動くGO豪メルボルン
Japan In Melbourne
Logo for tennis

Sharapovaがトーピング検査で陽性反応

うにょ~ん。

 

衝撃的なニュースが入ってきました。

ロシアのSharapovaが禁止薬物を使用しドーピング検査で陽性反応が出たとして、記者会見を行いました。日曜日に、Sharapovaから重大な記者会見があるとして情報が流れ、引退を発表するのではないかと噂されておりましたが、まさかドーピングとは誰しもが予想しませんでした。

 

Sharapovaはここ10年服用している、メルドニウムという成分が検査に引っかかったとのこと。この薬は今年に入り禁止薬物に指定されていたそうで、その旨が書かれたメールを去年受け取っていたそうですが、見落としてしまったとのこと。この薬は今年からテニス選手のみならず多くの競技の検査で摘発されたようで、選手にとってもポピュラーな薬の1つだったそうです。ただ、プロ意識が他の選手以上に強いSharapovaがこのような自体に陥った事に、テニス界は騒然としています。重要な記者会見と聞かされた記者達は、すぐさま引退について記事を書き始めたそうです。何人か記者の知り合いがいますが、誰もドーピングを予想した人はいませんでした。

 

早速各方面に影響が出ており、彼女のスポンサーであるナイキは、ITFから正式に罰則が発表されるまでスポンサーの停止を発表しました。この対応の速さはさすがナイキですね。今後も様々な波紋を呼ぶことになりそうですが、彼女はもちろんこんな形でキャリアを終わらせるつもりはないと語り、チャンスを貰えるならまた復帰したいと話しています。ITFは暫定的に出場停止を課すと発表しており、結論が出るのはまだ時間がかかるでしょう。

 

テニスのみならず、オフコートでも活躍し、テニス界のみならず女性アスリートでNo.1の稼ぎを叩きだしており、しばらく話題の中心となるでしょう。禁止されている薬物を摂取した以上、彼女の過ちですし本人も認めています。しかし、彼女のプロフェッショナル精神は他のどの選手よりも強いですから、早く戻ってきてまたテニス界に良い話題を振りまいて欲しいですね。

 

それでは今週はこの辺で。

 

ほいだらの。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

関連記事

最新記事