Logo for tennis

オーストラリア期待の若手がチャレンジャー優勝!

あちょっす!!
オーストラリア期待の若手と言えばBernard Tomicでしょうけど、今回はさらに若い世代に目を向けてみましょう。今年のAustralian Open Jr.を制したオーストラリア・キャンベラ出身の17歳、Nick Kyrgiosがシドニーで行われたチャレンジャー大会、The Nature’s Way Sydney Tennis Internationalを制覇しました!ワイルドカードで出場したKyrgiosは第5,6シードを破る快進撃を見せ、決勝は6-3,6-2のストレートで勝利、ランキングを589位から330位へとジャンプアップさせました。10代でのチャレンジャー優勝はなかなかレアなケース。AgassiやRoddickをコーチしたBrad Gilbertも自身のTwitterで、10代のチャレンジャーチャンピオンは注目に値すると言っています。それもそのはず、過去の10代のチャンピオンはBIG 4やDel Potro、そして錦織など。10代での優勝は自ずと注目が集まり今後が期待される選手の仲間入りです。17歳となると、FedererやMurrayも成し得ていないんですよね。選手育成に力を入れているオーストラリアとしても今後力を入れていく選手となるでしょう。


さて、今週からいよいよGSの次に格付けされているATP Masters 1000がインディアンウェルズにて開催されます。注目はやはりBIG 4の面々。Djokovicは今季無敗の17連勝中。MurrayはAustralian Open以降試合から遠ざかっていますのでコンディションがわかりませんね。調整で休んでいるのか、怪我なのかどうか。Federerはドバイの大会でBerdychからマッチポイントを取るも敗れています。どうも集中が切れているように見えてしまう試合がここ数年増えてきますね。まだまだタイトルは取れますし、GSの制覇も期待していますが、やはり年には勝てないのでしょうか?Nadalはアカプルコで行われたクレー大会でFerrerをストレートで破り優勝を果たしていますがまだまだ不安があるのでしょうか、メディアにはハードコートのマスターズは避けるとコメントしたとの情報が。しかし翌日にコーチで叔父のToniが否定していましたが実際のところは分かりませんね。
もちろん錦織も忘れてはいません。Memphisで優勝した次のDelray Beachでは1回戦の第1セットの途中で棄権。脇腹を痛めたそうです。やはりまだまだツアーをフルで戦い抜く体力はないと本人は話していますが、このDelray Beachはなぜ回避せず出場したのでしょうかね?Memphisの決勝でも痛みを我慢して戦っていたようですし、休養にあてた方が良かったのでは?と思いますね。そろそろマスターズでも結果を出さないとこれより上には行けません。インディアンウェルズではおそらくシードでしょうからドローは戦いやすくなりますので、このチャンスを逃さず上位進出を目指してほしいですね。


いよいよマスターズもスタート。アメリカですので時差が大変ですが、ぜひチェックしていきましょう。

コメント

以前のコメント

めなげ   (2013-03-05 17:30:12)
Kyrgiosくん、期待しています。 ここのところ10代でほんとにすごい選手ってなかなか出ていなかったですね。 あれ~?ナダル出場表明したと思ってました。 長い間ビッグ4がそろわなかったので楽しみにしているんですが…

関連記事

最新記事

カレンダー

<  2022-07  >
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

テニス王子のJust Right!では、選手紹介・ルール・歴史までテニスにまつわることを幅広く紹介していきます。これを読んだあなたも、Australian Openが開催されるMelbourne Parkでテニスを始めませんか?

記事一覧

マイカテゴリー