Logo for tennis

Nadalはやっぱり強かった!

うにょ〜ん。

2週間に渡り熱戦が繰り広げられたFrench Openも終了、今日から早速芝のシーズンに突入しました。そんな中世界ランキングが昨日更新され、愛しのMaria Kirilenko嬢が自己最高ランキングを更新し10位になりました!French Openでは自身初のベスト8に残り、クレーでも戦績を残せることを証明しました。GSベスト8も残すところUS Openのみですね。ダブルスでも成績を残していますからネットプレーも安定していますので今後に期待です。まだまだ上位に食い込めるでしょう。


さてそんなFrench Openですが、下馬評通りNadalがFerrerを6−3、6−2、6−3のストレートで破り見事優勝しました。男子では同一GS8度の優勝は史上初の快挙です。通算成績は59勝1敗、勝率98%はまさにKing Of Clayですね。唯一Nadalに黒星を付けた男は2009年のSoderlingですが、2011年後半から甲状腺異常が見つかりツアーから離れており未だに復帰の目処は立っていないそうです。フラットで叩きこむあのテニスはスピン過多な現代のテニスを変えるのではと言われていましたし、ランキングも4位まで上げるなど今後の活躍が期待される選手だっただけに残念ですね。
決勝の天気は生憎の曇りでした。雨の予報も出ており湿度が高く、こうなるとボールが水分を含み重くなり跳ねなくなるため、Ferrerにも勝機がありました。結果はストレートでしたが、スコア程簡単ではなかったですね。

 


今回は決勝の最中にコートに発煙筒を持った人間が立ち入るハプニングも有りました。

 

確かにテニスは他のスポーツに比べると圧倒的に簡単にコートに入ることが出来ますからね。その近さが魅力なのですが、過去にSelesが背中を刺されたことがありますから、会場のセキュリティは一層厳しくなっていますがこういうことが起きるとどんどんコートから観客が遠くなってしまいそうで嫌ですね。今回はコート脇に待機したセキュリティによってすぐに取り押さえられ事無きを得ましたが。

 

GS初の決勝に進出したFerrerは今回の活躍でNadalを抜き4位になりました。Nadalは昨年も優勝しているためポイントに変動がないからですね。まあ今後のWimbledon以降Nadalは昨年ツアーを離れており、ポイントを得るだけですから今年の年間1位はNadalになるでしょうね。今回の優勝により、ツアーファイナルの出場権を早速確保しました。復帰してからの強さは驚異的でしたからね。復帰初戦の準優勝以外はすべて優勝ですから。また、史上最強の双子ダブルスペアのBryan Brothersも出場権を獲得しました。
さて、これからは芝のシーズンとなります。今季未だに無冠のFedererはタイトルを獲得できるのか期待したいところですね。ハーレの大会にエントリーしていますが、Haasとのダブルスにもエントリーしており楽しみですね。まだまだヨーロッパシーズンが続きますが、クレーと違い展開の速さが魅力の芝のコートの試合を楽しみましょう!

 

ほいだらの。

 

コメント

関連記事

といれ

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

最新記事

カレンダー

<  2022-05  >
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

テニス王子のJust Right!では、選手紹介・ルール・歴史までテニスにまつわることを幅広く紹介していきます。これを読んだあなたも、Australian Openが開催されるMelbourne Parkでテニスを始めませんか?

記事一覧

マイカテゴリー