Logo for tennis

マドリッドマスターズ開幕

うにょ〜ん。

実は今月の紙のGo Melbourneに自分のコラム紹介が掲載されています。人気1位の中華がやはり欄の半分を占め、残りを3つか4つのコラムで分けていますのでちっちゃいですが。。。打倒中華目指して頑張ります!まあでも中華のコラム面白いですからね。


 

さて今週から開幕したマドリッドマスターズですが、昨年のWimbledon以来、約10ヶ月ぶりの出来事が!そう、DjokovicFedererMurrayNadalBIG 4が全員集まるのです。やはりこの4人が集まるとワクワクしますね。優勝候補筆頭はやはりDjokovicでしょうか。クレイでのNadalはどの大会でも優勝候補ですが、本人曰くまだベストの状態ではないそうで。Federer2ヶ月オフを取りトレーニングに当てていますし、この大会で昨年優勝していますからタイトルキープに向けて仕上がっているでしょう。クレイになるといつも異常にBIG 4では扱いが小さくなってしまうMurrayですが、昨年はブラジルのBelluciに食われています。今年はなんの因果か初戦の相手がBelluci。う〜ん、Draw ChallengeではMurrayの勝ち予想にしましたが、怪しい。。。今大会も予想が難しいですね。

 

昨年のこの大会の一番の話題はコートの色でした。

ご覧の通りなんと大会がセレクトしたのは青。性能はレッドクレイと全く変わらないと言い張っていましたが、選手からは賛否両論。というかほぼ否でした。とにかく滑るそうですね。このコートを続けるなら出場しないとNadalなどに文句を言われて渋々今年は本来のレッドクレイに戻しました。まあ選手に出ないと言われたら変えるしかないでしょうね。ましてNadal は集客が見込める選手ですし。見る側としてはボールが見易くなったので良かったのですけど。まあでも選手も明らかに滑っていましたから本来のクレイとは違ったのでしょう。話題作り、見易さの重視も重要ですが、選手本来のベストパフォーマンスを引き出せなければ結果として話題にもならないでしょう。


 

錦織ももちろん出場していますよ。このコラムを書いているのが火曜日の午前0:30ですが、ちょうど今無事1回戦勝利のニュースが飛び込んできました。初戦からMelzerと厳しい相手ですが、6-36-2と順当に勝ちました。ブログで初対戦と書いていましたが、2009年のAustralian  Open1回戦で負けていますね。錦織の都合悪いことはすぐ忘れる能力絶賛発揮していますね(笑)。この都合の良さは気持ちも切り替えやすいですし、強くなるには重要だと思いますね。この次の相手は、TroickiGranollersの勝者との対戦です。Troickiも最近は不調気味、Granollersはスペインでクレイ巧者ですが、過去2戦負けなしと相性はいいですから、3回戦進出も狙えるでしょう。順当にシードが勝ち上がれば、3回戦はFedererとの試合です。この対決は是非見たい!期待しましょう。昨年はクレイシーズンでバルセロナ以降出場していないので、このままFrenchまで順当に行けば、ポイントも確保できランキングも上がるでしょうね。今の錦織なら今季の目標のTop 10も夢ではないでしょう。というか結構期待出来ますね。


 

ヨーロッパシーズンは時差の関係で夜中に試合が始まるうえに、クレイということで試合も長くなりオーストラリアでは大変ですが、熱戦を見逃さずFrench Open前の予習をしっかりしましょう。

ほいだらの。

 

コメント

以前のコメント

めなげ   (2013-05-07 07:40:25)
こちらは時差がなくて観やすい分、日中用事があるとアウトなので、なんか出不精になります。(^_^;) フェデラーの長い調整からの復帰が楽しみでもあり、怖くもある。 今日の試合が楽しみ。

関連記事

最新記事

カレンダー

<  2022-07  >
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

テニス王子のJust Right!では、選手紹介・ルール・歴史までテニスにまつわることを幅広く紹介していきます。これを読んだあなたも、Australian Openが開催されるMelbourne Parkでテニスを始めませんか?

記事一覧

マイカテゴリー