グルメgourmet

カフェ検索cafe

RUE BEBELONS

時がゆったりと流れ、別世界にトリップできるカフェ

2009年7月6日掲載

シティの喧騒の中で時がゆったりと流れる

別世界にトリップできるカフェ

明らかに異質である。入った瞬間にそんな気がした。スワンストン・ストリート(Swanston Street)とメルボルン・セントラル(Melbourne Central)をつなぐわずかの距離の中で静かに佇んでいるこのカフェは、言うならば、「Cityのど真ん中にブランズウィックのお店を切り抜いてきた。」という表現がふさわしいだろう。そもそもこのストリート自体が、大きなグラフィーティが壁一面にあるなど、ブランズウィックの雰囲気に似ている気がする。

店内ではジャズの要素が入ったブルースのような音楽がかかっており、その音色がすごくノスタルジックだったので辺りを見回すと、たくさんのレコードがカウンター奥の棚に収納されていた。お酒も色々な種類がディスプレイされていたので、夜はバーなのかと尋ねたら「そうだ。」と返事が返ってきた。

 

ここは空間を楽しむべきカフェだろう。実際お客は、コーヒーを飲んでサッと帰るような人はほとんどおらず、つれあいと熱心に話しこむ人ばかりであった。人を饒舌にさせる何かがここにはあるのかもしれない。店内にかかっている絵は一つ一つがユニークで、そのそれぞれの個性が空間の中に溶け込んでいた。それを見ているだけでも時が静かに流れていく。


 写真 [右]カフェラテ3ドル [左]カプチーノ3ドル


お味噌汁のお椀に無造作にザラメが入れられていた。

他の人が頼んでいたホットチョコレートがとてもおいしそうだったので頼まなかったのが悔やまれる。昼夜問わず、シティで友達や恋人とちょっと話したいと思った時、寄りたくなる場所だ。

『RUE BEBELONS』
住所/267 Little Lonsdale Street, Melbourne VIC 3000
営業時間/月 9:00-20:00 
     火・水 9:00-1:00
     木・金 9:00-3:00
     土 12:00-3:00
     日 12:00-21:00
カード/CASH ONLY

 

loading Google Map ...

関連記事

BASEMENT CAFE

その名の通り“半地下”に位置するファンキー・カフェ

Cafe Dior

きらきら眩しいカフェであなただけのワンダーランド時間。

Le petit gateau

メルボルンで本場フランスのケーキはいかが?

最新記事

船旅(3)

船長のピーター・マクミランが皆がそろったところで、自己紹介をして.....

船旅(2)

 乗船する当日、外から眺めた豪華客船は、その大きさと輝くような白.....

船旅(1)

 光江はオーストラリア人のニールと結婚して30年になる。その間、.....

アクセスランキング

  1. 2016 Parri Vermentino
  2. 2018 Otway Prime Field Blend
  3. 2017 S.C. Pannell ‘Dead End’ Tempranillo

トップ20リストへ

人気の記事