should keep a secret.」

「?」

「3人Baristaいたでしょ?」

「うん。」

「昨日全員やめたよ。」

「えっ!」

「Barista は Nobuだけだよ! hahaha」

「。。。苦笑」

 

社長から平社員に戻された僕は、車窓から流れ行く景色を眺めた。

 

 

なんとかなるか。

 

そんなこともあるよな

 

 

5分程で店前に到着。先ほどとは異なる専務の険しい表情を横目に店内へと入っていった。

 

 

いつもと違う雰囲気の中

オーナーとコーヒーを作り始めたが、

オーナーから辞めたBaristaのことについて話されることはなかった。

 

そうこうしている間にお店が忙しくなり始めた。

キッチンのプリンターからトイレットペーパーを転がしたようなオーダー用紙が出始めた。

 

オーナー「ちょっとキッチン行ってくる。コーヒー混んだら呼んで!」

僕「多分1人で大丈夫ですよ!」

 

 

キッチンに向かうオーナーの背中を見ながら、

あぁ、もう戻ってこないなと思った。笑

 

なんとかするか。

混み合う店内を見ながら考えた。

 

こんなピンチもないけど

こんなチャンスも中々ないよな。

みんな大変だし、1人でコーヒーを作れるように組み立てるか。

 

気がつけば、あっという間に営業が終了した。

 

忙しかったが、すごく充実した1日だった。

やることも明確になった。

 

 

この日を境に

どうすればいかに早く安定した商品をお客様に届けれるか考えた。

まずは味やレシピ、オペレーションなどについて問題点や疑問点を洗い出すことにした

そして、それを基に基準を作ることで、より安定した商品をお客様に届けることが出来るのではないかと考えた。

 

 

大きく3つの取組を立てた。

 

1.Barista1日の時間帯別作業表

→1日の作業を効率よくする

 

2.ドリンクレシピの見直し

→レシピの作成と統一する

 

3.ドリンクオペレーションの見直し(備品配置など)

→必要なものを必要な場所に配置する

 

 

もう目標は立てた。

 

なんとか出来る。

 

 

 

次回へ続く。

 

バリスタスクールは現在も開講中です。

ご興味のある方はこちらのFacebookページへメッセージをお願いします。

https://www.facebook.com/plus.nobu?ref_hl

 

+nobu

 

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: カフェで働く
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

le baobab
◇ le baobab ◇
遂に明かりが灯った!
赤提灯の開店初日、食べてきました。
持ち寄りに♪ズッキーニ スナック
ママさんレシピ -食で奏でる家族愛-
Shyun 旬
旬で新鮮なお刺身を気軽に食べたいならココ!
女性パティシエが創るくつろぎ空間、CHEZ Dré
サウスメルボルンマーケット沿いの隠れ家カフェを取材!

最新記事

Grampions
ゆっくり気ままなメルボルンリポート!
週末どこ行く?何をする?6月第4週
今週末のメルボルン ★6月23日(金)~6月25日(日)
Bitcoinの大立者 アンドレアス・アントノポロス氏メルボルンでトークショー
名著 Mastering Bitcoin の著者
ゆっくり気ままなメルボルンリポート!
part1 初めまして
週末どこ行く?何をする?6月第3週
今週末のメルボルン ★6月16日(金)~6月18日(日)