Logo for tennis

錦織が初の準々決勝進出

うにょ~ん。

 

錦織圭が同世代のライバルRaonicと4回戦で対戦し、4−6、7−6、6−7、7−5、6−4の4時間19分の今大会最長試合を制し、自身初、日本人では92年ぶりのUS OPEN準々決勝に進出しました。2012年のAustralian Open以来の準々決勝ですが、今の実力を考えると、ようやくと言った感じですね。試合が終わったのは日付が変わって、午前2時26分、最遅試合終了時刻記録に並びました。ちなみに過去の記録は、IsnerとKohlschleiberの2012年の3回戦、そしてMats WilanderとMaikel Pernforsの1993年の2回戦そうだですよ。今回の試合は間違いなく今のところベストの試合ですね。Young Gunsと称され、将来のチャンピオン争いを期待される2人の対決は、ニューヨーカーも大満足のようで、スタンドから離れるお客さんが少なかったようですね。DjokovicをLouis Armstrong Stadiumに押しやって、この2人をArthur Ash Stadiumにスケジューリングしたトーナメントダイレクターの手腕は賞賛に値しますね。

 

第1セット見たところで、課題のため外出しなければならなかったのが残念ですが、今試合までタイブレークの成績が6−0と圧倒的強さを見せていたRaonicですが、今回は錦織のリターンが素晴らしく、Raonicのサーブは良けれど彼はリターンが酷かったですから、ブレークしてしまえば逃げ切ることが出来ました。自身初のGS準決勝進出をかけて錦織が対戦するのは、今年のAustralian OpenのチャンピオンWawrinka、4回戦でRobredoに4セットで勝利しました。Wawrinkaと錦織は過去2戦していますが、Wawrinkaの全勝。しかし直近の対戦も2年前ですから、どうなるかわかりませんね。期待しましょう。

 

またノーシードで唯一4回戦に残っているのが、オーストリアのThiem。まだ21歳の若者ですが、今年の頭に137位でスタートしましたが、今年のAustralian Openでは予選を勝ち上がりGS本戦デビュー、7月には母国の250の大会に準優勝した、ATP期待の成長株。準々決勝進出をかけてBerdychと対戦します。

 

女子は準々決勝進出者8人が出揃い、

Srena

Pennetta

 

Azarenka

Makarova

 

Bencic

Peng

 

Wozniacki

Errani

 

この対戦となります。今年大躍進のBouchardは、4回戦でMakarovaに破れニューヨークを去りました。Bencicは自身初のGS準々決勝ですが、ジュニアで1位となり今年から本戦デビュー、今年のAustralian Openの1回戦でクルム伊達が対戦していますので、試合を見た方も多いのではないでしょうか?Hingisの教えとともに母国の期待を一心に背負う彼女は、同じく初のGSの準々決勝に進出した中国のPengと対戦します。奈良が今年のAustralian Openで対戦していますね。SharapovaはWozniackiに破れました。Wozniackiは2012年以来2年ぶりの準々決勝進出ですね。久しぶりの活躍ですね。Erraniとのディフェンシブ対決はものすごく長くなりそうな予感が。。。

 

大会も2週目に突入、男女ともに若手が勝ち上がってきて面白くなってきましたね。楽しみですね。

 

 

ほいだらの。

コメント

関連記事

最新記事

カレンダー

<  2022-06  >
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

テニス王子のJust Right!では、選手紹介・ルール・歴史までテニスにまつわることを幅広く紹介していきます。これを読んだあなたも、Australian Openが開催されるMelbourne Parkでテニスを始めませんか?

記事一覧

マイカテゴリー