Japan In Melbourne
動くGO豪メルボルン
Logo for tennis

Australian Open開幕

うにょ~ん。

 

先週はあまりの多忙ぶりにコラムの更新が出来ませんでした。楽しみにしてくださった方々は申し訳ないです。

 

さて、いよいよAustralian Open 2016が開幕しました。

今年はなんといってもHewittの引退ですね。今大会を最後に引退を表明しているHewittですが、初戦は明日火曜日のナイトセッション、同じオージーのJames Duckworthと対戦です。

昨年のAustralian Openで今年での引退を発表した時は、自分はシドニーに引っ越すことが決まっていたので、来年は見られないかと本気で泣いていたのですが、なんと昨日急遽火曜日がオフになり水曜日は夜から仕事なので、明日メルボルンに行くことにしました。やはり自分がテニスを始めた頃からのヒーロー、オーストラリアに行くのを決めたのも彼の出身国だからですし、思い入れは強いですね。昨年は違う意味で泣いていましたが、今年は最後ということで泣いてしまいそうです。メディアパスも無事取れましたので、フォトグラファーエリアで泣いている写真家が映れば自分です。

 

日本勢は奈良くるみ、錦織圭が初戦突破を決めました。伊藤竜馬、杉田祐一が予選を勝ち上がったので男子は5人、女子は大坂なおみが予選を突破し、奈良くるみ、土居美咲、日々野菜緒らの本戦組に合流です。大坂は初めて見る選手なので楽しみですね。日本人で200キロを超えるサーブが打てる選手が出てくるとは。恵まれた体格を活かして勝ち上がって欲しいですね。

 

Murrayは奥さんの出産が2月になっており、もし決勝に進んでも出産と重なれば棄権すると発表しています。FedererもRoland Garrosの時に出産と大会が重なれば棄権すると言っていましたし、各選手もMurrayを支持しています。日本人だと家族に何があろうと、プロとして仕事をするのが当然といった風潮は有りますよね。ビーチバレーの浅尾美和が妹が亡くなった時に、大会を棄権した時に、批判がありましたがあれは恐ろしい感覚でした。どんな職種だろうと、まずは再優先させられるのは生活の事でしょう。もちろんMurrayの活躍はみたいですし棄権とならない事を願いますが。

 

明日はHewittの撮影に行ってきます。お昼ごろ到着予定ですが、NadalとVerdascoも見られるので楽しみですね。あの準決勝を生で見ていましたが、再戦がまさか1回戦で起こるとは。。。

 

それでは今週はこの辺で。

 

ほいだらの。

 

 

 

 

コメント

関連記事

bison australia

創り手の優しさが温かい、そんなセラミック。

最新記事