日本人コミュニティsociety

文化活動・イベントレポート・お知らせreport

◆チャリティアルバム7冊目◆(6月8日更新)

千羽鶴の祈りプロジェクト

2011年6月8日掲載

 

2011年3月11日の東日本大震災直後から1つのプロジェクトは始動した。

 

千羽鶴の祈りプロジェクト。

GO豪メルボルン上でも長きにわたりチャリティイベント一覧での協力者募集を募っていた。

 

プロジェクトの発起人はゆみこパウニーさんを中心とするダンデノン日本人プレイグループの皆さん。

 

全ては日本のために。

多くの協力者が想いを一つに、ついにプロジェクトの完成を迎えた。

 

 

プロジェクト始動から2ヵ月間。

たくさんの皆さんの協力を経て、千羽鶴の祈りプロジェクトは、5月14日に無事終了を迎えました。

前日からの雷雨にも関わらず、当日の朝は爽やかな晴天に恵まれました。

完成セレモニーは朝の10時に始まり、プロジェクトを支援してくださったお母さんたちを中心に大人13人、子ども12人が集まりました。

 

こじんまりとしたイベントでしたが、天井からぶらさがる千羽鶴の下で、和紙アーティストの小林恵子さんによる折り紙のデモンストレーションで、おおいに盛り上がりました。

 

子どもたちは恵子さんの歌と踊りに大喜びでした。

またAnnaJapanaさんの和紙ジュエリー、東海林慎太郎さんの布草履、プロジェクト発案者Mariaさんのイラストなども展示販売され、当日も募金活動に貢献していただきました。

セレモニーの最後には、
2ヵ月にわたる折鶴制作とスポンサー探しの、努力の成果が発表されました。

この場をお借りしてプロジェクト結果をご報告致します。

 

鶴総計 - 2,900羽
スポンサー探しを手伝ったボランティア数 - 21名
スポンサー数 - 289名
募金/スポンサー総額 - $2,844.45

 

これらの鶴は、スポンサー名の記入など必要な手続きを終え次第、岩手県大船渡市役所 生活福祉部に送られます(当初は同市の越喜来地区避難所に送られる予定でしたが、2ヵ月という時間が経つうちに、避難されている方々が順番に仮設住宅に移られるという情報をいただき、市役所に受け入れ先を変更させていただきました)。


皆さんのご協力、たくさんのご関心をいただきまして、本当にありがとうございました。


ブログは今後も続けていき、鶴が当地に到着する様子などもお伝えできたらと思っておりますので、今後もご覧いただけましたら、幸いです。
『千羽鶴の祈り』プロジェクト http://prayerofthousandcranes.wordpress.com/

 

 

 

その他のチャリティアルバム1冊目~6冊目

チャリティアルバム1冊目
チャリティアルバム2冊目
チャリティアルバム3冊目
チャリティアルバム4冊目
チャリティアルバム5冊目
チャリティアルバム6冊目
 

コメント

関連記事

最新記事

船旅(8)

「アマンダは、どうして殺されたのか?」「犯人は一体誰なのか」その.....

船旅(7)

船が次の停泊地、香港に着いたのは、オーストラリアを離れて10日目.....

船旅(6)

アマンダの目が、テーブルの上に置いてある、光江が読んでいた本に目.....

船旅(5)

 翌日、光江はいつものように3時頃散歩に行ってくると言うニールを.....

船旅(4)

最初のころは物珍しさも手伝って、それほど退屈にも思わなかった船旅.....

アクセスランキング

  1. アニマガ・メイド・カフェ
  2. メイキング オブ Japan Festival
  3. くまモン in Melbourne
  4. 2019年度JETプログラム歓送会
  5. JGA 1月月例杯

トップ20リストへ

人気の記事