Logo for tennis

超新星Janowicz現る、そしてATP Tour Finals開幕!

ども~

先週終了した年内最後のMasters 1000パリですが、予選を勝ち上がったポーランドのJanowiczが本戦で大暴れしましたね!


(ATP Official Facebookより、Murray戦後のJanovicz)

1990年生まれの新世代代表のJanowicz、2メートルを超える身長から繰り出すサーブを武器に、Murray、Kohlschreiber、Cilic、Tipsarevic、Simonといった名だたる強豪をめった切りにし、あっという間にFerrerの待つ決勝へ。Murray戦は相手のサービスゲームでマッチポイントを握られましたが見事挽回しました。年初のランキングは221位で、Australian Openの予選に参加しようとしたところ、資金繰りが出来ず不参加、その後下部大会を回りポイントと賞金を稼ぎ、French Openから予選に参戦し、Wimbledonでは3回戦まで進みました。この時名前は見ていましたけど、正直今回の大会ではノーマークでした。Masters 1000の参戦は初めて、しかも予選上がりで決勝に進むとは。
決勝では今季絶好調のFerrerにストレートで敗れましたが、今大会の活躍でランキングも26位としキャリアハイ。このままいけば来年のAustralian Openはシードで入ってくるかも知れませんね。母国ポーランドでは大騒ぎだそうで、自宅前の通りが報道陣で埋め尽くされ通れず、大統領からも連絡が入ったそうですから、しばらくは大変そうですね。オフシーズンですからいろいろメディアにも引っ張られそうですし。スポンサー問題は解決できると良いですね。


Masters 1000も終了、今季のATPも残すところロンドンで今週から上位8選手によって行われるTour Finalsのみ。

(ATP Official Facebookより、パリのMastersのため、Ferrerは欠席)

予選総当たり戦組み合わせが発表になりました。もうこのコラムが掲載される火曜日には予選各グループ1試合ずつ終了していますね。WTA Tour Finals同様、2グループに分けられ、総当たり方式で戦われる予選は、

Group A: Djokovic, Murray, Berdych, Tsonga
Group B: Federer, Ferrer, Del Potro, Tipsarevic

Group Aはかなりタフなドローですね。Djokovic, Murrayが中心なのは間違いないですが、Murrayもアジアシリーズ始まってからマッチポイント握られながら敗れるのが東京、北京、パリと3連続。いまいち勝ち切れていません。Federerにとってはだいぶ楽な予選となりましたが、本戦でDjokovic、Murray両者を倒さなければならない可能性がありますから、そういった意味では、この予選は楽に勝ち上がって体力をしっかり残す必要がありますね。今季絶好調のFerrerは直前のMasters 1000のパリを含めると、今季7勝。これは選手最多です。Del Potroも復活していますし、Tipsarevicは正式参戦は初ですが、US OPENではFerrerに肉薄するなど今季絶好調。昨年は怪我したMurrayの代わりで途中参戦でした。
しかしこうしてみると今の上位選手は豪華ですね。BIG 4に引っ張られているのは確かですが、どの選手も見劣りしない。今週のランキングでDjokovicに抜かれ、年間1位の座は明け渡したFedererですが、この最終戦に備えるためにパリはスキップしましたからぜひともタイトルが欲しいところ。1970年に開始されたこの大会も、三連覇を達成した選手は、Lendl、Nastaseの二人のみ。Federerも新たな歴史を刻めるかといったところ。まあすでに6勝していますし、最多記録なのですけどね。今回の参加選手の中で優勝経験があるのは、Federer、Djokovicのみ。参加選手誰もが欲しがっているタイトルですし、今季最終戦ですから、GS並みの気合いで臨んできます。


もちろんダブルスもありますよ!

(ATP Official Facebookより、こちらもパリMastersの影響で3組欠席)

こちらも同じく上位8組を予選2グループに分けての総当たり戦。組み合わせは以下の通り。

Group A: Bryan Brothers, Paes & Stepanek, Granollers & Lopez, Qureshi & Rojer
Group B: Mirni & Nester, Lindsdet & Tecau, Bhupathi & Bopanna, Marray & Nielsen

ダブルスは放送自体が少ないためあまりツアーを追って把握しきれていないのが事実ですが、Group Aは、Bryan Borthersに今季Australian Openやマスターズなどを含む3勝をマークし絶好調のPaes & Stepanek組が有利でしょうね。Group BはMirni & Nesterのベテラン組は堅いでしょう。Lindsdet & TecauかBhupathi & Bopannaのどちらが上がってくるのではないでしょうか。

ATPもようやく最終戦。今年1年を締め括る最後の大勝負、ロンドン開催で時差が大変ですが、この1週間しっかり乗り切りましょう!
それでは!

コメント

関連記事

最新記事

カレンダー

<  2021-11  >
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

プロフィール

テニス王子のJust Right!では、選手紹介・ルール・歴史までテニスにまつわることを幅広く紹介していきます。これを読んだあなたも、Australian Openが開催されるMelbourne Parkでテニスを始めませんか?

記事一覧

マイカテゴリー