Logo for tennis

錦織圭が9位に!!

うにょ〜ん。

誰かが亡くなる事もあれば、新しい命は生まれてくるわけで、Federer一家にまたしても双子が生まれました。今度は男の子で、Leo君とLenny君。双子が2連続で生まれる確率ってどんなもんなんでしょうね?20年後のGSのミックスダブルス決勝はこんな風な事になるかもしれませんね。

(Australian Open Official Facebookより)

 

 

さてさて、錦織がついにやりました。マドリッドで行われているマスターズ1000で、錦織圭が先週のバルセロナに続き大躍進し、自身初のマスターズ決勝進出、そして世界ランキングを9位へとアップさせました。ようやくトップ10入り達成しましたね。

決勝は残念ながら棄権によりNadalに敗れましたが、バルセロナで優勝、マスターズでは決勝進出とクレーでも戦えることが証明されました。スピンを増やしてクレーらしい戦い方になりましたが、これはMichael Changの指導のおかげでしょうか?師匠のChangが獲ったRoland Garrosでの活躍も期待されますが、大会までに9位にいられれば、Del Potroが欠場しますので、くりあがり第8シードとなります。こうなるとドローでかなり有利になり、準々決勝まで錦織より上位のシード選手とは当たらなくなり、昨年4回戦で立ちはだかった第1シードのNadalとの試合が準々決勝になるのです。第8シードとなると、3回戦では第29シード、4回戦では第12シードか第19シードとなります。ローマを欠場しますが、昨年バルセロナ・マドリッド・ローマで稼いだポイントは270、今年はバルセロナとマドリッドで1100も稼いでいますから、失効ポイントはないのは良かったですね。

日本人ではもちろん初のトップ10入りで最高位ですが、アジアではタイのParadorn Srichaphanが錦織と同じく9位まで上がっています。彼を超えてアジア人No.1、ゆくゆくは世界一へと上り詰めて欲しいですね。

ATPが錦織のTop 10入りを祝して作ったビデオがかっこいいので是非チェックして下さい。

 

初めてツアー優勝した時はショット選択の大胆さなど面白さ満載でしたが、取りこぼすことも多かったですが、ここ2.3年は安定してきましたね。同時に見ていて面白さは減ってしまいましたが、やはり日本人が勝つのは見ていて嬉しいですね。取りこぼさないがトップ5相手に勝てない選手か、取りこぼすけど大物食いしまくる選手、どちらが楽しいかと聞かれると正直に言えば後者ですね。Ferrerなんかは前者ですよね。年齢が有りますから一括りに比べるのも酷ですが、Nadal、Federer、Djokovic相手には勝率は40%もありませんから。Federerには勝っていませんね。圧倒的な強さに、魅せるテニスを持った選手、こういった存在に錦織はなって欲しいですね。

 

 

そして棄権理由となった腰と足の怪我は状態が気になりますね。今週のローマは欠場し、フロリダに帰るようですが、Roland Garrosまでに復帰できるのでしょうか?

マスターズはドローが少ないとは言え、少ないが故に初戦からGSではシードになるような選手との対戦となることも多いですが、3セットマッチですので試合時間も短くなります。ただ錦織本人も以前話していたように、トーナメントで100ゲームを超えると体にガタが来るようで、準々決勝のLopez戦が終わった時点で82ゲーム、準決勝のFerrer戦終了時は116ゲームでしたから、Ferrer戦で痛めたと言うように、やはりこの辺りが目安となるのでしょうね。Nadalとの決勝戦は第1セットは完璧な試合内容と言えますし、Nadalも本調子とはいえない様子で、第2セットも4−2まで行きましたが、そこから痛みが強くなり精細を欠きましたから、たらればを言ってしまえばきりがないですが、Ferrer戦でストレートで終わっていれば十分にチャンスはありました。Ferrer戦で第2セットでのマッチポイントを落とし、セットも奪われた中勝利したのは素晴らしいですが。まだまだ体が持たないですが、24歳という年齢はそろそろ若手とは言い難くなって来ています。まあ10年前に比べて上の世代が退かなくなったので、まだまだテニス界では若手ですが。錦織の一つ上の88年生まれには、Del Potro、Gulbis、Dolgopolov、Cilic、Bautista Agut、錦織の下の90年生まれには、Raonic、Janowicz、91年生まれには、Dimitrov、 がいますが、これらの選手が現在のトップ30にいます。若手としてくくられるのはこの辺りの選手ですかね。Del Potroが戦列を離れている現在は錦織がトップですね。最終戦出場を懸けたRace Rankingでは6位と、十分狙える位置に付けています。過去に出場経験のあるDel Potro以外にもこれらの選手から今年は誰か出場するといいですね。

 

 

どの選手も話すように、トップ10に入るだけじゃ意味がありません。そのランキングに居続けてこそ強さの証明になるわけで。果たして錦織は持続することが出来るか?最終ランキングでトップ10にいると願いながら今シーズン応援しましょう。

 

 

PS:そういえば昨日はサッカーのワールドカップの選手発表が会ったようですね。おかげで錦織の扱いが小さいとか?まあ今回はトップ10入ったとは言え結果は準優勝ですから良かったんですかね?優勝した際には大きく取り上げられるといいですね。

そうそう、気になってワールドカップのメンバー見てみましたけど、知らない選手ばかり。。。サッカーは何人でやるかも怪しいぐらいなので。。。日本人選手は10人も言えません。。。

 

 

 

 

コメント

関連記事

Happy Surprise

それがサービスのこだわり。人間関係を築く上でのこだわり。

最新記事

カレンダー

<  2021-11  >
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

プロフィール

テニス王子のJust Right!では、選手紹介・ルール・歴史までテニスにまつわることを幅広く紹介していきます。これを読んだあなたも、Australian Openが開催されるMelbourne Parkでテニスを始めませんか?

記事一覧

マイカテゴリー