インタビューinterview

キャリア・学ぶcareer

キリン恵み ブランドマネージャー 西垣 一成氏 インタビュー

しずくから大河へ、新たな挑戦

【プロフィール】
西垣 一成 Kazunari Nishigaki
1998年 キリンビール㈱入社 大阪で飲食市場中心の営業担当を経験
2004年 本社へ異動 市場リサーチ室で、科学的な観点から、新商品開発やブランド管理のサポートを行う業務に携わる
2011年 キリン恵みのブランドマネージャーとして、ライオン社へ異動

 

--キリン恵みビールのブランドマネージャーとしてのお仕事とは?

 簡単に言うと「キリン恵みファンを増やす」、別の言い方をすると、多くの人にブランドを知ってもらい、より多くの人に飲んでもらい、そして好きになっていただくことです。それを実現するために計画を立て、実行、検証することがブランドマネージャーとしての仕事になります。

 

--キリン恵みビールの特徴とは?

 まず始めに、キリン恵みは日本からの輸入でなく、オーストラリアで現地製造していることです。ですから、皆様の手元にフレッシュな状態で届けることが可能です。

 次に、キリン恵みは一番搾り製法を使用したビールですので、非常にクリアでピュアな味わいのビールになっています。

 最後に、ファッショナブルな見た目です。グリーンのボトルで、黒(ボトルには白)の筆の線のラベルが、その見た目を演出しています。

   

--オーストラリアに来られて、こちらのマーケット事情で驚いたことはありますか?

 日本では“飲みながら食べる”というのが主流だと思います。もちろん違う人もいると思いますが…。オーストラリアでは“飲むときは飲む、食べるときは食べる”というスタイルが多いように感じますね。飲む場所、食べる場所としはっきり分かれているように思います。

 

--LION様とキリン様の関係をご説明いただけますか?

 まず、LIONという会社はアルコール事業を行っていたLION NATHANという会社と乳業・ソフトドリンクを扱っているNational Foodsという会社が合併してできた会社です。LIONはキリンの100%子会社となります。

 私はキリンよりオーストラリアへ出向しているのですが、LIONのビール事業部門に出向しており、オーストラリア・ニュージーランドで販売しているキリン恵みビールのブランドマネージャーが私の業務です。

        

--メルボルンの印象はいかがですか?

 率直に本当のことを言うと、寒いなぁ…という印象です(笑)。まだ限られたところにしか行っていませんが、街並みや建物がきれいですし、トラムも印象的ですし、道が碁盤の目になっているので迷子になりにくいですよね。

 

--ビジネスとしてのメルボルンの印象はいかがですか?

 現在恵みビールにとってメルボルンは最大のマーケットです。マーケットが大きい且つ、一番伸びているのがメルボルンですね。メルボルンの人たちがファッションや流行にとても敏感で、自分だけのお気に入りを見つけたいという、メルボルンの方々のキャラクターと合っているのだと思います。

 

--西垣さんの恵みビールのオススメの飲み方はありますか?

 冷蔵庫に入れたときに気付いたのですが、自宅の冷蔵庫の扉の棚の上一段に恵みビールを入れていて、ライトに反射されてボトルがきれいに映えるんですよ。仕事を終えて帰って、冷蔵庫を開けてライトに映えている恵みビールを取り出す瞬間がうれしいですね。ですので、仕事から帰ってきて、ON-OFFのスイッチ切替の一杯として飲むのがおすすめです。

 

--これからの恵みビールのビジョンはなんですか?

 現在は日本食レストランや流行の都市型バーでの販売が中心です。私の仕事はたくさんの人に恵みを知って飲んで、ファンになってもらうことですが、まだまだ限られた人にしか飲んでいただいていないと思います。目標を大きく今の10倍恵みファンを増やしたいですね。そのためにはもっと大きなマーケットを狙っていかないといけないとも思っています。

 ひとつ目指しているのは、恵みビールを‘アクセサリー’にしたいと考えています。ネックレスや指輪、時計など、人に自分を格好よく見せたいという思いも込められていると思います。ビールがアクセサリーになれるのか?という疑問もあると思いますが、それを“Yes”にするのが恵みビールの挑戦であると思っています。

 

--読者の方にメッセージをお願いします。

 いつもご愛飲いただきありがとうございます。恵みビールはキリンから生まれたビールですが、日本のキリンビールとは、一味違ったビールです。日本でキリンを好きだったかたはもちろん、好きでなかった方も是非試してください。

 日本では、キリンは誰もが知っているビールですが、オーストラリアではキリン恵みビールは、知っている人しか知らなくて、知っている人がこだわって飲んでいるブランドですので、恵みビールを飲んでいる姿が他の方に「こだわっているな」と思わせることができると思います。

 こちらにも美味しいビールはたくさんありますが、何か気分を変えたいときや特別な日にキリン恵みを試していただけたらと思います。

  

--オーストラリア生活での趣味やリフレッシュなどは何をされていますか?

 ジョギングをしています。今年もマラソンレースに出たかったのですが、トレーニングが間に合わずまだ出ていません。オーストラリアのきれいな街並みの中でジョギングするのはすごく気持ちが良いです。

 また日本の時は興味がなかったのですが、ラグビー観戦をするようになりました。同僚にラグビー好きが多く、実は今日も先ほど誘われたばかりです(笑)。日本にあるラグビーとは違うルールのラグビーもあり、最初は困惑しましたが、やっぱり私はユニオンリーグのワラビーズが好きですね。

 

--西垣さんのこだわりや好きな座右の銘はありますか?

 最近『しずくから大河へ』という言葉が好きですね。どちらかというと投資ファンドの業界で使用される言葉だそうですが、私の仕事でも使える言葉だと思っています。

 どんな仕事でも、まずは誰かの発案(しずく)から始まります。それを成し遂げるためには、沢山の人を巻き込み、協働して大きな流れ(大河)に作っていくことが必要だと考えています。発案者になることを恐れず、また関係者を巻き込んでいけるよう創意工夫ができる人間になれることを目標にしています。

 

[ 9/Sep/2011 ]

コメント

関連記事

最新記事

船旅(16)

ニールが船長に会うと、船長は「リチャードーさんは5時過ぎに来まし.....

船旅(15)

ニールは、重い腰を上げてドアを開けて、刑事たちが部屋に侵入するの.....

船旅(14)

ニールは、ビルを出たところで、携帯で話しながら歩いている男と衝突.....

船旅(13)

「プリンセス号の乗船まで、警護してくださるんですか?」 「二人で.....

船旅(12)

ニールは、「リーさんですか?」と聞くと、相手の男が頷くのを見ると.....