Logo for tennis

WTA選手達に色々とありました。。。

うにょ~ん。

 

この週末、WTAで色々とありました。まずは、元女王Victoria Azarenkaが今シーズンの残りのツアー欠場を発表、今年のAustralian Open優勝者の中国のLi Naが引退を表明、オーストラリアの期待の若手、Ashleigh Bartyが無期限の休養を発表、最後に明るい話題ですが、2010年に引退しチェコのRadek Stepanekと結婚(2013年に離婚)を発表した、Nicole Vaidisovaが現役を復帰。と先週から週末にかけて大事件が4件も。

 

まずは休養組の話題から。

Azarenkaですが、今シーズンは怪我による休養・復帰を繰り返していますが、中途半端に復帰しては怪我してというのをやめ、完全休養し来期完全復帰するための決断のようです。

オージーのBartyは理由も特に説明なく、突然発表されました。年頭のオーストラリアのシーズンがあるため難しい決断だったそうですが、この決断がベストだろうとのこと。それ以外には今までのツアーを振り返る、よく目にする決断理由のため、特にそれといった明確な理由がありません。最高で120位台まで上がりましたが、1つ伸び悩んでいるのも確か。今後戻ってくることに期待しましょう。

 

休養を発表するのもいれば、復帰するのもいます。

Vaidisovaは4年半振りにプロツアーに復帰。テニス界きってのチャラ男・サゲチン、付き合った選手はみんなダメになるとして有名なStepanekと結婚し引退しましたが、3年後には離婚、ちなみにこの後のStepanekの彼女は今年のWimbledon女王Kvitova。こちらももう別れたようでWimbledonで彼女が優勝した際には、Stepanekの呪いから解かれたと言われていましたね。Vaidisovaは過去に7位までに上り詰め、US OPEN4回戦、Wimbledonは準々決勝、Australian・French Openでは準決勝に出場した実力者。2008年以降低迷期と言われており、弱ったところにStepanekが付け入り結婚しましたが、離婚の理由は彼の浮気だとか?なにはともあれ、Stepanekの呪いに打ち勝てるか?また上位まで戻ってくることに期待ですね。

 

最後はやはりLi Naの話題ですね。

明るいキャラクターに、たどたどしい英語から繰り出すジョークが受け、Fan’s Favoriteとして有名な、中国のLi Na。US OPEN前に欠場を表明していましたが、その時はついに体が悲鳴を上げたと言われそのまま引退か?など報じられていましたが、その通りになってしまいました。中国テニスのみならず、アジア、世界で影響力を持った選手でした。アジア人として初のGS制覇をFrench Openで成し遂げ、御存知の通り今年のAustralian Openでも優勝、その時のスピーチも大爆笑を巻き起こし話題に。

 

愛されていた選手だけあって、SNS上でも様々な選手からFarewellメッセージが。指でLとIの字を作った自撮り写真を上げるのがトレンドになっているようです。

 

しかしこうして振り返ってみると、男子に比べてやはりバーンアウトは多いのは女子の兆候かもしれないですね。Capriatiは16歳でオリンピック金メダルを獲得した後、Kournikovaは人気先行型でしたが若くしてツアーを離れています。バーンアウトを防ぐために、若手選手は出場制限がある現在のテニスツアーですが、突然変異の若手の優勝者が出ない批判もありますが、正しい処置なのかもしれませんね。

 

ほいだらの。

コメント

関連記事

Footy Show

グランドファイナル前夜祭で盛り上がるメルボルン!!

最新記事

一と一子(6)

1945年8月15日、やっと戦争が終わった。でも、戦争が終わって.....

カレンダー

<  2020-04  >
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

テニス王子のJust Right!では、選手紹介・ルール・歴史までテニスにまつわることを幅広く紹介していきます。これを読んだあなたも、Australian Openが開催されるMelbourne Parkでテニスを始めませんか?

記事一覧

マイカテゴリー