グルメgourmet

レストラン検索restaurant

Esposito at Toofey’s

心浮き立つカルパッチョ。官能的でさえある出逢い

Esposito at Toofey’s

カールトンにあるシーフードダイニングレストラン“Esposito at Toofey’s”。
ここで味わうことのできるシーフード料理は世界レベルだ。

2008年11月11日掲載



シェフMaurice Espositoはシェフ暦20年。
その大半をイギリスのロンドンにある世界最高峰レストラン「Michelin」で過ごしてきた。Stephanie AlexanderやRobert Castellaniなど数々の巨匠のもとで何年にも渡り修行してきた、その腕前は確かである。

彼のもてなしは、私たちの舌をうならし、食欲を満たすだけでは終わらない。
余裕のある人間は、さらなる演出にも力を注げるものである。

 

その演出が何であるかは、料理をオーダーし、その料理が目の前に置かれた瞬間に解き明かされる。

そこにあるのは、プレート上で繰り広げられた、一つの芸術作品。
Mauriceの感性・世界観が見事に描き出されている。

では、その一つを見ていただこう。


Entreesの"Carpaccio di tonno con insalata di erbe fini"

使用されているのはカツオ・アンチョビ・アサツキ・きゅうり・レッドパプリカ。
日本人なら誰しもが食べたことのあるこれらの食材が、彼の手により活き活きと、しかも鮮やかに調理されている。
花のパンジーをトッピングとして使うという斬新なアイディアにも驚きである。

彼は食材が持つ自然色を上手く使い、目でも楽しませてくれるのである。

 

このカルパッチョ。
口に入れた瞬間、その素晴らしさに感動することは間違いないだろう。
それぞれの食材をしっかりと舌の上で感じることができるからだ。
食材の旨みがケンカすることなく、絶妙なコンビネーション。
きっと、彼に調理された食材たちは幸せに違いない。
そう感じずにはいられない。

 

Esposito at Toofey’s
URL:http://www.espositofood.com
住所:162 Elgin Street, Carlton, VIC 3053
TEL:
(03) 9347 9838
FAX:(03) 9347 5615
営業時間:ランチ 月ー金 PM0:00-PM3:00
     ディナー 月ー土 PM6:00-PM10:30

loading Google Map ...

関連記事

aka tombo

日本人たるもの、どこに居ても”本物”の日本食を食せよ。

最新記事

人探し(25)

もう一人の赤ん坊すり替え事件の被害者、北川哲夫をみつけることがで.....

アクセスランキング

  1. EH酒造 酔園 純米 “あづみの酒”
  2. 2015 Alkimi "The Good Earth" Syrah
  3. 2016 Colab and Bloom Tempranillo
  4. 2016 Tessari 'Bine Longhe' Soave Classico

トップ20リストへ

人気の記事