Logo for barista

自分の居場所は自分で作る

 

働いて1週間ほど経つと、コーヒーを作るのには慣れた。

だけど、

・英語がまだまだ喋れない

・他のバリスタと比べてお客様とコミュニケーションがとれない

 

そんな僕に給料を払い続ける理由があるのだろうか。

英語もコーヒーも作れるバリスタがくれば、僕の居場所はなくなるのだろうか…。

 

 

そう、ここメルボルンでは必要でないと思われれば

働く時間はどんどん少なくなる。

お試し期間で終了となることもある。

 

 

そこで、コーヒーの作成や洗い物の仕事を

他のバリスタよりも効率よく早く行うことにした。

 

しかし、スピードには限界があった。

残像が残るくらい動いていたが

大した差はなかった。

 

そこで、コーヒーを提供するスピードを改善することにした。

※提供スピード・・・お客様がオーダーしてから席にコーヒーが届くまで

 

提供スピードの中でも

お客様がオーダーしてから、そのオーダーがレシートとして出てくるまでのスピードを短縮することにした。

 

つまりお客様がオーダーしてから、そのオーダーがレシートとして出てくる前にお客様のコーヒーを作り始めることで

他のバリスタよりも早く、お客様の元へコーヒーを届けようと考えた。

 

まず最初に行ったのは、常連のお客様のオーダーを覚えることだった。

見た目とオーダーをメモし、お客様が店の前に来たら作り始めることにした。

 

 

あのお客様は濃い顔だから、Strong Latte。(すみません)

このお客様は最近ダイエット始めたから、Sk Latte。(ごめんなさい)

背の高い旦那さんは、背の高さと一緒 Large Flat White 1sugar。(申し訳ございません

 

他には、スタッフが注文を打ち始めたら、その画面のオーダーを見てエスプレッソを抽出し始めたり

お客様がスタッフにオーダーしているのを聞いて作り始めたりした。

 

気付けば、他のバリスタよりも早く作れるようになり

ある程度1人で対応できるようになっていた。

店内が混み合った時は、もう1人のバリスタをフロアにだして

僕がコーヒーを1人で作り、お客様の案内を優先してもらった。

 

それ以外にも、フロアの仕事を見たり、聞いたり、手伝ったりして覚えた。

人が足りない時や暇な時はポジションに関係なく仕事した。

 

そんな僕に他のスタッフは

Don't rush とか Be happy , Take it easy と言ってくれた。

 

でも僕は日本人だし、のんびりするのは慣れてない

日本人らしく真面目に働こうと思った。

そして、自分の納得いくように働こうと思った。

 

そうか、

 

僕は英語ができない分、2人分働けばいいんだ。

英語ではなく、自分が出来ることで勝負すればいい。

 

コーヒーとグラスやカップを洗うポジションは通常2人で行うが

1人でやればいい。

 

2人分の仕事を1人で出来るようになれば人件費も浮くし

スタッフをフロアに回しお客様へのサービスを向上すれば、売上を上げることもできる。

 

これなら、オーナーが僕を雇い続けていい理由の1つになる。

 

 

気が付けば、シフトの時間も日に日に増え、コーヒーもピーク以外は1人で作るようになり

コーヒーマシンの前が僕の居場所になっていた。

 

― 1週間後

 

スタッフ 「What can I get for you?」

お客様 「I think Nobu got it!」

Nobu 「Yes! I made it! haha」

 

 

 

 

次回へ続く。

 

バリスタスクールは現在も開講中です。

ご興味のある方はこちらをご覧下さい。

https://www.facebook.com/plus.nobu?ref=hl

 

+nobu

 

 

 

マイカテゴリー: カフェで働く
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

オーストラリア伝統スイーツ「Pavlova」食べた?
正統派ベルギーチョコレート・カフェ Chokolait で新体験
KANTEEN
ヤラ川沿いに臨む、絶好のお散歩カフェ
昇家 Shoya
2010年日本人が選ぶBESTカフェ&レストランランキング第7位
ITOENの茶畑日記:その9
こんなに違う!日本の緑茶とほかの「グリーンティー」製品
Richmond Hill cafe & Larder
カフェの街・メルボルンにおいて、ひときわ人気を誇る名店

最新記事

Grampions
ゆっくり気ままなメルボルンリポート!
週末どこ行く?何をする?6月第4週
今週末のメルボルン ★6月23日(金)~6月25日(日)
Bitcoinの大立者 アンドレアス・アントノポロス氏メルボルンでトークショー
名著 Mastering Bitcoin の著者
ゆっくり気ままなメルボルンリポート!
part1 初めまして
週末どこ行く?何をする?6月第3週
今週末のメルボルン ★6月16日(金)~6月18日(日)