Logo for tennis

錦織とCilicが決勝に

うにょ~ん。

 

なんだがどえらい事になってしまいましたね!US OPENで日本人が大暴れしています。

男子ジュニアのダブルスで、錦織の次に台頭してくると評される中川直樹が優勝。2006年の錦織のFrench Open以来の日本人の優勝ですね。第12シードとしてシングルスに出場しましたが、まさかの初戦敗退。その後しっかり切り替えダブルスに取り組み優勝しました。
車いすテニス部門では、国枝慎吾と上地結衣がダブルスでアベック優勝。上地選手はイギリスのJordanne Whileyと今年のGSで組んでいますが、年間GSを達成しました!!若い二人が今後の車いすテニス界を席巻していくでしょう。明日は2人ともシングルス決勝に臨み、国枝選手は年間GSが期待されます。上地選手はFrench Openでタイトルを獲得しており、2冠目を手にすることができるでしょうか?期待しましょう。

 

そして、今日の2時から朝にかけて行われた男子準決勝で、錦織がDjokovicを4セット、CilicがFedererを3セットで退け、共に自身初のGS決勝進出を決めました。誰がこの組み合わせを予想出来たのでしょうか?BIG 4のいない決勝戦は、実に2005年のAustralian OpenのSafin VS Hewitt以来。その後はずっとBIG 4同士、もしくは決勝進出者1人はBIG 4という時代でした。ちなみに2005年のAustralian Open以来38大会ありますが、そのうちBIG 4同士の組み合わせ出ないのは14大会のみ。驚異的な強さを誇っていたBIG 4ですが、ついに世代交代が訪れ、若手が台頭してくるようになりました。Raonic、Thiem、Dimitrov、Gulbis、Janowicz、ツアーを離れていますがDel Potroなど次の楽しみな世代が出てきましたね。ちなみに錦織は日本記録が騒がれていますが、アジア人としても初のGS決勝進出ですよ。

 

まず錦織ですが、今日の試合はバックハンドが素晴らしかったですね。対戦してDjokovicとのバックハンドのラリーで圧倒できる選手を見るのはかなりレアでしょう。立ち上がり見事に抑え込み第1セットを奪いましたが、第2セットはDjokovicに攻められ失います。ただ、ここは早めに捨てているようにも見えました。第3セットでも錦織はキープするのに必死、1ゲームオールで迎えた第3ゲームでは、7度のデュース、実に11分もの苦戦を強いられますが、なんとかキープに成功します。ここでの強さが今日の勝利につながったのではないでしょうか。第3セットではタイブレークにもつれ込みましたが、最初の4ポイントを連取しました。ただここで勝ちビビリしたのか、受け身の姿勢が見られた錦織をDjokovicは普段なら見逃しません。しかし今日は明らかに乗れていません。その後もポイントは取るもののダブルフォルトを献上し錦織はセットを手にし、歴史的瞬間にあと1セットと王手をかけました。32度を超え、体感は35度以上と言われた今日のニューヨーク、Djokovicの苦手な暑い日の試合でした。錦織も得意ではないですが、今大会際立っているメンタルの強さで押し切りましたね。第4セットは立ち上がり錦織がブレークに成功、しかし続くサービスゲームでは0−40とブレークポイントを3つ与えます。しかしやはり今大会の錦織はここでも倒れず、見事にキープし、その勢いのまま最後のDjokovicのサービスゲームでもブレークに成功し、セットカウント3−1で勝利しました。

 

その後行われたもう1つの準決勝では、CilicがFedererにストレートで勝利。前哨戦のトロントマスターズでも対決していますが、この時は2−1でFedererが勝利。ただ今日の試合はこの時とは大違いですね。ドーピングで欠場後のCilicはサーブのフォームが変わり前以上にパワーが乗りましたが、ストロークの安定性が更に向上し、ライジングの強さが際立っておりFedererを圧倒していました。Federerも決して悪くはなかったのですが、いつもの強さと聞かれるとそうとは言えませんでした。ネットに出るも、ポイントに繋ぐことがいつもより少なかったですね。

 

2005年以来のBIG 4以外の決勝戦、錦織はMichael Changを、CilicはGoran Ivanisevicという、GS優勝者をコーチに迎えた戦いというのも魅力ですね。過去の2人の対決は5勝2敗で錦織がリードしており、今年のバルセロナで戦った時は錦織の確変振りが異常でCilicは攻めあぐねていました。今大会ではCilicが確変しており(もちろん錦織もですが)、結果は読めませんね。ちなみに2010年にはこのUS OPENで2回戦で対戦しています。フルセットの末錦織が勝利していますが、またあの熱い試合が繰り広げられることを願いたいですね。決勝戦はメルボルン時間で火曜日の朝7時から。お楽しみに。

 

ほいだらの。

コメント

関連記事

とらむ

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

最新記事

カレンダー

<  2022-06  >
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

テニス王子のJust Right!では、選手紹介・ルール・歴史までテニスにまつわることを幅広く紹介していきます。これを読んだあなたも、Australian Openが開催されるMelbourne Parkでテニスを始めませんか?

記事一覧

マイカテゴリー