グルメgourmet

レストラン検索restaurant

Bar Lourinha

パエリア・パンに広がる色彩豊かな地中海。

2009年4月7日掲載

Matt McConnell - Bar Lourinha

メルボルンCBDのパーラメント駅(Parliament Station)の近く、そこにはスペイン・ポルトガル・イタリアに囲まれた地中海がある。店内の内装も地中海をイメージし、入り口付近の待合席に座っていると、まるで地中海に浮かんだ船に乗っている気分。 

ここはBar? それともレストラン?? 店内にはBarカウンター、背丈が高く細長いテーブル、そして肘掛・背もたれの無いイスが並ぶ。そう、このレストランのテーブルは全て共同席。それは、オーナーの“最高の食事とワインに価値がある”という自信と、“その時間を楽しんで欲しい”という願いが込められている。そして、その空間に座っているだけでもわくわく、ドキドキ…今までのレストランの常識を覆す配置となっている。

 

もちろんキッチンもオープンキッチンで、料理を作っている人の顔を見ることができる。逆に言えば、料理を作る人も、お客様一人ひとりに気を配ることができ、料理を出すタイミングやコミュニケーションを大切にするオーナーらしい内装だということだ。

オーナーのMatt McConnell氏は地元メルボルン出身で、3年前にこのレストランをオープン。ヨーロッパ各地を旅し、地中海料理を研究してきた。その研究心は今も上昇中で、現在でも1年に3回はヨーロッパに訪れる。


オーナー兼メインシェフのMatt McConnelさん

その旅の中で一番印象に残っていることと言えば、やはり料理人としての勉強・経験だという。その魅力溢れる地中海料理を“食事を楽しむメルボルンの人々”に伝えたくてここにレストランをかまえた。そう、彼はメルボルンをこよなく愛し、自分の料理を通じて皆によりメルボルン・ライフを楽しんでもらいたいと願っている。だからプロフェッショナルながらも、フレンドリーなお店の雰囲気ができあがったのだ。  

今回紹介する1品は、水曜日のランチタイムにしか食することのできない『パエリア』。

 
パエリア $25

そして遂に完成したパエリアは、その熱さを保ったまま小分けされ、まだかまだかと待っていた人々のもとへと配られていく。その味はかなり濃い目で、海鮮の旨みがライスにそのまま染み込んでいた。見た目は少なめに見えるが、食べた後はかなりの満腹感を得られる1皿である。

直径1m以上はあろうかと思われる専用のパンで、オーナー兼チーフ・シェフが自ら料理する特大パエリア。まずはオリーブオイルを入れた後にガーリックで香り付け。その後、ライス、エビ、カニ、ムール貝、アサリ、パプリカ、チキン…と、豪華な材料を次々と惜しげもなくパンに放り込んでいく。その度に立ち込める煙と美味しそうな匂いが食欲をそそる。全ての食材を入れた後に15分程待つのだが、その間にも店内に充満する匂いが皆を誘惑するのである。その匂いに誘われたのか、先ほどまで空いていたテーブルは瞬く間に満席となり、このパエリアの出来上がりを待つ人々で埋め尽くされていた。

 

◆パエリア調理の様子はこちら◆


メニューはランチ、ディナー共に同じで、平日は昼から夜まで常に扉が開いている。特に、先に紹介した水曜日の“スペシャルランチ”時は、常日頃から食事を楽しんでもらいたいと思っているオーナーのパフォーマンスが光る。料理が光る。汗も光る。時には直径2mのパンを使用することもあるそうだ。

 

   

ワインリストも豊富で、100種類以上のワインを常備。ウェイターのサミーさんが、ソムリエの知識と経験で“料理に合ったワイン”を出してくれる。我々にとって難しいワイン選びも心配ご無用。

オーナーは『日本酒を選ぶほうが難しいよ』と、少し日本に興味を持っているようだ。 

 

昼の予約は可能らしいが、残念ながら夜の予約は行っていないそうだ。 “夜は映画を見た帰り、ショッピングの帰りに寄ってもらえれば…そのために遅くまで開けて待ってるから大丈夫”と、生活の一部として食事を楽しんでもらいたいオーナーの気持ちがそこにも表れている。メルボルンで食事を楽しむ人々について語る、そんな屈託のない笑顔に我々は引き込まれる。そんなオーナーの人柄が、素敵なスタッフを引き寄せたのであろう。最後に、我々の「この店がこんなに人気の秘訣は何だと思いますか?」という問いに彼は「それはきっと、スタッフのおかげだと思う。美味しい食事とお酒を出すレストランはたくさんあるけれど、やはり人を呼ぶのは人だから。ここに居るスタッフ達はフレンドリーでいてサービスも最高、そして知識も兼ね備えている。まるで、自分たちの家に人を招きいれている感覚なんだよ」と答えた。

 

「働いている人たち=従業員」というイメージを、ここでも覆された。満員のランチタイム、一人ひとりに最高のもてなしをしていた。

2Fにはウェディング・パーティーなどを行う部屋もあるので、予約をし、みんなでぜひ地中海料理で盛り上がっていただきたい。


Bar Lourinha
 URL:http://www.barlourinha.com.au/
住所:37 Little Collins Street, Melbourne, VIC 3000
TEL:(03) 9663 7890
営業時間:月ー水 12:00-23:00
     木・金 12:00-25:00
     土 16:00-25:00
定休日:日曜日
カード:Master, Visa, Amex, Bank Card 

loading Google Map ...

関連記事

chillipadi

美味しいアジアのいいトコ取りっ。クーポンもチェック!

最新記事

船旅(3)

船長のピーター・マクミランが皆がそろったところで、自己紹介をして.....

船旅(2)

 乗船する当日、外から眺めた豪華客船は、その大きさと輝くような白.....

船旅(1)

 光江はオーストラリア人のニールと結婚して30年になる。その間、.....

アクセスランキング

  1. 2016 Parri Vermentino
  2. 2018 Otway Prime Field Blend
  3. 2017 S.C. Pannell ‘Dead End’ Tempranillo

トップ20リストへ

人気の記事

SHYUN RAMEN BAR

こってり好きな人は要チェック!嬉しい特典つき!