メルボルン シティ マップ
あなたのオーストラリア留学を応援します!

グルメgourmet

カフェ検索cafe

SEVEN SEEDS

コーヒー好きのための最強コーヒー空間。

2009年08月17日掲載
 



 
 メルボルンにはコーヒー好きをうならせる、豆にこだわった上質のカフェがたくさんある。まず思いつくのはやはりSt.Aliだろうか。最近The Age紙でSt.AliのバリスタToshiさんとサイフォンを紹介している記事を読んだ方も多いのでは。じわりじわりとメルボルンのコーヒー通にサイフォンが広まっているようだ。
 
今回のカフェは、南のSt.Aliなら北のSEVEN SEEDSとも言うべき、コーヒー豆に情熱をささげるカフェである。場所はサバーブとしてはカールトンになるが、カールトン地区左端のBerkley Street、およそヴィクトリアマーケットとメルボルン大学の間ぐらいにある。大きな看板を出しておらず「知る人ぞ知るカフェ」なのにもかかわらず、いつ行っても常にお客で賑わっていて、実力のほどが伝わってくる。

  

   店内はウェアハウスを改造していて、広くて天井も高いので空間がとてもすっきりした印象。入り口の右は壁に自転車を掛けられるようになっていて面白い。

   肝心のコーヒーはエスプレッソコーヒーとクローバーの二種類のコーヒーが楽しめる。エスプレッソタイプのコーヒーは、ここでは、ハウスブレンド・本日のオススメの豆・デカフェ(ノンカフェイン)の3タイプの豆から選べる。そして、マシンは納得のSYNESSO。一流バリスタがつくるドリンクはカフェラテ・カプチーノ・エスプレッソなど、どれを選んでもはずれがないのはお墨付きだ。

 


    本日のオススメの豆はたいていシングルオリジン(ブレンドではなく一つの産地の豆)なので、ミルクに合う産地だったらカフェラテやカプチーノ、またストレートが似合う酸味の効いているタイプの豆ならショートブラックやロングブラックなど、エスプレッソドリンクのタイプを替えて様々なバリエーションを考えながら楽しむことができる。こんなシステム、コーヒー好きにはたまらない。マシンの近くに詳しい豆の説明が書かれた紙があるので是非目を通してほしい。

 
<本日の豆>でカプチーノ、<ハウスブレンド>でラテをオーダー(各$3.30)
 
   本日の豆は、ラテンアメリカ数種のブレンドで、ラテンアメリカ産の軽やかな味わいはそのままだが、酸味がきつくないのでミルクにもよく合っていた。上に乗ったココアパウダーとも喧嘩しない、かすかにフルーティなアロマがすがすがしい。ハウスブレンドはミルクに合うよう酸味を抑えており、飲んだとたん、口の中にアロマが広がる。もちろんえぐみもないので、砂糖もいらなかった。


   さて、クローバーの方はというと、日本のコーヒー(俗に言うアメリカンタイプのコーヒー)に慣れ親しんでいた人に是非挑戦して欲しい。このクローバーというのは、フレンチプレス式とサイフォン式の良いとこ取りのような、アメリカで開発された全く新しいタイプのコーヒー抽出マシンである。ペーパーフィルター式では取り除かれてしまう“香り高い油分”がコーヒー内に溶け込むというフレンチプレスの利点はそのままで、フレンチプレスの弱点とも言うべき“長時間の抽出による雑味”がまったくない。なんだかごちゃごちゃと書いてしまったが、要するに美味しいコーヒーを入れてくれる画期的なマシンな訳である。ちなみにメルボルンでは現在まだ三台しかないそうだ。ブラックコーヒーが好きな方、是非お試しを。ボリビアの豆で淹れてもらうと、サイフォンのような繊細な味で、コーヒーの旨みと香りがみごとに引き出されていた。ボリビアの豆もラテンアメリカらしく爽やかな酸味が感じられ、まろやかな口当たりだった。


 写真上 バリスタ・焙煎を担当するジャスティン。彼のコーヒー豆に関する知識は相当な量で、今回もたくさんのお客で忙しい中、クローバーについてなど色々説明してくれた。

   ここでは、自家焙煎のコーヒー豆を自宅でも楽しめるよう一般にも販売している。ブレンドが4種類、シングルオリジンの豆が10種類で、250グラムから。価格はブレンドが10ドル~、シングルオリジンが15ドル~。豆は挽いてから数時間でかなり風味が劣ってしまうので、理想的なのは飲む直前に挽くことだが、家にグラインダーがない場合は一週間で飲みきれる量を買うのがオススメ。ここは250グラムからなので多すぎるという人には友達とシェアするという手も。

   将来的には他のカフェにも豆を卸していく予定だが、マシンや設備が整っていて、それをきちんと使いこなせるバリスタがいるところにしか卸さないというこだわりがあるので、現在はBrother Baba Budanにしか卸していないとのこと。

   そして、コーヒー好きの方・豆に興味のある方に特にオススメなのが毎週土曜の朝に開かれるカッピングである。カッピングとはカップに細かめに引いた豆を入れてお湯を注ぎ、味や香りをチェックするという一種のティスティングだ。ワインと同じように、品種や産地などで大きく味や香りが変わるコーヒー豆をティスティングし、自分の言葉で表現することでコーヒー豆への理解を深めるということがカッピングの趣旨である。ここでは先着順で限定10名のみ、10時から無料で行っているので、興味のある方はお見逃しなく。

『SEVEN SEEDS』
住所:114 Berkeley Street, Carlton VIC 3053
電話番号:(03) 9347 8664
WEB:www.sevenseeds.com.au
営業時間:月ー土 7:00-17:00
     日 8:00-16:00
     (キッチンは16:00にクローズ)

loading Google Map ...



 

コーヒー好きなら外せない!行ったことないなら是非行って欲しい!!
お薦めのおいしいコーヒーが飲めるその他の厳選カフェはこちら

  • St.Ali [South Melbourne] バックナンバーはこちら
自家焙煎も手がける(購入可)、元祖?隠れ家カフェ。サイフォンも飲める。

  • Brother Baba Budan [City] バックナンバーはこちら 
St.Aliから独立したバリスタ達のカフェで、小さい店内は常に人でいっぱい。SEVEN SEEDSの焙煎した豆を使用(購入可)。Cloverあり。

  • dancing goat cafe [City] バックナンバーはこちら
ビクトリアバリスタチャンピオンが手がけるカフェ。平日の朝から夕方までしか開いていないのでその時間帯にCityの左上側にいるときは是非行ってみて欲しい。

  • Auction rooms [North Melbourne] バックナンバーはこちら
自家焙煎の豆を使用(購入可)。サイフォンあり。

  • Atomica coffee [Fitzroy] バックナンバーはこちら
自家焙煎の豆を使用(購入可)。ハウスブレンドは酸味を抑えたタッチでカプチーノが最高。

  • THE GREEN REFECTORY [Brunswick] バックナンバーはこちら
この名前ではなく、使用豆illyの看板が出ているので、多くの人にillyと呼ばれているSydney Rdのカフェ。世界中のエスプレッソコーヒー好きに愛されるillyの持ち味をしっかりとした技術で引き出し、最高の一杯として提供してくれるお店。
 

 

関連記事

Mr Tulk

知的な雰囲気たーっぷりな空間でゆったり、のんびりと。

BASEMENT CAFE

その名の通り“半地下”に位置するファンキー・カフェ

最新記事

アクセスランキング

  1. 七賢 スパークリング‘山ノ霞’
  2. 2017 Aphelion ‘The Confluence’ Grenache
  3. 2011 Cantalupo Colline Novaresi Nebbiolo ‘Agamium’
  4. カスタムオーダー
  5. 2015 Latta Coghills Creek Zero SO2 Pinot Noir

トップ20リストへ

人気の記事