グルメgourmet

レストラン検索restaurant

Lucattini

明るいオーラとビッグスマイルの持ち主

2009年7月10日掲載

Luciano Trotta - Lucattini

 
 
メインストリートから少し外れた通りにある、赤壁のイタリアン・レストラン“Lucattini”。
このレストランにいると、まるでイタリアのローマの街角にあるレストランにいるような気がしてくるのはなぜだろう。

 

それは、お世辞にも広いとは言えないけれど、奥行きがある店内と真っ白なテーブルクロス、クリーム色の壁に木製のイス、そしてほんのりとした温かい色合いの照明のせいかもしれない。

その一つ一つのセンスや配置がイタリアにあるレストランを思い出させる。

しかし、何よりもイタリアを感じさせるのは“Lucattini”のオーナー兼シェフであるLuciano Trottaさんの存在なのだと思う。こちらまで自然と笑顔になってしまう明るいオーラとビッグスマイルの持ち主なのだ。

Luciano Trotta

41年前の1968年にイタリアからメルボルンにやってきたLucianoさんはイタリアでもメルボルンでもレストランで働いてきた。様々なレストランで、様々なオーナーやシェフと知り合い、語り合い過ごしてきた中で、いつしか自分自身でもレストランをオープンさせたいという夢を抱きはじめたという。

そして遂に2005年、自身のレストラン”Lucattini”をオープンさせた。お客様が楽しく食事ができるよう、スタッフ一同が細やかな気配りを見せている。



Filleto Di Manzo Alla Torgianese  $35
-Eye Fillet Beef wrapped in Bacon, served in Red wine Jus.
フィレ肉を口に入れると、そのやわらかさに驚いてしまった。このまま舌の上でとろけてしまうのではないかというほどやわらかい。また赤ワインベースで作られたソースとフィレ肉との相性が絶妙。“Lucattini”を訪れた際は、是非食べてもらいたい。


Abbacchio D’Agnello Romana $31
-Tender Lamb Loin Grilled with Italian seasoning.
こちらもまた驚くほどやわらかいラム肉を使用した一品。イタリアンハーブ、スパイスをちりばめて調理されているので、ラム肉独特の味や匂いが苦手な方でも、問題なく食べることができるはず。

最後に「これからの夢は何ですか?」とLucianoさんに尋ねると、「僕の夢かい?できることなら、もう60年、生きたいね。」と答え、大きく笑った。詳しく聞いてみると、あと60年生きることができるなら、今度は“Lucattini”とは違ったタイプのレストランをオープンしてみたいのだという。やりたいことがたくさんありすぎて、もっともっと時間がほしいと語ってくれたLucianoさん。
その夢を語るときの目の輝きと、活き活きとした笑顔は18歳の少年にも負けないものだと思う。きっと夢を叶えてしまうに違いない。



Lucattini
URL:http://www.lucattini.com/index.html
住所:22 Punch Lane, Melbourne VIC 3000
TEL:03-9662-2883
営業時間:Lunch 月ー金 12:00-14:00
     Dinner 月ー土 18:00-22:00
定休日:日
クレジットカード:MASTER/VISA/AMEX/DINNERS

loading Google Map ...

関連記事

最新記事

船旅(8)

「アマンダは、どうして殺されたのか?」「犯人は一体誰なのか」その.....

船旅(7)

船が次の停泊地、香港に着いたのは、オーストラリアを離れて10日目.....

船旅(6)

アマンダの目が、テーブルの上に置いてある、光江が読んでいた本に目.....

船旅(5)

 翌日、光江はいつものように3時頃散歩に行ってくると言うニールを.....

船旅(4)

最初のころは物珍しさも手伝って、それほど退屈にも思わなかった船旅.....

アクセスランキング

  1. ‘Ray’ Hard Seltzer
  2. 2016 Parri Vermentino
  3. 2018 Otway Prime Field Blend

トップ20リストへ

人気の記事

SHYUN RAMEN BAR

こってり好きな人は要チェック!嬉しい特典つき!