Logo for tennis

あれ、このコラムって。。。。

うにょ〜ん。

 

この週末は、Bon Joviのライブに行ってきました!!!同じバンドを2日連続で行くのは人生で初めてでした。

事前に取ったチケットは土曜日の初日だけだったんですよ。今回のコンサートは最初はメルボルンは1日だけだったのですが、初日が売り切れたことで2回目もアナウンスされたんです。それでも日曜日は行くつもりはなかったのですが、あまりにも土曜日のショーが素晴らしかったので、帰りにチケットを買ってしまったのです。2回目の公演は売り切れておらず安く売りだされていましたしね。一番後ろのアリーナの席でも90ドルでしたので、行くしかないだろうと。初日は3階席のステージから一番遠いところで座ってみるしかなかったですし。

 

 

Bon Joviを見るのも今回で4回目ですが、いつ見ても前回の公演を上回っているのはさすがですね。Lost Highwayに収録されたカントリー調のWho Says You Cant Go Homeの成功から、曲調がポップになりかつてのハードロックの面影はどこへやら?と批判されるBon Joviですが、自分は好きなんですよね。自分の22年間の人生よりキャリアが長い彼らをリアルタイムで知っているわけではないですし(自分が聴き始めたのはCrushから)、30年もバンドをやっていれば曲調が変わるのは当然ではないでしょうかね?U2だって、聞く価値もないとボロクソにこき下ろしていた、ポップも途中で気に入ったのかPOPというタイトルを付けたアルバムを発表していますし。そもそもBon JoviってDavidのキーボードのおかげでハードロックの中でもかなりポップな方だと思うのですが。

 

 

しかし30年もバンドをやっていると、新作を出したとはいえセットリストはやはりベストアルバムのような、ヒット曲満載ですね。両日とも2時間半、25曲近くやっていますが、Bon Joviともなるとそれでも足りないのでしょうね。自分も聞きたい曲まだまだありました。そして2日間で10万人を動員したそうですが、5万人を目の前に歌うっていうのはどんな気分なのでしょうかね?自分の書いた曲を5万人が歌ってるのを見るのも気持ちいいでしょうね。この感覚は絶対味わえないのでしょうね。夢の中で歌ったことはありますけど、歌詞間違えて観客からゴミをぶつけられたし(笑)。夢の中ぐらい気持よくさせて欲しいもんです。

 

 

そして、今回はカバー曲も満載でした。The Rolling StonesのJumpin Jack Flash・Start Me Up、Bad Medicineの間にはいつものお馴染み、The BeatlesのShoutが、Beach BoysのWipeout、そしてオーストラリアだからかAC/DCのYou Shook Me All Night Longも。知っていた曲はこれらですが、まだまだ曲名は分からないけど聞いたことある曲もありました。特にStonesの盛り上がりが凄かったですね。リフがなった瞬間に大歓声。来年オーストラリアに来ますし、ファンの客層的にはたまらないチョイスなのでしょうね。ちなみに自分はStonesは行きません。Bon Jovi程真剣に通ってないのです。今回Bon JoviがやったJumping Jack FlashやStart Me Upは分かりますけどね。

 

 

Bon Joviのライブを見るたびに思うのですが、80年代のハードロックをリアルタイムで聞いていたかったですね。特に中学生から高校生のころ。この年代のバンドってギターソロが多いじゃないですか。ステージの返しアンプに足掛けてギターソロ弾くのめちゃくちゃかっこいいと思うんですけど、最近のバンドって本当にギターソロ少ないんです。多分80年代に中学生でギター持っていたらもれなく速弾きにこだわっていたんだろうなと思いますよ(笑)。

 

 

2013年最後のライブがBon Joviで最高の締めくくりでした。アルコール依存症の治療のためリハブにいるリッチーがいなかったのが心残りですが、代わりのPhil Xも素晴らしかったので満足です。

 

 

ほいだらの。

 

って待て、このコラムはいつから音楽のコラムになったんだ!!!って怒られそうですね。もうすぐ100回目になりますが、ここに来ての方向転換は怒られるのじゃないかな(笑)。

オフシーズンで話題に乏しいんですよ今は。でもテニスのコラムですからね、テニスの話題を最後に少し。

 

 

今週からメルボルン・パークにてAustralian Openのワイルドカードを懸けたプレーオフが行われています。昨日は雨で試合が進行できませんでしたが。ここに出場している選手の中で一番の注目はやはり、問題児Jelena Dokicでしょう。16歳の時に初めて出場したWimbledonで準々決勝まで残り話題となりましたが、その後は怪我や父親の暴れん坊ぶりが注目され、ここ2年は大会の出場がありませんでしたが、久しぶりに帰ってきます。ただ、何回か練習を見ましたがちょっと太り過ぎて全然走れていなかったです。本戦出場なるか注目したいですね。もちろん観戦は無料です。足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

こんどこそ本当に、ほいだらの(笑)。

コメント

以前のコメント

さば   (2013-12-09 22:30:58)
テニスの話題はどこ行ったんだ!!ってツッコミ入れようと思ったら・・・(笑) はい。80年代のロック、リアルタイムで聴いてましたよ。当時の彼氏が速弾きにハマってて、散々聴かされてうんざりしてました(^_^;)。最近はギターソロ少ないんですね。オバさんは知りませんでした。勉強になりました(笑)。

関連記事

最新記事

カレンダー

<  2021-11  >
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

プロフィール

テニス王子のJust Right!では、選手紹介・ルール・歴史までテニスにまつわることを幅広く紹介していきます。これを読んだあなたも、Australian Openが開催されるMelbourne Parkでテニスを始めませんか?

記事一覧

マイカテゴリー