グルメgourmet

レストラン検索restaurant

好きなだけ食べて、払いたい金額を支払う!?ユニークなレストラン

オーガニックなベジタリアン料理を楽しむ→社会貢献になる!

2011年6月28日掲載

 

  

CItyから電車で約10分。ヤラ川のほとりに位置する緑の多いエリア、Abbotsfordに噂のレストラン”Lentil As Anything”はある。

店内は定期的に入れ替わるアーティストの作品や、お客さんからのメッセージに溢れ、とてもリラックスした雰囲気。天気のよい日には緑に囲まれたテラス席で食事を楽しむこともできる。

 

 

ベジタリアン料理というとなんだか物足りない印象をもってしまいがちだが、こちらのシェフはスパイス使いがとても上手。お肉やお魚などの動物性食品は使っていないにも関わらず、しっかりとした飽きのこない味付けになっている。
また、食材は地元でとれたオーガニック食材を使用しており、私たちのからだにも地球環境にもとてもやさしい。

 

得意メニューのカレーを始めとして、サラダやパスタ、スープ、デザートなど、常に8種類ほどの料理が並ぶ。オーストラリアでの食生活に疲れた胃にもやさしいメニューで、中にはヴィーガンやグルテンフリーのメニューもある。日によってネパールナイト、アフリカンナイトなどテーマに沿った料理が並ぶこともあり、リピーターも飽きさせない工夫が。
  

 

朝9時から11時までの時間帯は、ビュッフェではなくサーブ式でスクランブルエッグやトーストなどのbreakfastメニューが楽しめる。また、週末のお昼過ぎまではチベットの餃子”momo”やインドのチャパティの屋台がでることも。

   

”Lentil As Anything”の特徴はなんといってもそのスタイル。ビュッフェ形式で食事を楽しんだ分、お金を’magic box’と呼ばれる箱に各自が金額を決めて支払う(!)という画期的なもの。

 

とても不思議なその支払い方法。オーナーのShanaka氏にこれまでの経緯を聞いてみた。

  
 

Shanaka氏はスリランカ出身。法律を学ぶため、メルボルン大学に入学。その後、普通のレストランで食べられないひとが尊厳をもって食事をとることができる空間として、2000年 St Kildaに”Lentil As Anything”1店舗目をオープン。中には十分にお金を払えない人もいるというが、そのことについては決して責めたりせず、その分は自分たちのアイデアでカバーするのだと言う。

設立以来、利益を追求せず、かつ政府からの援助も受けないというスタイルを貫いている。もちろん特定の宗教とも関係がない。設立からしばらくの間、Shanaka氏は森の中のテントに住んでいたとか。。しかしその誰にも頼らないスタイルの社会貢献が認められ、2007年Australia's Local Hero awardを受賞している。

また、難民や障害をもつ人のトレーニングや働く場にもなっており、これまで100名を超える人たちに、自らの足で立つためのきっかけを与えている。ここの哲学に共感して集まっているスタッフもとてもフレンドリー。ボランティアスタッフも数多く働いている。
 

 

カフェ文化の発達したメルボルンらしく、経験のあるバリスタが常駐。カプチーノやラテなどのコーヒーメニューに加え、ホットチョコレートや紅茶などのティーメニューも充実。コーヒー豆はconvent内にあるconvent bakeryのオーガニック豆を使用。ドリンクを楽しみたい場合はスタッフまでご注文を。ただし、ドリンクを注文した際にはその分$3を上乗せしてmagic boxに入れることをお忘れなく。

  

 そしてディナータイムはなんと毎日、日替わりで実力派アーティストによるライブミュージックが楽しめる。居心地のよい空間にぴったりの音楽で、とてもリラックスした贅沢な時間が過ごせそう。

  

 元々この場所は修道院だったところにギャラリー、カフェ、レストラン、マッサージクリニックなどのテナントが入っている。古くて趣きのある建物。週末にはガイドツアーやファーマーズマーケットが開催されることも。

  

 近くにはCollingwood Children's Farmもあり、ロバや山羊などかわいらしい動物を眺めながらゆっくりとした週末を過ごすのにぴったり。少し足を伸ばしてヤラ川沿いをウォーキングしても○

 

 ボランティアスタッフは常に募集している。毎週火曜日の4:30から行われる説明会に参加して働ける時間帯や連絡先を登録。

フレンドリーな仲間とローカルの環境で働くことは、きっといい経験になるだろう。

 

ここで過ごした時間にどれだけの価値があったか、ここの哲学にどれくらい共感するか。

お客さんの価値観を信用し、自分たちのお店の運命を委ねるというその心意気に感動することであろう。

 

 

住所/ 1 Heliers St, Abbotsford VIC 3067
TEL/ 03-9419-6444
営業時間/毎日9:00am~9:00pm(月曜のみ12:00pm~)
                ブレックファスト 9:00am~11:00pm
                ランチ 12:00pm~4:00pm
                ディナー(火~日)6:00pm~9:00pm
                ※ドリンクは終日利用できる。
詳しくはhttp://www.lentilasanything.com
(他にSt.Kilda、Footscrayの2店舗がある。)

写真と文: 伊丹明日香 (Written and photographed by Asuka Itami) 

loading Google Map ...

コメント

関連記事

Invita

マーケットのそばのベジカフェ。ほっと一息つきたいときに。

BRIM CC

オーガニックの日本食で小さな幸せを。

Animal Orchestra

メルボルン大の学生御用達、癒しの隠れ家カフェをキャッチ!

最新記事

アクセスランキング

  1. 手軽に♪ ミニキッシュ
  2. メルボルンの基本のコーヒーメニュー
  3. Beer x Sake x Sumibi Bar Wasshoi、Prahran Market 内にオープン
  4. 全出展者紹介
  5. 2012 Alps Wine Assemblage Type R Blanc

トップ20リストへ

人気の記事

SHYUN RAMEN BAR

こってり好きな人は要チェック!嬉しい特典つき!